バルクラヤ ロンギフォリアレッドの育て方|光量・co2・増やし方

水草の育て方生体・熱帯魚

この記事ではバルクラヤ ロンギフォリアレッドの育てる上で必要な光量や条件をまとめています。また、バルクラヤ ロンギフォリアレッドを用いたレイアウトについても紹介していますので参考にご覧ください。

スポンサーリンク

バルクラヤ ロンギフォリアレッドの特徴

バルクラヤ ロンギフォリアレッドの情報
分類スイレン科
バルクラヤ属
学名Barclaya logifolia
別名バークラヤ
大きさ茎3~6cm
葉の長さ10cm前後
育成難易度★★★・・
成長速度遅め
レイアウト配置中景
水温22〜28度
水質(pH)6.0〜7.0
硬度(GH)0〜3
二酸化炭素(CO2)あった方が良い
光量/照明普通
増やし方株分け
参考価格1700円〜

浮葉を作らないタイプ

スイレン科の代表的なニムファと違って水面に達する浮葉を作らないのが特徴。浮葉を作らないため、水中葉を維持しやすいので初心者でも扱いやすい種です。しかし、食害にあったり低温に晒すと休眠期に入ってしまうことがある。

スポンサーリンク

バルクラヤ ロンギフォリアレッドの育てるコツ

バルクラヤ ロンギフォリアレッドの必要光量について

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300〜500lm588〜1,176lm
45cm750lm〜1000lm1,500〜2,000lm
60cm1000lm〜2,000lm2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

バルクラヤ ロンギフォリアレッドにco2は必要?

超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】
水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言われるものが主流ですが、もっと簡単に手ごろにできるのが炭酸水を活用した方法です...
水草水槽に自作CO2(発酵式)添加装置を作ろう!必要な材料や出ない時の対処法を紹介!
水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜30円程度なので初めてCO2を水草水槽に添加したい人はぜひ参考にしてお試しくだ...

バルクラヤ ロンギフォリアレッドの床底、肥料

バルクラヤ ロンギフォリアレッドは低pHを好むので、大磯砂よりもソイルで育てる方がおすすめです。肥料は固形肥料の方がコントロールがしやすいです。

タイトルとURLをコピーしました