ドラセナを水槽内に入れるのはNG!水中化は無理!アクアショップで売られている理由

ドラセナが売られている理由アイキャッチアクアリウムネタ

ドラセナがアクアショップの水草コーナーに売られていることが多々ありますね。水中に入れられている状態で見たことはないと思いますが、袋に詰められて売られていることは珍しくありません。この草も水槽に使えるの?やってみよう!と思う方も多いと思いますが、ドラセナは水中化しません。詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ドラセナはどんな植物?水中化は?

ドラセナ販売

基本情報
育成難易度★★★★★
水中化の有無水中化はできません
分類常緑性樹木
用途・栽培方法観葉植物・アクアテラリウム
鉢など水上飼育

ドラセナは水中化できない

ドラセナは亜熱帯に繁殖する植物で、主に観葉植物として飼育されています。樹木科なため、水中化は不可能です。

水中に植えたとしても、しばらくすると葉っが溶け始めて枯れてしまうでしょう。葉がアヌビアスナナなどの有茎草のように堅いため、水中化に期待してしまいますが、不可能なので諦めましょう。

水にひたして良いのは根より下の部分になります。
葉は水上に出るようにしてあげましょう。

アクアリウムを始めた人は割と引っかかるドラセナトラップ。

育成は容易

ドラセナはインテリアとして室内に置かれることも多い植物です。日光条件も厳しくなく、室内の蛍光灯なら十分に育ちます。ただし、白熱球などの暗めの部屋では葉が垂れてくるなどの成長障害を起こすことがあります。

水やりは乾きすぎがNG

ドラセナは水をあまり与えなくても生き続けられますが、さすがにカラカラの状態がずっと続けば枯れます。
土が乾いたら閉める程度にあげる。
を心がければ枯れることはないでしょう。水をあげすぎると白カビなどの原因になるので要注意です。

スポンサーリンク

ドラセナがアクアショップで売られている理由

アクアテラリウムで用いることがある

侘び草のように水上に配置する意味でドラセナが用いられることがあるそうです。
実際、そのようなレイアウトを見たことは皆無ですが・・・。

アクアリストが並行して行うことがあるテラリウムでは用いられることは少ないですが、ドラセナだけをポットに入れて飾るという方は少ないくない様子。

ドラセナを生かしたレイアウトはかなりセンスが求められると思います。また、水質が悪化するのは避けられないので、適度な水換えと根の洗浄は必須です。

オリズルランにも注意が必要

ドラセナにそっくりな小ぶりな植物にオリズルランがあります。

オリズルラン
もはや袋から出されたら、どちらがドラセナなのかオリズルランなのか見分けに自信がないくらいそっくりですね。オリズルランも水中下はできませんので、間違えて水槽に入れないように注意しましょう。

スポンサーリンク

水槽にドラセナを活用した事例

フィルターに植樹

テラリウムに起用

タイトルとURLをコピーしました