ブルーテトラの飼育方法|気性・寿命・混浴・繁殖について

ブルーテトラの飼育方法生体・熱帯魚

ブルーテトラはカラシンの仲間で大きさは5cmほどにまで大きなります。同種でもヒレをかじったり、追いかけ回すことがある気性の強さを見せます。この記事ではブルーテトラの適した水質や育て方、寿命や餌、繁殖の仕方などを紹介しています。

スポンサーリンク

ブルーテトラの特徴

ブルーテトラの基本情報
大きさ4〜5cm
水質pH6.0〜8.0
硬度5〜12
水温22度〜26度
寿命3〜5年
学名Boehlkea fredcochui
分類カラシン目
カラシン科
分布アマゾン川
ペルー
別名特になし
参考価格150円〜
フレーク
顆粒
ブラインシュリンプ
イトメ

混浴は隠れ家が必要

ブルーテトラは縄張り意識が強いため、他の魚と混浴させる場合は水草や流木などそれぞれ隠れ家になる場所の設定が必要です。
チェリーシュリンプなどの小さなエビは食べられてしまう場合があるので注意しましょう。

高水温と水質悪化に注意

ブルーテトラは高水温が苦手ですので水温は25度前後に設定っしてあげましょう。また、水質悪化に敏感で調子を崩しやすいので水換えや濾過器が万全な環境が理想です。

ブルーテトラの餌

  • フレーク
  • 顆粒
  • ブラインシュリンプ
  • イトメ
タイトルとURLをコピーしました