夏場に向けて!水槽クーラーおすすめ15選紹介!

エキノドルス グリーンフレームの育て方|光量・水質・co2の有無について

水草の育て方

エキノドルスグリーンフレームは葉がかなり大きくなる(既に売られている時点で大きいかも)水草なので小型水槽にはちょっと不向きです。しかし、根の張りが強いのでコリドラスやドジョウなど掘り返してしまう魚がいる水槽には向いていたり…。この記事ではそんなエキノドルスグリーンフレームの育て方(光量や水質、co2)についてまとめています。

目次

エキノドルス グリーンフレームの特徴

エキノドルス グリーンフレームの情報
分類 オモダカ科
エキノドルス属
学名 Echinodorus green flame
別名 とくになし
大きさ 20cm〜50cm以上
育成難易度 ★★★・・
成長速度 ゆっくり
レイアウト配置 中景
水温 20〜26度
水質(pH) 5.0〜7.5
硬度(GH) 1〜6
二酸化炭素(CO2) なくても育つ
光量/照明 強い方が良い
増やし方 株分け
参考価格 1380円〜1700円

中景〜後景として

大きな葉であるため存在感の大きい水草です。存在感が大きすぎるためほかの水草と組み合わせずらかったりレイアウトに織り込むのが難しかったりします。小型水槽では水景を組むという意味では向かないかもしれません。

単価が高い水草

エキノドルスグリーンフレームは人気がありショップによっては取り扱いがない場合もあってか価格は高め。ネットショップでもアンダーは1300円ほど、都内実店舗ではそれ以上することもザラです。

エキノドルス グリーンフレームの育てるコツ

エキノドルス グリーンフレームの必要光量について

水槽規格 まぁまぁ育つ 十分育つ
30cm 300〜500lm 588〜1,176lm
45cm 750lm〜1000lm 1,500〜2,000lm
60cm 1000lm〜2,000lm 2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

エキノドルス グリーンフレームは高い光量を浴びせることで成長が活発化し、葉が溶ける、黒ずむといった不調を起こしにくくなります。

エキノドルス グリーンフレームにco2は必要?

エキノドルス グリーンフレームを綺麗に育てるという意味においてはco2は必須。なくても維持くらいはできますが、成長が活発化しないため、溶けてしまう原因になどにつながります。

あわせて読みたい
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】 水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言...
あわせて読みたい
発酵式co2を自作するには?必要な材料や二酸化炭素が出ない時の対処法を紹介 水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜3...

エキノドルス グリーンフレームを使ったレイアウト

noimage準備中です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる