全国の水質を調査中!北海道・埼玉・群馬を公開

IAPLC2022入賞作品「山頂を目指す」水草水槽レイアウトの作成過程と管理方法

IAPLC2022入賞作品

IAPLC2022(世界水草レイアウトコンテスト)で100位以内に入賞した作品「山頂を目指す」の作成過程や水槽に使った設備、ソイル、水草を紹介しています。また、レイアウトを作るときの水草の選び方や立ち上げ過程、流木や石の配置はもちろん、水草水槽レイアウトを完成に持っていくまでに注意したポイントを画像と動画を合わせて解説しています。

本作品では動画でも解説を聞くことができます!好きなシーンで好きなカタチでお楽しみください。

翠緑
作者
翠緑
日常に緑と音楽と美味しいご飯を添えて。アクアリウム垢
ソーシャルアイコンソーシャルアイコン
IAPLC2022入賞作品
目次

120cm水槽「山頂を目指す」レイアウトの基本情報

IAPLC入賞作品
2022年IAPLCを振り返って

2022年に作成した水景はIAPLC(世界水草レイアウトコンテスト)で100位以内に入れるように意識して作成しています。作品の作成と管理はまさに自分との闘いで、最後の調整まで悩み尽くしました。結果的に自分の中でベストな作品を作れたことはよかったです。

120cm水槽のスペック
水槽スペック120×50×50cm
ソイルADAアクアソイル-アマゾニア Ver.2
ADAラプラタサンド
照明器具
(変更前)
アクロ TRIANGLE LED GROW Pro 1200
照明器具
(変更後)
ソーラーRGB×2
光量アクロ時:17,800lm
ADA時:6,000〜7,000lm
点灯時間9時間
CO21秒に6~7滴
換水頻度状態に合わせて
水道水のTDSは135

水換えとコケへのアプローチ

1週間に1度は必ず水替えを行うが、できるだけ水槽内をイジらないように心がけていました。コケは必ず発生するものですが、処理の方法はスクレイパーでガラス面の掃除、レイアウト素材は気が向いたらブラシ等で掃除する程度です。

120cm水槽レイアウトに使用したフィルター

奥行きと高さが50cmになる120cm水槽は水量が273リットルになります。ソイルや素材を入れると実質水量は大きく下回りますが、それでも濾過機能の保持と水流の確保をしないと環境を整えることがむずかしいです。外部フィルターは最大で345リットルまで対応するエーハイム2217と最大114リットルまで対応するエーハイム2213を使用しています。

エーハイムスキマー350

世界水草水槽レイアウトコンテスト入賞作品
両サイドに吸水パイプあり

油膜の処理と水槽内の水を回す役割として外部フィルター以外にエーハイムスキマー350も採用しています。スキマーの流通種類は少なく、割とどの種類も安価です。エーハイムスキマー350は中にあるシャーシが折れやすいことで有名ですが、価格が3000円程度とリーズナブルなことに加えて馬力があるので120cm水槽にはちょうど良いかもしれません。

120cm水槽レイアウトに使用したライト

アクロ TRIANGLE LED GROW Pro 1200

チップ個数白32赤2緑2青2で1モジュール ×4枚 計152個
色温度7,500K
平均演色性Ra92
全光束17800lm(4450lm×4モジュール)
照射角度120°
発光効率134lm/W

立ち上げ時は通販大手charmでも販売されている人気水槽LEDライト「アクロ TRIANGLE LED GROW Pro 1200」を使用している。値段の割に光量が非常に高いのがメリットだが、高光量によりモス等の育成が困難になってしまったため、光量を落としたADA ソーラーRGBを2つに切り替えました。陰性水草を使う時は高光量は逆に仇となりますね。

IAPLC2022入賞作品

レイアウトに使う水草の選び方

ADAの組織培養【みずくさの森】から扱いやすい水草を選択しています。全部で14種の水草を使用しています。ADAの組織培養はショップによって値段が違うことに加えて、品種によっても値段の開きがかなりあります。120cm水槽ともなるとかなりの量の水草が必要になるため、数を揃えるだけでもそれなりの費用がかかります。

120cm水槽に使う水草の量
専門性の高いショップでないと揃えることも大変
背丈の低い水草
ニューラージパールグラスキューバパールグラス
ショートヘアグラスアヌビアスナナプチ
グロッソスティグマクリプトコリネ・パルバ
プレミアムモスクリスマスモス
ウィーピングモス
背丈の出る水草
インディアン・クラススラグローン・ロターラ
ロターラsp.Hraロターラsp.ベトナム
ロターラ・ナンセアン

120cm水槽立ち上げ・流木や石の配置決め

後景をいかに高さを出せるか熟考

LAPLC2022で80位の水槽立ち上げ
LAPLC2022で80位の水槽立ち上げ
LAPLC2022で80位の水槽立ち上げ
LAPLC2022で80位の水槽立ち上げ

どうやって後景の部分の高さを出していくかを考えてレイアウトを組んでいます。とにかく盛土をしていて、ソイルが雪崩れないように石で堰き止めしたり、綿を使って隙間を埋めたりしています。

綿をつめてソイルの流出を避ける

使用する石についても硬度を上げる龍王石を使ってしまうと水草が育つ環境を維持するのが大変なので、硬度に影響しない石を選んで使用しています。ちなみに作者の水道水のTDSは135とかなり高めなので初めからハードモードと言ってもよいかもしれません。

盛り土をした後に細かな流木を配置していく

流木の配置
上から見た流木の配置
実は小さい流木
実は小さい流木

盛り土をしてベースとなるレイアウトの方向性が定まってきたら、さらに細かな流木を使ってレイアウトを作り込んでいきます。完成形の写真を見ると、大きく枝分かれした流木を使っているように見えますが、実際はもっと小さい流木を複数使用しています。

120cm水槽立ち上げ・水草の配置と植栽

120cm水槽の植栽配置

おおよそ仕上がったレイアウトに対して、本格的に水草を植えていく作業を進めていきます。植栽はなんとなく植えていくのではなく、撮影したレイアウトに色を塗って植栽イメージを何度も思い描くのがおすすめです。

あくまでイメージ程度の設計図なので、レイアウトを維持していく中で水草や流木配置などの変更が生まれる場合は、初期イメージに引っ張られすぎないように注意が必要かもしれません。

水草の植栽配置は、微妙な明暗を表現する為に色合いのバランスを意識しています。

必要に応じて水草を接着

水草用接着剤
水草の活着

モス系などはアクアリウム用の接着剤を使って接着させていきます。ニューラージパールグラスのような活着性が高く、隙間に埋め込みやすい水草は接着剤を使わなくても良い場合があります。

注水前のレイアウト
注水後の様子

水草を植栽した後は注水して水を回していきます。追肥は液肥を毎日添加しています。水草から出る気泡の量を見て添加量を調整しています。固形肥料も水草の品種ごとに様子を見て追加することもありました。

IAPLC2022入賞作品「山頂を目指す」紹介動画

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次