すみだ水族館で水草水槽を見てきた!

すみだ水族館アイキャッチアクアリウムネタ
スポンサーリンク

すみだ水族館はどんな所?

すみだ水族館

東京都墨田区スカイツリーの中にある言わずと知れた水族館です。
水族館には珍しい巨大水草水槽の展示スペースがあります。
駅からも近く気軽に遊びに行けるスポットです。

スポンサーリンク

水草水槽ファンにはたまらない!

ネイチャーアクアリウムの先駆者である天野尚(アマタノタカシ)の作品が展示されています。

▲階段を上がる段階で水景が見えてきます

階段を上がる途中からでも巨大水景を見ることができます。

水草水槽にハマっている人なら分かる王道水草を使っています。

  • ウィローモス
  • グロッソスティグマ
  • ミクロソリウム
  • ハイグロフィラピンナティフィダ
  • ブリクサ etc…

上記以外にも多彩な水草で構成されていますが、ほとんどはアクアショップでも入手できる物ばかりです。そのため、見ているだけでもとても勉強になります。

水草水槽は全部で5つ

天野尚が手掛けた水槽は1フロアに5つあります。
入って左に2つ、中央に1つ、右に2つ位置しています。

すみだ水族館1
▲エレベーター付近にある水槽。
アクセントとして赤いレッドファントムテトラがいます。メンテナンスフィッシュとしてサイアミーズフライングフォックスやオトシンクルスがいます。

すみだ水族館2
▲第1水槽の右に隣接している第2水槽。
第2水槽も隣り合わせで配置してあり、コンセプト的には差は感じないように思えます。

すみだ水族館3
▲入って正面に位置する巨大水槽です。

5つの中で最も高さのある水槽で、人の背よりも大きいです。
トランスルーセントグラスキャットなど大きい熱帯魚がいます。
ここにいるサイアミーズフライングフォックスも有り得ないくらい大きいので、全てが規格外という印象。
照明は暗めなので落ち着いている中に雄大さを感じられる水槽になっています。

すみだ水族館4

すみだ水族館45
▲入口から右にいくと最も横幅のある水槽にあたります。

グロッソスティグマによる巨大絨毯を見ることができます。
定期的にトリミングや植え直しを行っているようで、今回行った時には絨毯未完成状態でした。
ある意味レアケースです。

ネオンテトラの群れが見ることができます。
一体何匹いるのでしょうか…。
最も人が集まりやすい場所でもあります。


ここにも岩陰にバジスバジスがいます。
よく観察すると色が変わるところが見えるかも。

すみだ水族館水槽5
▲横幅のある水槽の脇にある水槽

グロッソスティグマの絨毯に魅了され、見落としがち。
水草でも珍しい球根をつける水草やテープ状水草が使われています。
カラフルな熱帯魚がいましたが、水草に魅了されほとんど見てませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

今回は最初のフロアにある水草水槽のみの紹介でした。
すみだ水族館では定期的にイベント展示が行われています。
年2回行く人は年間パスポートを買った方がお得なので、検討してみては?
通常入場から年間パスポートにアップグレードできる窓口もあります。

年間パスポート

▲年間パスポートのデザイン
年間パスポートを購入するとその場で写真撮影があり、すぐにパスポートを受け取ることができます。

すみだ水族館概要

所在施設: 東京ソラマチ
所在地: 〒131-0045
東京都墨田区押上1丁目1−2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 5-6F
時間:9:00~ 21:00
最終入場:20:00
種数: 約400種(開館時)
管理運営: 東武グループ

コメント

タイトルとURLをコピーしました