RGB投光器を水槽に使用|30cmキューブ水槽レイアウト【ろー作】

この記事ではEAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)に出展した30cmキューブ水槽レイアウトの立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。RGB投光器を使った水槽で管理するポイントなども掲載しているのでこれから30cm水槽(キューブ水槽)を立ち上げたいと思っている方はレイアウト構図など是非参考にご覧ください。

ろーさんのアイコン

この作品を手がけた人:ろー


目次

30cmキューブ水槽レイアウトの概要

ろーさんのレイアウト

作品タイトル 夏草や兵どもが夢のあと
EAコンテスト No.15

30cmキューブレイアウト詳細

30cmキューブレイアウト詳細
水槽スペック アクロ スーパークリア 30cmキューブR
30cm×30cm×30cm
ソイルなど砂底 水草一番サンド
スドーボトムサンド
フィルター コトブキ プロフィットフィルターX2
照明器具 CLY RGB投光器 60W
光量 3000lm
点灯時間 14時間
CO2 なし
換水頻度 1週/1回 1/3の量

30cmキューブ水槽に使用した水草

使用した水草
前景 スタウロギネ・レペンス
上部 オーストラリアンクローバーノチドメ
後景 パールグラス
後景 ロタラsp.Hra
後景 ルドウィジア・パルストリス

30cmキューブ水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
カージナルテトラ チェリーバルブ♂
サイアミーズフライングフォックス オトシンネグロ
チェリーシュリンプ

30cmキューブ水槽立ち上げの費用目安

水草 約2,500円
流木・石など 約3,000円
機材・備品 約18,000円
総額費用 約24,500円

※ヒーター4000円、冷却ファン2000円

30cmキューブ水槽立ち上げのポイント

RGB投光器でコスパ重視

なんといってもライトですね。RGBライトを使用していますが、アクアリウム用の物を使用すると30cmでも2万弱します。このRGB投光器であれば4000円。設置にアクロのスタンドを使うなら6,000円ぐらいで緑と赤が映えるライトが使用できます。14,000円削減は大きい…。

硬度に強いパールグラスを使った

パールグラスは硬度があると本当に強く元気に育ちます。石とか砂を使う場合は水草レイアウトの強い味方になります。水草は軟水で育つ奴が多いですが、絶対軟水でなければいけないわけじゃないので、色々と挑戦してみるといいですよ。

外掛けフィルターの水流改善

外掛けフィルターの水流が下に落ちる方向の場合、水草に苔が生えやすい場合があります。そういう時は100均のアイテムで簡単に改善できます。詳しくは動画内で説明していますのでご覧ください。

石を取り除きやすい構図に

石は結構苔が着きやすいです。水槽の中で苔を落とそうとすると、なかなか落ちてくれません。このレイアウトは石を水槽から簡単に取り出せるように上から置いているだけなので、石を取り出して苔を取ることができ、メンテナンスしやすくしています。長い期間綺麗に維持したいなら、メンテナンスも視野に入れてレイアウトするといいかもしれませんね。

小さい石をくっ付けて作ろう

石は一点物で探すとなかなか見つからず、価格も高くなります。そういう時は、小さい石をカミハタの接着剤でくっ付けて、自分好みのものを作った方が安くて気に入ったものができるかもしれません。

石の接着は接着剤だけではくっつきません。補助剤という特殊な綿を合わせて初めてくっつきます。

30cmキューブ水槽の立ち上げの様子

立ち上げ直後

立ち上げ1ヶ月後

立ち上げ2ヶ月後

立ち上げ3ヶ月後

最終撮影時

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる