水草水槽に床底フィルターは合う?合わない?

底面フィルターと水草水槽の相性水槽管理

様々なフィルターの種類がある中で、「高いろ過能力」と定評のある床底フィルター。
今回はそんな床底フィルターが水質管理でシビアな水草水槽に合うか、合わないかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも床底フィルターとは?

床底フィルターとは、名前の通り、水槽の底に始めに引くフィルターです。砂利やソイルがろ材となって、浄化する仕組みですね。水槽の底全てにフィルターがある状態になるため、ろ過能力は必然的に高くなることが頷けます。

床底フィルターの値段は?

床底フィルターは中古で100円からでも購入可能。
新品でも500円〜2000円弱と非常に安いのが特徴です。
別売りの安い電動モーターと併用すればさらに、ろ過能力をアップでき、カスタマイズ性にも優れています。

一般的に使われる場面は?

一般的に魚類飼育で使われることが多いです。アクアショップの生体入り水槽のほとんどは、床底フィルターを使用しているはずです。主に砂利との相性が良いのが特徴です。

スポンサーリンク

水草水槽との相性

水草水槽と床底フィルターの相性は昔から話題を集めています。基本的には「オススメしない」というアクアリストが多い印象です。理由としては以下の通り

ソイルの栄養素を吸い上げ水槽中に舞うから
水草の根がフィルターに絡まり詰まってしまう
水流が弱く淀み(よどみ)が生じる

ソイルとの相性

最も敬遠される理由は水槽内の栄養過多。厄介なコケの発生を誘発させてしまうこと、またそれらは目に見えないため、回避が難しいことが挙げられます。

水草の根とフィルターの相性

水草の根が絡まり詰まってしまう。という意見もありますが、ソイルの敷く量によるので個人差があります。
また、半年といった短いサイクルでレイアウトを変えるという方は、詰まる所まで成長はしないでしょう。

ただ、1年単位になるとやはり詰まってしまう可能性は十分にあります。
また、ソイルの劣化によってフィルターが詰まる可能性もあります。

水流について

水流の弱さは前述したように、水中モーターと併用すれば解決します。
また、外部フィルターに繋げて、さらにろ過してから排水する方法もあります。
この点においては改善策はいくらでもありますね。

スポンサーリンク

床底フィルターのみの使用は危険!

水中モーターとの併用は必須

基本セットの中身はエアー専用ストーンのみ。
別売りのエアーレーションと組み合わせて使用するのが基本となる。

水草水槽でエアーレーションを常時行うと水草に必要な二酸化炭素が不足してしまう。
したがって、床底を使用する際は水中モーターと併用し、水中内で水を巡回させる工夫が必要だ。


▲外部式フィルターと直結させるやり方

また、エアーだけでは水流が弱すぎるため、淀みの発生は避けれない。
水槽内が淀むと、コケや藍藻の発生などデメリットは多い。

床底とは別にフィルターを用意しよう

ろ過能力が高い床底フィルターだが、別にもう一台フィルターが欲しい。
理由としては、固形排泄物を除去するためだ。

床底フィルターのみでは水槽の透明度はやはり違う。
水換え時にその効果の違いは実感できるはずだ。
できるだけ、ろ過能力の高い外部フィルターを使うことをお勧めしたい。

スポンサーリンク

実際の使用感はどうなの?

管理を徹底すれば水草水槽でもアリ

水換え、コケ取り、照明時間管理をしっかり行えば、高いろ過能力を存分に活かせる。
外部フィルターと併用すると水の透明度は非常に高い。

ただし、床底に溜まった汚れを取らなければ、コケパニックは急に発生するので要注意。
▲水換えを少しサボるだけで急にコケが出てくる

水質管理は外部フィルターのみの場合よりシビアになる。

藍藻が発生すると立て直しが厳しい

ただでさえ処理が困難な藍藻(ランソウ)。
これが床底フィルターに発生すると、撲滅は非常に厄介。

床底フィルターの排水パイプ内に藍藻が発生すると
無限ランソウ排出機となってしまいます。
また、薬による処置も床底を伝って行かなければならないため、前景水草に対するダメージは非常に高いです。

▲配管内にもランソウが付着してしまったケース

この場合、毎日の水換えでも軽減は難しい上に、生体に与える負荷は大きいです。
有力としては数日間の完全遮光の処置が必要になります。

撲滅には根気強さが必要になるので、レイアウトによってはリセットも考慮した方が無難かもしれません。

結論

水草水槽に床底はオススメしない!

どのサイト、口コミでも意見が多いように、実際に運用してみると苦労さが分かりました。
どうしてもソイルの栄養が舞ってしまうため、水質管理は非常に困難です。

お金を抑えて、ろ過装置をつけたいんだ!

という気持ちで手を出す人が多いイメージですが、水槽自体を解体したり、遮光して戦うなど
苦労を考えると、オススメ出来ませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました