水作ライトアップ300のレビュー|水草水槽の最強コスパアイテムだった

水作ライトアップ300評価レビュー水槽管理

水草水槽にはLEDライトが欠かせません。水作ライトアップシリーズは、低価格で販売されているので購入を検討している方も多いのではないでしょうか?安くても水草が育たたなければ意味がないと思うと不安で購入を迷ってしまいますよね。本記事では水作ライトアップ300を使用感を本気レビューしていきますので参考に見ていただければと思います。

スポンサーリンク

水作ライトアップ300のスペック

水作ライトアップ

水作ライトアップ300のスペック
参考価格2103円〜
拡張横幅40cm
ライト横幅29cm
縦幅6.8cm
高さ4cm
推奨水槽40cm水槽以下

水草には十分なルーメン値

ルーメンとは明るさの届く強さを数値化したものになります。高ければ高いほど明るいです。ルーメン値が低いと水草を十分に育てられないどころかコケばかり育ち、水草が枯れてしまいます。

水作ライトアップ300は588lmあり、実際の明るさは目が眩むほど。少なくとも幅30cm×奥行20cm水槽には1つで十分水草が育つスペックと言えます。茂みのあるレイアウトでは多少の陰りが出るかもしれませんが、それを差し引いても1つで十分でしょう。

タイマー通電にも問題なく対応

LEDライトは全てタイマーコンセントに対応していると思っていませんか?実はLEDの種類によってはタイマーコンセントと互換性がないことがあります。水作ライトアップ300は問題なくタイマーコンセントの通電に対応できるので時間管理も行えます。単機でのタイマー通電機能はありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

水作ライトアップの評価レビュー

コスパが良すぎ価格破壊の安さ

水作ライトアップ300は、競合メーカーのGEXやコトブキと比べても高い光量かつ2000円台で買える唯一のLEDライトでしょう。他のメーカーでは1.5倍ほど費用を捻出しないと買えません。

赤系の水草が問題なく育つレベルで良いというのであれば水作ライトアップを選んで間違いないです。

ロタラHraとリシアを使った30cm水槽レイアウト立ち上げ
リシアやロタラsp.Hra、アヌビアスナナプチ、ウォーターフェザー、アルテルナンテラレインキーミニを使った30cm水槽の水草レイアウトの立ち上げ記事になります。30cm水槽の運用に使っている水槽LEDライトやフィルター、床底素材なども紹介し...

9.5Wで電気代も安い

1kWhあたり25円(2021年.全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価(税込))1日10時間点灯しても2.37円。それを30日計算しても71円程度になります。LED1個分では大した維持費にはならないので経済的です。

白チップのみ

LEDライトは白チップのみ搭載されているので白味が強い印象を受けます。赤や青の色味が強いお魚は低床の色によっては体色が飛んでしまいます。レッドテトラやラミノーズテトラなど色揚げをしたい場合は合わないかもしれません。その場合は、GEXクリアLEDパワーⅢやchihiros wrgb2などが良いでしょう。

本格レイアウトには合わない

水作ライトアップは悪い意味でとれば、安くて明るいだけのLEDライトです。水草や熱帯魚の色味をより引き出したい場合には向いていません。chihiros wrgb2やカミハタツイスター、はたまたADAのライトを起用することをおすすめします。世界水草レイアウトコンテストなど本格水草レイアウトを作りたい人はLEDにもこだわりましょう。

スポンサーリンク

レビューまとめ

如何だったでしょうか。
水作ライトアップシリーズは本当にコスパがよく、アクアリウム初心者是非おすすめしたい商品です。耐久性も高く、2年以上は普通に水草が育つので、途中から本格LEDに切りかえてもストック用水槽に使えそうです。

元の値段が低いだけにジャンク品としてメルカリやフリマで販売するのができないのがアレですが。基本的に自己完結型のLEDと言えるでしょう。

スポンサーリンク

その他低価格LEDライトのレビュー

JOOCII水槽ライト30cmを1年使ってみた!最強コスパの3色LED爆誕か!?
JOOCII水槽ライトは中華製のライトで「JOOCII水槽ライト30cm水槽用3色LED〜」と長ったらしい名前で主にAmazonで売られています。水槽を持つ上でLEDライトは欠かせず、値段幅もあるので、安く良いものを選びたがるユーザーには検...
タイトルとURLをコピーしました