10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

30cm水槽におすすめのLEDライト16選!最強コスパはどれ?【9月最新版】

30cmのおすすめLEDを紹介

水草水槽には高い光量を発揮できるLEDライトが欠かせません。ただ、水槽のLEDライトの種類は多く、値段の差もかなりあります。この記事では30cm水槽におすすめできるLEDライトを値段、光量を踏まえて水草水槽にマッチした最強コスパのLEDライトをランキング形式でご紹介していきます。

目次

小型(30cm以下)水槽向けLED照明を選ぶ基準

光量(ルーメン)で判断する

水槽のLED照明をポイントは大前提として光量です。では光量はどのように判断すべきなのかというところですが、ルーメンを参考にLED照明を選びましょう。必ずどの商品にも基本的にルーメン(lm)は記載されています。ルーメンが高いほど光量(光の届く範囲)があるという事になります。必要な光量については以下の通り。

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300~500lm588~1,176lm
45cm750~1,000lm1,500~2,000lm
60cm1,000~2,000lm2,550~3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

30cmキューブ水槽にもなると水草によってはLED照明が2つ必要になる場合もありますが、基本的に1つで十分育ちます。最近ではルーメンを表示していない中華製と呼ばれるLED照明も出回っています。このランキングにも登場しますが、不安な人は日本のメーカーが売っているLED照明を買いましょう。

ルーメン(lm)=光の届く範囲

数値が高いほど全体が明るく見えます。弱すぎると前景水草の成長障害に繋がることもあります。

ケルビン(K)=色温度

数値が高いほど光の白みが増していきます。自然光はだいたい8000ケルビン(K)と言われおり、水草水槽向けも7000〜8000ケルビン(K)となっている場合がほとんど。10,000ケルビン以上は自然光でいうと雲一つない晴天時を示すようです。

水槽ごとの平均価格でみる

水槽サイズLEDライトの価格目安
30cm水槽4,000円
45cm水槽5,000円
60cm水槽10,000円

上記の価格は水草育成において問題ないLED照明が買える値段です。60cm水槽にもなると価格に反して性能が良かったり…などありますが、30cm規格のLED照明においては価格に準じて性能が高い傾向が強いです。したがって、高スペックLEDライトになってくると価格目安を大きく超える物も多いです。水草育成を絶対に失敗したくないという方は1万円近くするLED照明を買っておけば大丈夫です。(暴論だが正解)

小型30cm水槽におすすめのLED照明ベスト16

第16位 ゼンスイnano LEVIL 水草育成専用

ゼンスイnano LEVILスペック
ルーメン2,280lmケルビン10,000K
LEDの価格
参考価格10,780円〜

ゼンスイの最新LED照明になります。圧倒的光量と色温度で水草特化LEDに相応しい性能です。ADAのアクアスカイG301の性能を大きく上回っているのも注目される要因の一つ。

発売当初は12000円台でしたが、発売から時間も経ち10,000円台で購入できるように。ただ、コスパ的には優れていないので、未だ12位という結果に。また、過去には8000円台まで落ちたことがあるため、購入する場合は価格が一気に落ち込んだ瞬間が狙い目です。

第15位 アクアシステム AXY SWAN LED

AXY SWAN LEDのスペック
ルーメン1,300lmケルビン7,000K
LEDの価格
参考価格5,560円〜

AXYスワンLEDは30cm水槽に十分な光量を誇っています。ただ、30cmキューブ水槽になると全ての範囲をカバーできないので、2つ欲しくなります。30cmスリム水槽や20cmキューブ水槽を運用する際に購入するのがおすすめです。

第14位 GEX クリアLED リーフグロー

リーフグローのスペック
ルーメン300lmケルビン6,500K
LEDの価格
参考価格3,500円〜

GEXリーフグローはスポットタイプのLED照明です。フレキシブルアームを採用しているので照射角度を変えられるのがおすすめポイント。30cmキューブ水槽ぐらい幅が大きいと対応できませんが、20cmキューブ水槽といった小型水槽の中でもさらに小規模な水槽なら十分対応できます。

アクアショップやホームセンターでは定価で売られていることが多く5000円を超えることが多いので、安く買えるネットで購入することをおすすめします。また、リーグローの後継機であるリーフグローEXの方が光量が2倍なので購入するならそちらがおすすめです。

第13位 アクアシステム アクシー LCパワー

アクシーLCパワーのスペック
ルーメン1,500lmケルビン7,300K
LEDの価格
参考価格6,890円〜

アクアシステムのアクシーLCパワーは1つで30cm水槽に必要な光量を用意できます。ただ、価格が少し高いためコスパ的には後ほど登場するアクロシリーズの方がおすすめです。

第12位 GEXクリアLEDリーフグローEX

GEXクリアLEDリーフグローEXのスペック
ルーメン600lmケルビン3,500K-10,000K
LEDの価格
参考価格6,580円〜

リーフグローの上位互換となるLEDライト。最大光量は600lmなので30cmキューブ水槽でもしっかり照らすことができます。光量は30cm水槽以下には十分。1台運用も可能ですが、30cmキューブになると少し物足りなく感じるかもしれません。

値段もかなり高くコスパが良いとは言えません。ボトルアクアリウム向けのライト言えるかもしれませんね。

第11位 テトラパワーLEDファイン

テトラパワーLEDファインのスペック
ルーメン430lmケルビン8,500K
LEDの価格
参考価格3,580円〜

アヌビアスナナなどの丈夫な陰茎水草をメインとする水槽ならパワーLEDファインで十分です。しかし、グロッソスティグマといった高い光量を必要とする水草を育てる場合はさらに光量のあるLEDを購入するか、同じLEDをもう一つ購入する必要が出てきます。

第10位 ゼンスイ LED PLUS

ゼンスイLED PLUSのスペック
ルーメン875lmケルビン6,500K
LEDの価格
参考価格4,900円〜

ゼンスイLEDPLUSは色温度が水草水槽の推奨値から少し離れますが、十分な光量を確保できます。価格はギリギリ5000円行かない価格をキープしています。特に強みとなる部分はなく、同性能で安いLEDはあるので、セール対象以外では積極的にはおすすめできないLED。

第9位 コトブキ工芸 フラットLED HL 3042

フラットLED HL 3042のスペック
ルーメン550lmケルビン8,500K
LEDの価格
参考価格3,990円〜

コトブキ工芸から出ているフラットLEDHLは、約4000円で水草水槽に十分な光量を確保できます。30cm水槽においては高コスパなLED照明と言えます。似た商品名に「コトブキフラットLED SS 3042」というのがありますが、こちらは低価格に対して光量が380lmしかないので購入間違いに注意しましょう。

第8位 アクロ RECTANGLE LED

RECTANGLE LEDスペック
ルーメン1,600lmケルビン7,300K
LEDの価格
参考価格3,980円〜

普段はアクロOVALに隠れているLEDライト「レクタングル」。5位のアクロOVALとほぼ同スペックで値段もあまり変わらない。こちらの方がLEDライトの形状が薄型なため、コンパクトに収めることができます。

第7位 アクロ OVAL LED300

アクロOVAL 300のスペック
ルーメン1,850lmケルビン7,300K
LEDの価格
参考価格4,300円〜

アクロシリーズは4000円台と高く感じてしまいますが、圧倒的光量で照明2つ分の明るさが確保できるのが強み。セール対象品にあまりならないが、大手アクア通販サイト「charm」では個数制限ありでセールになることがある。OVALは光量こそ高くコスパが良いように見えるが、白灯のみなので水草や熱帯魚の発色がそこまで良くならない。

水草の育ちはイマイチ

非常に高い光量から”赤い水草”はしっかり赤く染まるものの、ウィローモスといった水草の育ちがイマイチ。色温度はパキッとした色合いなので一部水草がうまく育たないことがあることを念頭に入れたい。

第6位 アクロ TRIANGLE LED GROW

アクロTRIANGLE LED GROWのスペック
ルーメン1,000lmケルビン7,200K
LEDの価格
参考価格4,480円〜

アクロシリーズの中でド定番とされるトライアングルグロー。OVALと違い赤、青、緑チップも使われているためウィローモスなどのOVALで育たなかった水草もしっかり育てることができます。また、光量もしっかりあるため赤い水草も綺麗に育てることができます。

このLEDライトで育たない水草はほぼないので綺麗かつ確実に育てないならトライアングルグローがおすすめ。

第5位 GEXクリアLEDパワー3 300

GEX クリアLEDパワー3のスペック
ルーメン500lmケルビン10,000K
LEDの価格
参考価格Yahoo! 3,480円〜
Amazon 3,387円〜
楽天市場 3,400円〜

平均相場は3000円弱がデフォルトに

GEXのクリアLEDパワーは各水槽規格において高コスパを誇る商品。ただし30cmサイズは3500円前後売られていることが多く、他LEDと比べると性能の割に高く感じてしまいます。セール価格で3000円を切っていたら購入の検討をしても良いと思いますが、普段買いはあまりおすすめしません。

現在楽天市場にて3100円程度で購入可能。ただし、送料が加わると結局4000円近く行く場合があるのでネットより現地で安売りされているものを購入するのがベスト。

第4位 ニッソー PG スーパークリア250

ニッソーPGスーパークリア250のスペック
ルーメン615lmケルビン12,000K
LEDの価格
参考価格Yahoo! 3180円〜
Amazon 3636円〜
楽天市場 2600円〜

ニッソーが出すPGスーパークリアLEDは平均して3188円の価格帯で販売されている。(アマゾンならプライム会員で送料無料)安価でありながら十分な光量に加え、高いケルビン値を誇る高コスパLED照明。特にこだわりがなければこのLED照明を買うことをお勧めします。送料込みで3000円前後で売り出されていたら買いです。

2022年9月も3000円を切るお手頃さに

楽天市場ではいまだに3000円を切って2600円台で購入することができる。ルーメンもケルビンも1位の水作ライトアップよりも高い数値を誇っています。現在中華製ライトが在庫切れで購入できないことから繰上げで2位となっている。以下のレイアウトで実際に使用しているので参考に見て欲しい。

第3位 CLY RGBライト 60W

CLY RGBライト 60Wのスペック
ルーメン-lmケルビン-K
LEDの価格
参考価格Yahoo! 4460円〜
Amazon 3080円〜
楽天市場 5739円〜
Amazonでの購入が一番お得。

激安RGBライト!性能は実質1位?

CLYRGBライトは水槽用ライトではありませんが、超格安に手に入るRGBライトなので水槽に代用して用いているユーザーも少なくありません。RGBライトといえば当ランキングに入っていない高品質RGBライト「Chihiros」や「ADA」が挙げられます。本来2万円近くするRGBライトが4000円台で購入できるため、水槽用という枠から出たら実質性能とコスト面でNo1と言えるでしょう。

なぜ一位ではないの?

先述したようにRGBライトとしての性能はしっかり機能しているため、水草もよく育つことで有名です。また、価格も非常に安いため、コスパ的に考えると1位でしょう。しかし、水槽専用に作られた形状でないため、取り付け方や吊し方など人によってはうまくできない可能性もあります。(シンプルに見栄え的な問題も然り)そのため、本記事では水槽用と題しているため3位止まりとしました。

第2位 NICREW水槽ライト

Amazonが最安!

NICREW水槽ライトのスペック
ルーメン600lmケルビン10,000K
LEDの価格
参考価格Yahoo! 3209円〜
Amazon 2999円〜
楽天市場 4355円〜
買うなら送料込みのアマゾンがおすすめ

コスパ&クオリティの高い海外製品

NICREWはカナダ、アメリカを中心にアクア用品を販売する海外メーカーになります。日本語はやや不十分ですが、パッケージや保証期間が1年しっかりつくなどユーザー満足度の高い製品です。さらにLEDライト自体のパフォーマンスは代表的なLEDライト「GEXクリアLEDパワーⅢ」よりも良く水草も十分に育ちます。

