No.17 EAコンテスト水槽

水槽レイアウトの概要

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペック GEXグラスアクアリウム キャンドル
幅19.5cm×奥19.5cm×高25.5cm
ソイルなど砂底 水草一番サンド 2Kg [水草育成用土]
フィルター GEXピコロカ
照明器具 GEXクリアLED リーフグロ
光量 300lm
点灯時間 6~8時間
CO2 なし
換水頻度 3日/1回 1/3の量

レイアウトに使用した水草

使用した水草
アルテラナンテラレインキーミニ
ウォーターバコパ
オーストラリアンハイドロコタイル

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体

水槽立ち上げの費用目安

水草 約3,600円
流木S 約400円
機材・備品 約10,478円
総額費用 約14,078円

※流木はあった物を使用。上記の金額は相場を表示しています。

この水槽レイアウトのポイント

ポイント1

GEXの新型ボトル水槽として発売されたキャンドルを取り入れ、同時に発売されたピコロカはなんと言っても限られたボトルの空間で景観を損なわないことがメリットにて導入しました。

ポイント2

途中流木が変わっておりますが、ボトルは入れると膨張して見える性質があるため 細身のものに変更しバランスを取りました。

ポイント3

水草に関しては縦にも伸びるものを選び、 アクセントに赤い葉を持つアルテラナンテラレインキーを導入することで 鮮やかなレイアウトの実現が叶いました。

ポイント4

底床は当初硅砂を予定しておりましたが、水草育成もありソイルにする事で安定した育成ができました。

ポイント5

リーフグローは水草育成にもってこいのライトです。 本来光量の必要な水草もグングン育ちボリュームが増しました!完成写真は水草導入から37日後の様子です。

水槽の立ち上げの様子

立ち上げ直後

完成

投票はこちら

こちらの作品はNo15になります!

    必須 Twitter IDもしくはハンドルネーム
    必須 メールアドレス
    必須投票先を決める