10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

45cm水槽LEDライトおすすめベスト10選!コスパ最強はどれ?【2022年9月更新】

45cm水槽向けおすすめLEDライトランキング

水草水槽にはLEDライトが欠かせません。ただ、水槽のLEDライトの種類は多く、値段の差もかなりあります。この記事では45cm水槽におすすめできるLEDライトを値段、光量を踏まえて水草水槽にマッチした最強コスパのLEDライトをランキング形式でご紹介していきます。

レイアウトを変更しました!今月は全体的に価格が落ちている傾向にあります!

目次

45cm水槽LEDライトを選ぶ選定基準

ルーメンやケルビンで判断する

45cm水槽のLED照明をポイントは大前提として光量です。では光量はどのように判断すべきなのかというところですが、ルーメンやケルビンといった数値を主に参考にしましょう。必ずどの商品にもルーメン(lm)は記載されています。必要な光量については以下の通り。

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300~500lm588~1,176lm
45cm750~1,000lm1,500~2,000lm
60cm1,000~2,000lm2,550~3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

初心者の方はまず、その数値で判断することが無難です。ルーメン(lm)が表記されていない商品はレビューをしっかり確認しましょう。(ボトルアクア向きや中華製と呼ばれる商品は表記されていないことが多いです)

ルーメン(lm)=光の届く範囲

数値が高いほど全体が明るく見えます。弱すぎると前景水草の成長障害に繋がることもあります。

ケルビン(K)=色温度

数値が高いほど光の白みが増していきます。自然光はだいたい8,000ケルビン(K)と言われおり、水草水槽向けも7000〜8000ケルビン(K)となっている場合がほとんど。10,000ケルビン以上は自然光でいうと雲一つない晴天時を示すようです。

水槽ごとの平均価格でみる

水槽サイズLEDライトの価格目安
30cm水槽4,000円
45cm水槽5,000円
60cm水槽10,000円

上記の価格は水草育成において問題ないLED照明が買える値段です。
ルーメン、ケルビンの数値、上記の価格目安を参考に適したLED照明を購入しましょう。また、水草水槽を本格的にやりたい人はLED照明を2基買うことをオススメします。

1基だけではどうしても光の量が足りず、満足いく水草が育たない場合があります。赤系の水草が上手く育たないなどの問題を抱えている場合は、水槽照明を2基買うことを考慮しましょう。

当ブログのおすすめランキングの概要

当ブログでは購入時のコスパを重視して独自にランキングをつけています。「これから水草水槽に力を入れていきたいが資金を掛けてられない」「ほぼ全ての水草が育てば十分」という方向けに設定しています。

「価格は一切気にしない!高機能LED照明を教えてくれ!」

「水草の色味を確実に真っ赤にしたい!」

という方はADAから出るアクアスカイシリーズやCHIHIROSのLEDを購入しておけば無問題です。ちなみに正規品についてはADA特約店のアクアショップには置かれていませんので、基本ネットでは買えません。

表示規格サイズは45cm水槽

紹介しているLED照明の表示規格は45cm水槽ですが、水槽サイズによってランキングが大きく変動することはないです。ルーメンやケルビンの数値はサイズによって異なりますので注意して下さい。

水草水槽におすすめのLEDライトベスト10

10位 アクロ OVAL LED450 BRIGHT

アクロ OVAL LED450 BRIGHTのスペック
ルーメン2,750lmケルビン7,200K
1ヶ月の電気代約140円
参考価格Yahoo! 4,980円〜
Amazon取り扱いなし
楽天市場 4,980円〜

アクロシリーズからアクロOVALがランクイン。アクロLEDの中でも安価で高出力なライトです。スリム水槽なら1灯だけで十分ですが、ライト角度が絞られているため奥行きが30cmになると2灯欲しくなります。

アクロOVALは明るいもののLEDが白色しかなく、色温度も低いためモス系が上手く育たない場合があるので注意が必要。コケ類の育成もきちんとさせたい場合は少し費用の高いアクロTriangleがおすすめです。

9位 ゼンスイ LED PLUS 45 cm

ゼンスイ LED PLUS ストロングのスペック
ルーメン1,050lmケルビン6,500K
1ヶ月の電気代約81円
参考価格Yahoo! 6,580円〜
Amazon 7,025円〜
楽天市場 6,580円〜

ゼンスイLEDPLUSが9位。昔からある商品故に古くから愛用している人もいるのではないでしょうか。古くからの実績もあるため、購入の選択肢の一つとしては0ではありません。しかし、時代には置いてけぼりな性能で他の商品と値段も加味して比べるとかなりコスパが良いとは言えない商品。

8位 コトブキ フラットLEDスーパースリム4052

コトブキ フラットLEDスーパースリム4052のスペック
ルーメン590lmケルビン6,500K
1ヶ月の電気代約81円
参考価格Yahoo! 3,069円〜
Amazon 3,026円〜
楽天市場 3280円〜

フラットLEDスーパースリムは50cm水槽まで対応できると謳われている商品。ですが実際のところLED幅は40cmと45cm水槽では物足りなさを感じてしまいます。値段は3800円からとそこまで安くありません。他にコスパの良いライトはあるので無理に選ばなくて良いでしょう。

7位 アクロTRIANGLE LED 450

アクロTRIANGLE LED 450のスペック
ルーメン2,000lmケルビン7,200K
1ヶ月の電気代約97円
参考価格Yahoo! 7,300円〜
Amazon 13,721円〜
楽天市場 7,300円〜

8位のコトブキLEDと比べるとかなり値段が跳ね上がったように感じますが、ちゃんと育つ×コスパを考えると無難な順位。注目すべきは圧倒的なルーメン値。

アクロOVALよりも高いので手が出にくいですが、光量が高く、完全に上位互換になります。性能的には白灯だけのOVALと違って赤、青の光も加わるので、赤系の水草は間違いなく赤く染まり、モス系も十分育ちます。

欲しい光量と質を求められるラインがこの値段と認知しておくのが良いでしょう。コスパを重視するならこのまま読み進めていただければと思います。

6位 GEX クリアLED パワーIII 450

GEX クリアLED パワーIII 450のスペック
ルーメン750lmケルビン10,000K
1ヶ月の電気代約97円
参考価格Yahoo! 3,557円〜
Amazon 3,758円〜
楽天市場 3,370円〜

GEXのLEDライトは使用レビューが多く、ほぼハズレないのが最大の利点。「迷ったらとりあえずこの商品を買っとけ」と言っても過言ではありません。

ただ、奥行のある水槽にはこれ一つだと暗く感じてしまいます。したがって2台置ける奥行がある水槽では2台購入して設置することをおすすめします。

5位 コトブキ工芸フラットLEDツイン 4050

コトブキ工芸フラットLEDツイン 4050のスペック
ルーメン1,750lmケルビン10,000K
1ヶ月の電気代約194円
参考価格Yahoo! 7,180円〜
Amazon取り扱いなし
楽天市場 8,590円〜

コトブキ工芸フラットLEDツイン4050は40〜50cm水槽向けの商品で照明幅は41cmのため45cm水槽に適したLED。11月も引き続き8000円台から7000円台に落ち購入しやすい状態が続いています。1つ買えば2つ分以上の性能と考えればGEXパワーⅢよりも良いでしょう。

コンセントを1本に集約できるなどメリットも特徴的。光量は1,750ルーメンと非常に高いため、下手なLEDを2つ使うよりおすすめです。

4位 GEX クリアLEDパワーS450BK

GEX クリアLEDパワーS450BKのスペック
ルーメン750lmケルビン11,000K
1ヶ月の電気代約109円
参考価格Yahoo! 3,231円〜
Amazon 2,564円〜
楽天市場 3186円〜

GEXクリアLEDパワーⅢとほぼ同スペックだが、こちらの方がスマートで見た目が良。加えて色温度も若干高いです。価格はパワーⅢと前後することがあるが、5月現在はほぼ横並び。3000円台に戻ってきたこともあり、ランキングを1つ落としている。

GEX クリアLEDパワーS450B

NICREW水槽ライトやニッソーPGスーパークリアと比べると光量は弱め。ですが、750ルーメンも悪くない数値。水草育成なら合格ライン上にいるといったところ。2台購入をしても6000円~7000円なのでコスパはそこそこ良いです。

3位 ニッソー PGスーパークリア 450

ニッソーPGスーパークリア450のスペック
ルーメン860lmケルビン12,000K
1ヶ月の電気代約113円
参考価格Yahoo! 3360円〜
Amazon 4242円〜
楽天市場 3340円〜

3月はGEXライトが3000円を切って販売していたため、4位となっていたが、現在はGEXライトも3000円台に戻ってきている。性能だけで見るとニッソーPGスーパークリア450の方が上なのでこちらの方がおすすめ。ネット販売では送料も含めると4000円ほどになる。

ニッソー PGスーパークリア 450の性能は?

