No.8 4年越し水草水槽

水槽レイアウトの概要

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペック エーハイムグラス水槽EJ-60
60cm×30cm×36cm
ソイルなど砂底 プラチナソイル
田砂
フィルター フィルターエーハイムクラシックフィルター2213
照明器具 Chihiros RGB A PLUS
光量 2,400lm以上
点灯時間 8時間
CO2 1秒3滴 8時間
換水頻度 2週/1回30%

レイアウトに使用した水草

使用した水草
前景 ニューラージパールグラス
前景 グロッソスティグマ
前景 ヘアーグラス
前景 オーストラリアンドワーフヒドロコティレ
中景 アヌビアスナナ
中景 ミクロソリウムナローリーフ
中景 ミクロソリウムプテロプス
中景 ボルビティスヒュディロティ
中景 クリプトコリネ・ウェンティーブラウン
中景 ラゲナンドラ・ミーボルディレッド
中景 エキノドルス・ウルグアイエンシス
中景 エキノドルス・ルビン
後景 ロタラロトンディフォリア
後景 パールグラス
後景 ルドウィジアスーパーレッド
後景 クリプトコリネバランサエ

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
レッドテールイエローファントムテトラ グリーンネオンテトラ
プリステラ オトシンクルス
ヤマトヌマエビ

水槽立ち上げの費用目安

水草 約16,000円
流木・石など 約5,000円
機材・備品 約50,000円
総額費用 約71,000円

この水槽レイアウト作品のポイント

ポイント1

定番の60規格水槽で、構図はよくある凹型のレイアウトとなっています。水草達もポピュラーなものばかりで、基本に忠実な作りかと思います。

ポイント2

立ち上げたものの仕事が多忙でメンテ出来ず放置状態となり、3年かけて緩やかに水草が消えていきました。。。その後、仕事が在宅化したことを機にアクア熱が復活しますが、リセットする気力まではありませんでした。水草を植えなおしてCOの添加を再開した程度です。古いソイルもそのまま使っています。

ポイント3

しばらく思うように水草が育ちませんでしたが、CO2の量を気持ち多めにして、液肥をしっかり添加するようにしてから、徐々に水草が茂っていきました。そして立ち上げから4年以上経過した今になって、だいぶレイアウトっぽくなってきました。

ポイント4

短いスパンでレイアウトをリセットしたり、複数の水槽を立ち上げたり、といったことが出来ない人も多いと思います。自分もそうです。そういう人は、一度失敗してしまうとリカバリーが難しく、挫折してしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、気長にまったりと環境を整えていけば、リセットをせずともレイアウトを楽しむことが出来ると思います!

水槽の立ち上げの様子

立ち上げ時の様子

途中経過

完成時

投票はこちら

こちらの作品はNo.8になります!

    必須 Twitter IDもしくはハンドルネーム
    必須 メールアドレス
    必須投票先を決める

    あわせて読みたい
    EAコンテスト参加者・水草レイアウト一覧【投票開始】 https://ruby48.com/contest/ 【参加者一覧レイアウト】 それぞれの写真をタップするとレイアウトに使われている備品や環境などの情報を見る事ができます。遷移先でも投...