ネイチャーアクアリウム大阪-生きたアート展がコロナで中止に

生きたアート展アイキャッチアクアリウムネタ
スポンサーリンク

NATURE AQUARIUM 生きたアート展最新情報

インスタライブで展示水槽を解説!


ネイチャーアクアリウム大阪-生きたアート展の中止を受けて、急遽インスタライブにて展示水槽の解説を公開。2日にわたって配信されたが、見ることができるのは公開から24時間まで。幻の企画となってしまった。

新型コロナウィルスによって中止に

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、イベント自体が中止になってしまった。イベントが中止になったため、急遽インスタグラムにて本展示の水槽をLIVE配信する企画が設けられた。(アーカイブはない)

アクアジャーナル4月号で特集


3月10日に販売されるアクアジャーナル4月号では、今回ネイチャーアクアリウム大阪で公開される巨大3m石組水景「清流の石景」の制作に密着した特集が掲載されている。巨大水槽の運搬から石組みまでどのように行われているかを知ることができる内容となっている。全2回で構成されており、次回が完結だ。

スポンサーリンク

NATURE AQUARIUM 生きたアート展って何?

水景クリエイター・天野尚と「ネイチャーアクアリウム」をテーマにした大規模展覧会です。2017年から2018年にかけて東京でも「天野尚 NATURE AQUARIUM展」が開催。今回もそれに習ったイベントになると考えられます。
ネイチャーアクアリウム東京ネイチャーアクアリウム東京2
ネイチャーアクアリウム東京の様子3ネイチャーアクアリウムの東京4
▲ネイチャーアクアリウム東京の様子

ネイチャーアクアリウム東京では好評につき開催期間が延長になりました。今回のネイチャーアクアリウム大阪も同様なことが考えられますが、則してる訳では無いので期間中に行くのが無難です。

テーマは「水と緑の小宇宙」

生きたアート展ポスター

今回のネイチャーアクアリウム大阪のテーマは「水と緑の小宇宙」です。
天野尚のイメージする基盤はアマゾンの自然が多く、今回もアマゾンをメインとした自然景観を特大写真パネルで展示するようです。

関西初の巨大3m石組水景も公開!

清流の石景
▲「清流の石景」のラフ画が公開
天野尚の代名詞でもある石組水景をADA(本間祐介)が引き継いだ技術で体現。
関西では初公開となる実物の巨大石組水景が見られるのも今回のイベントの魅力の一つ!

本間祐介ってどんな人?

本間祐介の写真
水景クリエイター・本間裕介さんは、天野の助手として長年撮影に同行した経歴があります。
DODAのカタログなどに載っているレイアウトも手掛けていたりしますので、実は見ていた人も多いはず。
ワークショップの様子
前回ネイチャーアクアリウム東京では、ワークショップで流木を用いたレイアウトを解説。
※前回はビデオ撮影などがOKでした。
ワークショップは常設ではないネイチャーアクアリウム東京でもそうでしたが、本間裕介さんによるワークショップは常設ではないので、事前にスケジュールを把握する必要があります。わかり次第このページでもお知らせします。

水景のヒントとなる大判写真公開

ネイチャーアクアリウム大阪では前回の東京開催と同じように天野尚によって撮影されたアマゾンの自然を舞台とした大判写真が公開されるようだ。

生きたアート展のチケットはどこで買える?

下記のサイトにて既に販売開始中です。
開催中は全て当日券扱いになりますので、前売り価格で購入する場合は4/17までに購入する必要があります。
※セブンチケットでは検索しても現在(2/14)出てきません。

チケットぴあ ( Pコード : 992-643 )
ローソンチケット ( Lコード : 55929 )
セブンチケット
CNプレイガイド
イープラス
LINEチケット
Yahoo!チケット
楽天チケット

スポンサーリンク

これから楽しむための予備知識

ネイチャーアクアリウムって何?

ネイチャーアクアリウムとは、自然の生態系を再現したものになります。
水槽の中で表現する事もあれば、水槽から飛び出したテラリウムという形で表現される事も。
植物と水、流木や石など自然にありふれたものを組み合わせ、自然を再現することが基本となります。

世間的には「水草水槽」とも呼ばれ、小さい物から大き物までいろいろな形で表現されています。

天野尚(アマノタカシ)って誰?

天野尚

アクアデザインアマノ(ADA)の創設者で、ネイチャーアクアリウムの提唱をした人です。
残念ながら61歳という若さで亡くなっています。
新潟県出身で、16年間競輪選手として活躍する傍ら、世界各地の熱帯雨林を旅し、風景写真やエッセイを発表するなどネイチャーアクリウム提唱の先駆けを行っていました。

アクアリウム界の大御所であるADA(アクアデザインアマノ)は1982年に創立しています。

天野尚が手掛けたレイアウトが見れる場所

2012年5月にオープンした「すみだ水族館」は、現在も天野尚が手掛けた水槽が管理維持されています。
すみだ水族館すみだ水族館2

すみだ水族館水槽5
▲すみだ水族館の水景
他には、ポルトガルのリスボン海洋水族館で、世界最大となる全長40mのネイチャーアクアリウム水槽を完成させています。
リスボン海洋水族館 ネイチャーアクアリウム
▲リスボン海洋水族館の水景

世界水草レイアウトコンテストも開催

世界水草レイアウトコンテスト

天野尚が創設したADAでは毎年、水草レイアウト(ネイチャーアクアリウム)の世界コンテストが開催されています。こちらは誰でも無料で参加できます。
※テラリウム、マリンアクアリウムは対象外
事前に応募開始日、締め切り応募方法を確認する必要があります。
毎年、自身のレイアウト通知表として応募する人が多くタイトル通り世界各国から応募があります。2019年のコンテストでは72か国の参加があり、応募数は1867作品でした。

過去のグランプリ作品はこちら
http://jp.iaplc.com/about/gp_works.html

2020年のコンテストに関しては2月14日に要項が発表されています。応募概要は以下の通り。

応募開始日

2020年4月1日(オンライン・郵送共通)

応募締め切り

2020年5月31日(オンライン24:00まで・郵送必着)

世界ランキング発表

2020年8月(PDFでの公開を予定)

要項詳細・公式HPはこちら
http://jp.iaplc.com/about/application.html

スポンサーリンク

生きたアート展の開催日と開催場所

開催日
2020年4月18日(土)〜2020年6月7日(日)
入場料
当日券:1500円(大人)、1000円(中高生)、800円(小学生以下)
前売り:1300円(大人)、800円(中高生)、600円(小学生以下)
時間
平日 11:00~20:00
土日祝 10:00~20:00
場所
グランドフロント大阪
ナレッジキャピタルイベントラボ

グランドフロント大阪の場所

電車をご利用の場合
◎JR「大阪」駅 徒歩 3分
◎地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩3分
◎阪急「大阪梅田」駅 徒歩3分
◎阪神「大阪梅田」駅 徒歩5分
車をご利用の場合
◎新大阪駅より約10分
◎難波駅より約20分
空港リムジンバスをご利用の場合
◎関西国際空港より新阪急ホテル航空バスターミナル降車(所要時間約50分)、
新阪急ホテル空港バスターミナルより徒歩約5分
◎大阪国際空港(伊丹)より新阪急ホテル航空バスターミナル降車(所要時間約25分)、
新阪急ホテル空港バスターミナルより徒歩約5分

©️アクアデザインアマノ
※この記事で使われている一部画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

アクアデザインアマノ公式サイト
▶︎https://www.adana.co.jp/jp/
生きたアート展公式サイト
▶︎https://www.tv-osaka.co.jp/event/nature_aquarium/

コメント

タイトルとURLをコピーしました