ルーメンは860と低価格帯の単体LEDでは高い部類です。3000円台で購入できるので2台買っても6000円~7000円とコスパには優れているLEDライトと思って良いです。

2位 NICREW 水槽 ライト45CM

NICREW水槽ライトのスペック
ルーメン920lmケルビン10,000K
1ヶ月の電気代約113円
参考価格Yahoo! 3860円〜
Amazon 3599円〜
楽天市場 5499円〜

コスパ&クオリティの高い海外製品

NICREWはカナダ、アメリカを中心にアクア用品を販売する海外メーカーになります。日本語はやや不十分ですが、パッケージや保証期間が1年しっかりつくなどユーザー満足度の高い製品です。さらにLEDライト自体のパフォーマンスはGEXクリアLEDパワーⅢよりも良く水草も十分に育ちます。

見た目も高級感がある

どうしてもAmazonを基本として販売している海外製品は安っぽいアルミフレームが主流ですが、NICREWの水槽ライトはマットな質感で高級感のある姿をしています。インテリア製も高いのでコスパと性能、さらに見た目も気になる人はおすすめです。現在Amazonでは3599円で購入することが可能です。

30cm版のレビュー記事がありますので参考にご覧いただければと思います。

1位 水作 ライトアップ400

水作ライトアップ400のスペック
ルーメン721lmケルビン8,000K
1ヶ月の電気代約89円
参考価格Yahoo! 2650円〜
Amazon 3235円〜
楽天市場 2599円〜

水作ライトアップ400は40cm〜50cmの水槽に対応出来るLEDライトです。ライト部分の幅は39cmですが、45cm幅の水槽にも十分な光を当てることができます。ルーメンも申し分ないので入門やとりあえず育つライトが欲しい方にはマッチしていると言えます。

1台だけでは暗く感じてしまうので2台購入はほぼ必須。しかし、2台買っても5000円弱で収まるのでかなりお手ごろです。コスパ重視の方にはおすすめ。

水槽用ではないけど超コスパRGBLEDライト

CLY RGBライト 60Wのスペック
参考価格3,080円〜1ヶ月の電気代約-円
ルーメン-lmケルビン-K

通常45cm水槽に会うRGBライトは2万円以上するのが相場だが、RGB投光器なら4分の1の値段でそれと同スペックの恩恵を受けることができる。RGBライトはコスパ上位に位置するLEDライトよりも緑や赤がはっきりと目立ち全く別物と言っても良いくらいに綺麗に水草や熱帯魚の色が仕上がる。ただ、水草水槽専用ではないため、取り付けるための台などは自分で工夫する必要がある。

2022年9月水槽LEDランキングまとめ

各LEDライトの順位は平行線

どこのメーカーも横並びの価格帯になり、一つ抜けて水作ライトアップが首位をキープ。相変わらずの価格の安さでコスパ最強を維持している。NICREW水槽ライトは毎月じわじわと価格が高騰しているので2位と3位の逆転は近々起きそうだ。

LEDライトは価格×2で選ぶ

冒頭から書いていますが、水草水槽をする上で光量は大事なもの。LED照明もそれ用に開発はされているものの、水槽の大きさを考慮するとどうしても1台では足りません。照明器具は2台あった方が良いに越したことはないため、照明器具の価格は×2で見るようにするとどのメーカーがコスパに優れているかを判断することができます。

2022年9月のLEDおすすめランキングまとめ

せっかちな人向けに2022年9月現在の45cm水槽向けLEDコスパランキングの結果をまとめました。NICREW水槽ライトやGEXクリアLEDパワーS450BK、水作ライトアップのLEDライトが安くておすすめです。

全体的に価格が落ちている傾向にあります。

順位商品名価格
1位水作ライトアップ 4002,650円
2位NICREW 水槽 ライト3,599円
3位ニッソーPGスーパークリア4503,340円
4位GEXクリアLEDパワーS450BK2,564円
5位コトブキ工芸フラットLEDツイン40507,180円
6位GEXクリアLEDパワーⅢ 4503,770円
7位アクロTriangle LED 4507,300円
8位コトブキフラットLED スーパースリム40523,026円
9位ゼンスイ LED PLUS 45cm6,580円
10位アクロOVAL LED450 BRIGHT4,980円
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次