INNOVATE AQUARIUM AWARDに参加しよう!参加方法やルールを解説

フレイムモスの活着と増やし方やレイアウト事例などの育て方

フレイムモスの活着と増やし方

フレイムモスは名前の如く炎をイメージするように上へと伸びていくコケの種類になります。熱帯魚にとって隠れ家になりやすく寝床として人気が高い特徴があります。(魚から人気のある品種って面白いですね)そんなフレイムモスの基本的な育て方や増やし方、使用レイアウトをご紹介していきます。

目次

フレイムモスの特徴と育成条件

フレイムモス
フレイムモスの情報
分類ハイゴケ科
学名Taxiphyllum.sp
類似水草
別名
葉の大きさ葉幅2mm程度
長さ5cm〜15cm
育成難易度
成長速度早い
レイアウト配置中景〜後景
温度22〜26度
水質5.0〜7.5
硬度0〜4
二酸化炭素(CO2)あった方が良い
光量/照明光量が高い方が増える
増やし方千切ればOK
参考価格850円〜

フレイムモスは縦に伸びていく

フレイムモスの伸び方

フレイムモスはモスの中でも特殊で、ウィローモスや南米ウィローモスのように横に張って伸びていきません。多少左右に広がりますが、広範囲に増殖させる場合は適度なトリミングと巻き直しが必要になります。

フレイムモスは生体の隠れ家になる

バジスバジスとフレイムモス

フレイムモスは魚やエビの隠れ家になりやすいです。また、ウィローモスに比べてシュリンプが群がる率が高いので、シュリンプ水槽にもおすすめ。ウィローモスよりフレイムモスの方が美味しいのでしょうか?

フレイムモスの活着と植え方

接着剤は不要でテグスで巻き付けるだけでOK

フレイムモスは活着する力が非常に強い水草です。また、フレイムモス同士は絡み合いやすいので活着していない状態でも抜けづらい性質があります。したがって接着剤を使用することなく、隙間に差し込むか、テグスで巻き付けるだけで良いです。

散りばめて育成を始める

フレイムモスを使ったレイアウト

フレイムモスは小さな切れ端からでも徐々に成長していきます。ひとつの塊から育成を始めるのも良いですが、トリミングして再度活着させるまでに時間を有するので量を増やす意味では最初から少量に分配した状態で育成を始める方がおすすめです。

フレイムモスの育て方と増やし方

フレイムモスに必要な光量

水草に必要な光量
水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300~500lm588~1,176lm
45cm750~1,000lm1,500~2,000lm
60cm1,000~2,000lm2,550~3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

フレイムモスはLEDライト1本でも十分に育ちます。さすがに低光量すぎると成長よりも前にコケまみれになって枯れてしまう場合があるのでライトの位置やルーメンは気にする必要があります。

おすすめのLEDライト

品質ライト名規格別 詳細
ライトランク水作ライトアップライトのサイズライトのサイズ
ルーメン588〜936lm
ライトランクGEXクリアLEDパワーⅢライトのサイズライトのサイズ
ルーメン500~1000lm
ライトランクアクロ TRIANGLE LED GROWライトのサイズライトのサイズ
ルーメン1000~3000lm
ライトランクChihiros wrgb2ライトのサイズライトのサイズ
ルーメン2300~4500lm

フレイムモスにCO2は必要?

CO2を添加することで光合成が活発化し、綺麗な新芽をどんどん展開してくれるようになります。また、気泡がついたベトナムゴマノハグサも美しいですよ。綺麗な色味、形状をキープしたい。増やしたい場合はCO2は必ず添加した方が良いでしょう。

発酵式やり方
ボンベ式のやり方
炭酸水のやり方
化学式のやり方

フレイムモスは無闇にトリミングしない

ウィローモスは茶色くなっている部分や少し痛んだ部分をトリミングすることで成長を促進させることはよく言われますが、フレイムモスは成長が遅いタイプなので無闇にトリミングしすぎると成長が止まってしまいます。成長が進み、育て始めより2倍程の長さになったらトリミングし、別の石や流木に巻き付けて増殖を狙いましょう。

フレイムモスが育たない・伸びない原因

トリミング頻度が多い

先述したようにトリミング頻度が多いと成長が止まる傾向にあります。忍耐強く長い目で成長を見守りましょう。

光量(白調光)が強すぎる

モス系に共通する所ですが、白の調光が強すぎると成長せず枯れてしまう場合があります。LEDの種類にも気をつけましょう。蛍光灯ではほぼ間違いなく成長するので、モス重視の場合は蛍光灯タイプを選ぶのもおすすめ。

ゴミが溜まりすぎている

汚れたフレイムモス
▲魚の寝床になりやすく糞が溜まりやすい

フレイムモスは熱帯魚の寝床やたまり場になりやすく、糞が滞留しやすいです。糞がたまりすぎるとフレイムモス自体が光合成出来なくなってしまい枯れてしまいます。

水換えの際はピンセットでフレイムモスを揺らし糞を取り除いてあげましょう。直接プロホースで吸いあげようとすると活着したが剥がれてしまう場合があります。

フレイムモスを使ったレイアウト

フレイムモスを使ったレイアウト

SNSに投稿されているフレイムモスレイアウト

フレイムモスのトリミングしないと。。#ねすこん pic.twitter.com/ntI1z5eBFl

— 小林/Kobayashi (@Kobayashiclub) June 22, 2020

久しぶりのトリミング!フレイムモスが散らばって大変。 pic.twitter.com/lVEltqtiHi

— あおき (@aOkI_0_6) September 19, 2016

寝そべってみた(:3_ヽ)_

30cmキューブ水槽のフレイムモスやばくないですか(笑)アフロじゃん(笑) pic.twitter.com/Pzoj4PSlqZ

— 。○ SACHI ⋆。˚ (@Aqua7516YK) March 12, 2019

フレイムモスの販売価格

ショップでの価格はバラバラ

地方では小さな石について600円前後で売られている場合もあるが、都内では1000円オーバーはザラ。ショップ平均としては1000円前後が目安かもしれません。

冒頭で説明したように、熱帯魚やエビなど生体の隠れ家になりやすいフレイムモス。ショップで購入するとスネールやミズゲジがついているケースがあります。水槽に入れる前に必ず洗うようにしましょう。

ネット価格は1500〜2000円

フレイムモスはオンラインショップでは送料込みで1500〜2000円で販売されている。スネールやミズゲジなどの混入を避けたい方は培養カップで売られているのでそちらでスタートさせるのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次