見た目も高級感がある

NICREW水槽ライトの表面

どうしてもAmazonを基本として販売している海外製品は安っぽいアルミフレームが主流ですが、NICREWの水槽ライトはマットな質感で高級感のある姿をしています。インテリア製も高いのでコスパと性能、さらに見た目も気になる人はおすすめです。現在Amazonプライム会員だと送料無料で購入が可能。

第1位 水作ライトアップ 300

水作ライトアップ300のスペック
ルーメン588lmケルビン8,000K
LEDの価格
参考価格Yahoo 1,980円〜
Amazon 2,545円〜
楽天市場 1,760円〜
Amazonは送料込み

価格は2000円推移をキープ

水作ライトアップ300は9月になっても1760円からどこのショップも横並び。送料ができる限りかからないところで購入するのがベストだ。昨年は年間通して2000円を切っていたため、今後も安い価格がデフォルトになると考えられる。

2000円を切る最強コスパ

去年からYahooショッピング、ヨドバシカメラ、楽天市場で2000円を切る価格で販売されている。ついこの間までは送料無料だったが、現在はどこも送料がかかる。もしくは送料込みで2500円で販売されていることが多い。この価格での購入はデフォルトになりつつあり、30cm水槽を運用する人にとって最もおすすめしたいLEDだ。

30cmキューブ水槽でない限りは、1つだけ設置で十分。光量を求められる水草育成なら2つ購入しましょう。それでも4000円でおさまるので非常にコスパに優れています。

当ブログのおすすめランキングの概要

長期運用でのコスパを重視

当ブログでは購入時と長期目線でのコスパを重視して独自にランキングをつけています。表示規格サイズは30cm水槽紹介しているLED照明の表示規格は30cm水槽です。45cm、60cm向けの水槽照明については別記事を参照して下さい。

LED照明の寿命は約1年半を目安

1日に8時間以上点灯した場合の条件で水草が健康に育つ期間は約1年と半年程度です。一部丈夫な水草や陰茎水草は2年近く使ったLED照明でも十分育ちます。しかし、綺麗に発色させたいロタラHraマクランドラルドヴィジアなどを育てる場合は不調を感じた時点で買い換える必要があります。以上のことから1年半で買い換える事も視野にランキングを選定しています。

まとめ:30cm水槽におすすめのLEDライト

いかがだったでしょうか?30cmLEDライトは競合が多く比較に困るところもあるでしょうが、当ランキングの首位は2020年から大きな変動は起きていません。上位5位以内は使用してきたユーザーも多く実績のある商品ばかりなので金額に見合えば迷わず購入して問題ないといえます。

RGB投光器が4月からランクイン!設置に工夫がいるが、クリアできれば最強コスパ間違いなしなのでおすすめ!

GEXから新商品登場(4月〜)!

注目はGEXのリーフグローの上位互換「リーフグローEX」でしたが、スペックと値段を考えると通常の四角い水槽にはあまりおすすめできないという結果に。ボトルアクアをする人にはピッタリな形状なので、当ランキングの中では下の方になってしまいました。詳しい使用レビューは以下を参考にご覧ください。

NICREW水槽ライトもおすすめ(海外メーカー)

2位に登場したNICREW水槽ライトは海外メーカーのライトであるものの、クオリティでは現日本メーカーに引けを取らない商品でした。水槽ライトの機能と見た目という点においては30cm規格ではおざなりな傾向(育てば良いで見た目が美しくない)があるので、今回の低コスパで高品質というのはかなり革新的なものと考えます。

1位の水作はブレない

水作は小型水槽のLEDライトではほぼ首位に立つメーカーといっても過言ではありません。高い光量に低価格。日本メーカーなので安心できるのも強み。「迷ったら水作」は間違い無いのかも。やはり30cm規格での”コスパ”的な意味を考えると二千円を切ってライトを揃えられる手頃さは圧倒的強み。

格安RGBライトもおすすめ

RGB投光器は水槽用ではないが、水草をしっかり育てられる意味では格安LEDライトよりも圧倒的性能差があるのでおすすめ。取り付け方に課題は残るものの、ChihirosやADAなどの高機能LEDに手が出せない方は代替品として導入することをおすすめします。

その他おすすめ記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次