10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

GEXクリアLEDリーフグローEX(エクストリーム)の評価|光量はどれくらい?旧式との違いは?

GEXリーフグローEX評価レビュー

水草水槽にはLEDライトが欠かせません。ボトル水槽向けのLEDライトは数が少なく使用感のレビューは四角い水槽向けのLEDと比べると情報が少ない印象が否めません。この記事ではGEXリーフグローの上位互換である「クリアLEDリーフグローEX(エクストリーム)」の明るさや旧リーフグローとの違いについて紹介していきます。

本記事は緋作-Hisaku-chより提供された情報で構成されています。「動画で見る」「記事で見る」どちらでも楽しむことができるのでシーンに合わせてご活用ください!

緋作 -Hisaku-
監修:
緋作 – Hisaku –
アクアリウムの飼育、最新製品やイベントなどアンテナの広いアクアリスト。カメラも嗜んでおり素材撮りや動画編集はプロ級。商品紹介や動画制作依頼も受け付け中!
ソーシャルアイコンソーシャルアイコンインスタグラム
目次

GEXクリアLEDリーフグローEX(エクストリーム)の性能

内容物とスペック

GEXクリアLEDリーフグローEX内容物
内容物は旧リーフグローと一緒

内容物はライト本体、アクリル製のスタンドと支えるスティック、ACアダプタ、説明書が入っています。ライトは旧式と同じくフレキシブルアームなので自由に曲げることが可能です。

GEXクリアLEDリーフグローEXのスペック
参考価格6,580円~
推奨水槽ボトル水槽〜幅30cm水槽
ルーメン(lm)300lm~600lm
ケルビン(K)3,500K~10,000K
※全灯時は7000K
LEDの寿命4万時間
定格電圧/周波数AC100V 50/60Hz
定格消費電力7W
価格相場Yahoo! 7266円〜
Amazon7982円〜
楽天市場7280円〜

幅30cmの水槽まで対応できる

30cm水槽まで対応可能
30cm水槽でも十分な明るさ

GEXクリアLEDリーフグローEXは全灯状態で600lm、照射角度は120度あるため、幅30cmまでの水槽に対応しています。600lmは小規模水槽を管理する上ではそこそこ高い光量です。リーフグローのようなスタンド式のライトの中ではトップクラスです。(値段もトップクラスです。)

ライトは3つの色温度を設定できる

リーフグローEX色温度
色温度で水槽の見え方が変わる

ライトは3500Kの白色LEDが4灯、10,000Kの白色LEDが4灯の合計8つ構成となっています。全てのライトをつけると色温度は7000Kと落ちますが、かなり明るくなります。ライトの明るさは300lmと600lmの2種に切り替えることができます。

リーフグローEX

600lmを発揮するには2つのスイッチを押し、全灯状態にする必要があります。2つの色温度を用いているので自然な色合いを表現することが可能となっています。

ケルビンは色温度の数値が低いものほど暖色系(黄色や橙色)になり、色温度の数値が高いものほど青白い光となります。

ライトスタンドは2通り

リーフグローEXの設置方法

GEXクリアLEDリーフグローEXを支える方法は水槽の縁に付けるか、付属のアクリルスタンドを設置するかになります。(別売りのウッドベースに付ける選択肢もあります。)ボトル水槽ではリーフグローEXを取り付けることができないので、アクアリススタンドか、ウッドベースにつけて運用することになります。

GEXリーフグローEXの評価レビュー

小さいのに高光量

直径5cm、高さ7cmと水槽LEDの中でも小型に対して600lmというのはかなり高いです。ちなみに30cm規格のGEXクリアLEDパワーⅢよりも光量が高いのが推せますね。

大きめのボトル水槽には通常の横長タイプのLEDライトが設置できないという点やボトル向きLEDライトで光量が高いものが少ないという難点がありました。その点を踏まえるとGEXクリアLEDリーフグローEXは非常に使い勝手が良いと言えます。

色温度の切り替えができる

リーフグローEXのスイッチ
スイッチでそれぞれ切り替え

スイッチの切り替えで3500K、7000K、10000Kの色温度に設定することができるので水槽レイアウトによって違った雰囲気を出すことができるのが嬉しいポイント。600lmの光量を発揮できるのは7000Kの時のみ。欲を言えば全部の色温度で600lmを発揮できれば良かったですね。

ボトル水槽以外はおすすめしない

現在はネットショップで安く購入しようと思っても6500円を超える値段なため、かなり高いと言わざるを得ません。普通の水槽なら横長LEDライトを購入した方が安く済みます。なんならリーフグローEXの値段で2台分購入することもでき、光量を1000lm以上確保することも可能です。

GEXクリアLEDパワーⅢ3350円500lm
NICREW水槽ライト2430円〜600lm
水作ライトアップ3001980円〜588lm
アクロ TRIANGLE LED GROW4480円〜1,000lm

ボトル水槽の場合、スタンド式でないと設置しづらいのでリーフグローの上位互換として採用するのは良いかもしれませんね。

リーフグローの電気代はいくら?

リーフグローの消費電力は4Wなので、1kWhあたり25円(2021年.全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価(税込))とし、1日10時間点灯しても1.89円。それを30日計算しても56.7円程度になります。運用する分ではめちゃくちゃ安いですね。

インテリア性が高い

ボトル水槽以外の相性はセンスの感じ方によって評価が分かれますが、ボトル水槽を魅せる意味ではライトのデザインや角度を変えられる点をとっても他のLEDライトよりも優れていると感じます。

リーフグローと合わせてレイアウトできるグラスベースという土台も販売されているので無機質に水槽を起きたくない人は幅と奥行が20cm以内なら合わせて購入するのも良いでしょう。

結論:GEXリーフグローEXを買うべきか?

GEXリーフグローEXは値段は高いものの、ボトル水槽向けLEDライトの中では高光量なのでボトルアクアを楽しんでいる人には良いかもしれません。ただ、四角い小型水槽なら普通に横長のLEDライトを購入した方がコストや水草育成の面で無難と言えます。ボトルアクアをやらない人は買う必要はないでしょう。

動画でも評価を見る

使ってみて良かった点気になるポイントから再生されます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次