ウォーターローンの育てるコツ!水上花やレイアウトも紹介!

ウォーターローンアイキャッチ生体・熱帯魚
スポンサーリンク

ウォーターローンの特徴と育成条件

ウォーターローン水中花

基本情報
育成難易度★・・・・
水質弱酸性〜中性
水温20度〜28度
絨毯になる期間約1ヶ月

前景として使われる水草

ウォーターローンは水草水槽の前景に使われることが多い水草です。水草に詳しくない人はリシアと勘違いする人もいるほど。ウォーターローンはリシアと違い、しっかりとソイルに根付きます。

ウォーターローンの葉はテープ状になっており、密度の高い絨毯を作り上げる事ができます。ウォーターローンは食虫植物の仲間なので、捕虫嚢(ホチュウノウ)を確認することができます。
食虫葉
▲ランナーのように飛びているのが特徴。丸い卵のようなものがついている。

この捕虫葉にコケや餌のカス、熱帯魚の糞付きやすいので、トリミングでこまめに切ってしまいましょう。手入れを怠ると水槽の水質悪化につながることもあります。

その他の前景水草
ウォーターローンリンク中ウォーターローンキューバパールグラスアイコンキューバパールグラスニューラージパールグラスアイコンニューラージパールグラス
グロッソスティグマアイコングロッソスティグマ

水景レイアウトの幅が広い

成長しきると水槽にぎっしり敷き詰めた絨毯が出来上がります。調子が整えば1ヶ月で水草絨毯が完成します。流木や石を入れなくても綺麗な水景を作ることができます。また、水上葉の姿も美しく、詫び草としてテラリウムで用いられたりもします。

絨毯になるまでの期間

ウォーターローン完成

水槽の大きさにもよりますが、45cm水槽で2ヶ月程度。分厚く完璧な状態になるまで約3ヶ月でした。この時の条件は、照明点灯時間が8時間、CO2添加は1秒に1滴を行なっていました。液体肥料は一切添加していません。

ウォーターローンは花が咲く

ウォーターローン水中花
▲水中花は白っぽい

ウォーターローンは水中花と水上花が存在します。捕虫嚢(ホチュウノウ)と違い、茎が伸びていき花を咲かせます。水中花は柔らかいため、咲く前や咲いた直後にエビやサイアミーズなどに食べられる可能性が高いです。

ウォーターローンの水上花は青紫色の花でとても綺麗です。詫び草として用いられた時によく見ることが出来ます。

ウォーターローン水上花

ウォーターローン水上花2

スポンサーリンク

ウォーターローンの育てるコツ

立ち上げは水中がオススメ

ウォーターローン立ち上げ

水上育成でミスト式がありますが、水を入れた際に「溶ける」場合があります。テープ状の水草であるため、水中に馴染む前に溶けてしまうという訳です。また、水上は根付いてからランナーが広がるまでに、カビの発生がしやすいという点もあります。初心者の方は水中での育成が無難なため、オススメします。

ウォーターローンの植え方

葉先が少し見える程度まで植える。
これに尽きます。

光合成=葉に光がしっかり当たる

という認識から、葉先を多く出すような植え方をする人がいます。原理は合っていますが、浅い植え方をすると浮力で勝手に抜けてしまいます。また、根付きが悪いです。

最初は根付くことが大事になりますので、葉が少し見える程度までしっかり植え込みましょう。ウォーターローンは根付いてからの成長速度は速いので安心して埋め込みましょう。

ウォーターローン植える
▲根が見えないくらいしっかり植え込みましょう。

ウォーターローン真上
▲まばらに植えると絨毯にしやすい。

ウォーターローンのトリミングと増やし方

絨毯になるまでは、真上からひたすらトリミングする。

真上からトリミング
▲ハサミを入れるだけで良い。

トリミングといえば、伸びた葉先を切って整えるイメージが強いですが、ウォーターローンはそれだけでは絨毯になりません。画像はウォーターローンでないですが・・・前景水草は全て同じやり方です。真上からソイルごと着るイメージで行いましょう。

トリミング時期
▲山盛りになってきたら真上から切る。

真上から切ることで根が切れ、そこからランナーが伸びるという仕組みです。ここでの注意点は植え直しをしないということです。前景草のほとんどは根を張ることに大きなエネルギーを使います。そのため、抜くという行為をするとその分だけ成長が遅れると思ってください。

ウォーターローンに必要な光量

水槽サイズ育成難易度(低)育成難易度(高)
30cm350lm700lm
45cm1,000lm2,000lm
60cm1,500lm3,000lm
90cm3,000lm6,000lm

ウォーターローンは育成難易度が低い水草ですので、最低でも上記の表の「低い」を参考にしましょう。光量が多いほど成長速度が上がります。

スポンサーリンク

ウォーターローンの成長過程

植え直しは一切していません。

ウォーターローン真上

ウォーターローン立ち上げ

ウォーターローン植える

トリミング時期

完成

途中から絨毯まで一気に飛んだように思えますが、山盛りになってくる頃になると凄まじい勢いで成長します。その都度、真上からのトリミングと丈の調整でハサミを入れると良いでしょう。葉丈の調整を行う事で抜けてしまう事故を防ぐ事ができます。

スポンサーリンク

ウォーターローンの価格

ネットの価格は1700円程(送料込)

ネットでは250円(送料別)から売られているものの、1円玉サイズや数本だけといった物が多く、導入としては割高です。ただ、20cmキューブ水槽など小さい水槽に植えることを目的としてしている場合はそれがちょうど良いかもしれません。

45cm以上の大きい水槽にウォーターローンを植えることを考慮すると1500円以上に必要になります。(送料込)アクアショップやホームセンターに行けば、水槽に十分な量が補える培養カップが700円程度売られているので、そちらを購入するのが良いでしょう。

フリマアプリの取引は少ない

メルカリなどのフリマアプリでは大容量で販売されているケースがありますが、そこまで取引されていません。前景水草は基本的にシード以外での販売は敬遠されがちなところもあるからでしょう。基本的にレイアウトリセット時の処分品としての売りになるので、品質に期待ができません。購入する際はその点を踏まえて買いましょう。

ウォーターローンは藍藻などのコケ被害にあいやすく、フリマ上の写真では綺麗に見えても、実際に植えてみたらその後すぐにコケだらけだったり、スネールが発生などのリスクがあります。

現地買い!培養カップがおすすめ

ウォーターローンの培養カップは有名かつ人気な前景水草ですので、アクアショップやホームセンターで高確率で売られています。1個あたり750円〜1000円で購入できます。培養カップはスネールやコケの混入がないため、自身の管理さえしっかりすれば綺麗な水槽に仕上げることができます。

その他の前景水草
ウォーターローンリンク中ウォーターローンキューバパールグラスアイコンキューバパールグラスニューラージパールグラスアイコンニューラージパールグラス
グロッソスティグマアイコングロッソスティグマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました