ウォーターダイヤモンドの育て方|光量・水質・co2の有無について

ウォーターダイヤモンドは雪の結晶のように葉を広げるビオトープ向けの水草です。真上からの写真が多いことから浮草と思われがちですが、ちゃんとした有茎草。ソイルや土といった土壌は必須です。この記事ではそんなウォーターダイヤモンドの育て方(光量や水質、co2)についてまとめています。

目次

ウォーターダイヤモンドの特徴

ウォーターダイヤモンド

ウォーターダイヤモンドの情報
分類 アカバナ科
チョウジタデ属
学名 Ludwigia Sedoides
別名 ルドヴィジアセドイデス
ウキバルドウィジア
ルドウィジア セディオイデス
ウォーターダイヤ
コビトヒメビシ
ミニハナビシ
大きさ 葉の大きさ1cm
茎の長さ10cm以上
育成難易度 ★★★★・
成長速度 早い
レイアウト配置 後景
ビオトープ
水温 20〜28度
水質(pH) 4.0〜7.0
硬度(GH) 0〜30
二酸化炭素(CO2) 必要
光量/照明 強い方が良い
増やし方 差し戻し
枝分かれ
参考価格 600円〜1200円

浮草ではない

ウォーターダイヤモンドは水上に浮かぶ様子がとても綺麗で光量が高いと真っ赤に染る姿が非常に美しい水草です。葉っぱの展開なのに花のような美しさを見出す姿はこの種の最大の特徴と言えます。一件浮草に見える水草ですが、水中には茎がしっかり伸び、ソイルや泥に根付かないと枯れてしまいます。

ルドヴィジアセドイデス

ビオトープに最適

サンショウモやホテイアオイでは物足りないそんな方に是非お勧めしたいビオトープ向けの水草です。展開する葉は芸術品かのように見えます。広範囲に広がるのでメダカなどの隠れ家としても最適です。夏の暑さにも強いです。

値段がやや高い水草

ウォーターダイヤモンドはネット購入(プロショップ)でも1本あたり600円からになります。水槽内に入れる場合、何本も買うことはないですがそれでも2本買うだけで1000円を超えていくのはやや高めの水草と思って良いでしょう。送料次第では1本で1000円を超えます。メルカリではあまり取引がないので安く購入するのはなかなか難しいでしょう。

黄色い花を咲かせることも

ウォーターダイヤモンドの花

ウォーターダイヤモンドは調子が上がっていくと黄色い水上花を咲かす事があります。屋内水槽でも見る事ができますよ。

ウォーターダイヤモンドの育て方

ウォーターダイヤモンドの必要光量

水槽規格 まぁまぁ育つ 十分育つ
30cm 300〜500lm 588〜1,176lm
45cm 750lm〜1000lm 1,500〜2,000lm
60cm 1000lm〜2,000lm 2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

ビオトープ向けなので陽の当たる所へ出しておくのがベスト。室内で育てる場合は大型水槽で3000ルーメン以上の光量があった方が綺麗に育ちます。

pHは低めに設定しよう

植えたばかりのウォーターダイヤモンドの調子が悪い場合はpHを下げてみましょう。特に石組をガッツリしているレイアウトだとpHの高さが不調の原因である場合があります。その場合はpH下降剤やヤシャブシの実やフウの実を入れて下げてみるのが得策です。pHを0.1下げただけで成長し始めることもあります。

二酸化炭素(co2)は必要?

co2がある方が枯れた苗を持ち直すことに期待が出来ますし、成長も促進するので脇根や枝分かれを狙うことができます。ただし、それは室内育成の場合、屋外では特に添加する必要はありません。

あわせて読みたい
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】 水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言...
あわせて読みたい
発酵式co2を自作するには?必要な材料や二酸化炭素が出ない時の対処法を紹介 水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜3...

ウォーターダイヤモンドの床底、肥料

ソイルや泥が理想です。砂利やネブラサンドなどの栄養素がない、またサラサラする砂はおすすめしません。根を気づ付けないようにするのはもちろん、茎の浮力が強いのでしっかり奥深く植えることが重要です。イニシャルスティックなどの固形肥料を一緒に入れておくと根張りが良くなります。

ウォーターダイヤモンドの増やし方

ウォーターダイヤモンドは挿し戻しと枝分かれによって増やすことができます。

ウォーターダイヤモンドが溶ける

ウォーターダイヤモンドが溶ける

土壌や水質が悪いと葉がボロボロと落ちていき水上葉が沈むほどになります。枯れ始めたウォーターダイヤモンドは触るだけで葉が取れてしまいます。また、水質悪化にも拍車をかけていくのですぐに別水槽に移すか環境改善が必要です。

ウォーターダイヤモンドまとめ

ウォーターダイヤモンドは基本は緑

ウォーターダイヤモンドは色づくと真っ赤になり非常に綺麗な結晶姿になります。特に赤色は神秘的なため、その姿を見て育てたいと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、ウォーターダイヤモンドの基本色は緑色で葉の裏が赤いのが特徴です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる