ニューラージパールグラスを使ったレイアウトまとめ

ニューラージパールグラスのレイアウトアクアリウムネタ
スポンサーリンク

30cm水槽でのニューラージパールグラスを使ったレイアウト

この投稿をInstagramで見る

 

Kunito Fujino(@q21o_q21o)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

みだが羽蘭(@midagaharan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヘロヘロ(@herohero2546)がシェアした投稿

当ブログでもニューラージパールグラスを使ったレイアウトを紹介しています。立ち上げから絨毯化するまでの過程はこちらを参照してください。

30cm水槽を立ち上げてみた!初心者おすすめレイアウト
初心者でも始めやすい30cm水槽のレイアウトをご紹介。ゼロから水草水槽を立ち上げているので、参考にご覧ください。また、水草絨毯を作りたい方にもオススメです。
スポンサーリンク

45cm水槽でのニューラージパールグラスを使ったレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

FlatWest_HADO(@flatwest2017)がシェアした投稿

スポンサーリンク

60cm水槽でのニューラージパールグラスを使ったレイアウト

 

この投稿をInstagramで見る

 

solam(@solam_aqua)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUJI(@arii.yuji)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

モダンアクアリウム(@modern__aquarium)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

リョン(@riyon197)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

アクアリウム好き犬の訓練士(@osakana_insta)がシェアした投稿

スポンサーリンク

ニューラージパールグラスのレイアウトのまとめ

レイアウトの仕方は3種類

凸構図

一番バランスの取りづらい構図で、左右の空間バランスが重要になるレイアウト手法です。フィルターやヒーターの配線を上手く隠さないといけないなどの課題もあります。

20cmキューブ水槽を立ち上げてみた
20cmのキューブ水槽の組み方(レイアウト)の一例を紹介しています。初心者の人でも簡単にアクアリウムを始められますので、ご参考にご覧ください。

凹型構図

水草レイアウトで最も多く見られる構図で、中央部に空間を設けるレイアウトになります。中央に化粧砂を使って道を作るといった手法がポピュラーです。

初心者でもできる60cm水槽レイアウト。立ち上げまでの流れ
60cm水槽で水草水槽を立ち上げました。どのように水草水槽を立ち上げていくか知りたい人はご参考にご覧ください。立ち上げる上で必要な知識やポイントを紹介しています。

三角構図

左右のどちらかに広い空間を設ける構図で、斜辺の流木または石組の角度を注意したレイアウトになります。フィルターやヒーターなどシステム関連を隠しやすいので、水槽内をすっきり見せることができる利点があります。

ニューラージパールグラスの基本情報

ニューラージパールグラスの画像

基本情報
育成難易度★★★★★
水質弱酸性〜中性
水温20度〜26度
絨毯になる期間1〜2ヶ月

ニューラージパールグラスは育てやすく前景水草として起用しやすい性質があります。ハサミを入れてランナーを増やせばボリュームも出せるため、より自然を演出することに向いています。

ニューラージパールグラスの植え方とトリミングの仕方
ニューラージパールグラスの植え方やトリミングの仕方を紹介しています。また、ニューラージパールグラスが絨毯になるまでの時間や育てるコツをまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました