夏場に向けて!水槽クーラーおすすめ15選紹介!

クリプトコリネ・ルーケンスは活着する?育て方や溶ける原因などを紹介!

クリプトコリネ・ルーケンスの育て方

クリプトコリネルーケンスは初心者でも育てやすいクリプトコリネです。水上葉は大きいですが、水中葉は小型の部類になるので前景草としてレイアウトに用いることもできます。この記事ではクリプトコリネルーケンスの育て方やレイアウト、トリミングの仕方、co2の必要性や必要光量などを紹介していきます。

目次

クリプトコリネ・ルーケンスの特徴

クリプトコリネ・ルーケンスの情報
分類 サトイモ科
クリプトコリネ属
学名 Cryptocoryne lucens
別名 とくになし
大きさ 水中葉3〜8cm
水上葉15cmほど
育成難易度 ★・・・・
成長速度 ゆっくり
レイアウト配置 前〜中景
水温 20〜26度
水質(pH) 6〜7.0
硬度(GH) 0〜3
二酸化炭素(CO2) なくても育つ
光量/照明 弱くても良い
増やし方 ランナー
差し戻し/株分け
参考価格 650円〜

水上葉と水中葉で大きさが異なる

クリプトコリネ・ルーケンスは水上葉と水中葉で大きさが異なります。水上葉は草丈が15cmほどまで成長しますが、水中葉は大きくても8cm程度でおおよそ3〜5cm程度の葉を茂らせます。

30cm水槽などの小型水槽では前景として使うとレイアウト的に微妙な感じになってしまうことがありますが、大型水槽だとあまり違和感ありません。中景に近い場所に植えると高低差が生まれて良いかもしれません。

クリプトコリネ・ルーケンスは初心者でも育てやすい

クリプトコリネ・ルーケンスは強い光量を求める水草でなく、co2もなくても現状キープが可能な初心者でも育てやすい水草です。調子が整うとより丈夫に茂っていきます。急激な変化には弱く溶けてしまう場合があるのでレイアウトを組まない段階(ストック時)には注意しましょう。

クリプトコリネ・ルーケンスの育て方

クリプトコリネ・ルーケンンスは活着しません

クリプトコリネ・ルーケンンスは活着根がないので活着はしません。流木や石に巻き付けて植えることはできますが、調子を崩してしまう可能性が高いのでおすすめはしません。

クリプトコリネ・ルーケンスの必要光量

水槽規格 まぁまぁ育つ 十分育つ
30cm 300〜500lm 588〜1,176lm
45cm 750lm〜1000lm 1,500〜2,000lm
60cm 1000lm〜2,000lm 2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

クリプトコリネ・ルーケンスは低光量でも育つには育ちますが、成長がかなり遅くなる事を念頭に起きましょう。綺麗な状態をキープしたい、増やしたい目的がある場合はそこそこの良いLEDライト2つで運用したいところ。

クリプトコリネ・ルーケンスに二酸化炭素(co2)は必要?

co2がある方が成長は促進されるため、比較的早くランナーを伸ばしてくれます。ルーケンスを綺麗に見せる、増やすという目的がある場合はco2があった方が良いでしょう。

あわせて読みたい
発酵式co2を自作するには?必要な材料や二酸化炭素が出ない時の対処法を紹介 水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜3...
あわせて読みたい
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】 水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言...

クリプトコリネ・ルーケンスの床底、肥料

クリプトコリネ・ルーケンスは成長が緩やかなので、大磯砂でも十分育ちます。肥料は液肥よりか固形肥料の方がコントロールはしやすいでしょう。

クリプトコリネ・ルーケンスの増やし方

クリプトコリネ・ルーケンスは株分けで増えていく水草です。放っておくとその辺がこんもりと密集していくので、定期的に株分を縦割りのように切り分けて植え直す。または切り離して放置する必要があります。

クリプトコリネ・ルーケンスのトリミング

茂ってくるとどこから切ったら良いか分からなくなるものですが、優先すべきは古い痛んだ葉から根元を目印に切り落としましょう。明らかに茎まで痛んでいる場合は株ごと切り離しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる