水槽の水垢は100均のクエン酸ウロコ取りで綺麗に取れる!絶対買った方が良いグッズ

水槽の蓋や縁についた水垢やウォータースポット取りに困っていませんか?最初のうちはメラニンスポンジや精製水で綺麗に落とせますが、時間の経過と共に取れなくなっていきますよね。下手に擦って傷つけたら見栄えも悪い。そんな不安要素も全て拭いとってくれる商品が100均にありました。水垢やウォータースポット取りに苦戦している方は必見です!

目次

ウロコ取り製品多すぎ問題

100円ショップにはほぼ見た目は同じのウロコ取り商品がいっぱい。削れば良いだろ?という考えだけで買うと100円ショップのじゃ水垢は落ちないと思ってしまいがち。ちゃんと落ちる商品あるので注意しましょう。

迷ったらクエン酸入りを買え

水槽の水垢取りにおすすめな商品

筆者が購入したのはダイソーの「ダイヤモンドでクエン酸配合ウロコ取り」という商品。商品名の文体がめちゃくちゃなので、SEO的に考えたらアウトだが、性能は抜群。

クエン酸がめっちゃ効く

水垢の正体は「炭酸カルシウム」というのは有名な話。炭酸カルシウムはクエン酸でゴリゴリ落とすことが出来るので、ウロコ取りはクエン酸入りを選ぶようにしましょう。説明文にコーティング加工されたガラスには向いていませんと書かれているが、水槽はコーティング加工されちゃいない。大丈夫だ。

水垢のついた水槽のふた▲水垢がこびりついた水槽の蓋

綺麗に水垢が落ちた▲5分磨いた結果。めちゃくちゃ綺麗。

100均のクエン酸配合ウロコ取りの使い方

水を垂らして擦る

水槽ウロコ取りのスポンジ

水を垂らさないと炭酸カルシウムとクエン酸が反応しないぞ。ただダイヤモンドヤスリが消耗していくだけなので指でポタポタ垂れる程度に濡らそう。ちなみにこの類の商品は少し擦っただけじゃ落ちない。しつこいくらいに擦ってピカピカになるので、根気が必要ということを頭に入れておいて欲しい。

一定方向に往復して擦る

ウロコ取りの作業の仕方

円を描くように擦る人がいますが、それをやると傷が残る場合があります。(経験あり)一定方向に往復する形で削るようにしましょう。気になる部分は細かく素早く擦ると落ちます。
終わったあとはクエン酸が水槽内に混入しないようにしっかり拭き取りましょう。

まとめ

商品探しはバーコードでできる!

100均ウロコ取りバーコード

如何だったでしょうか?一家に3個くらいは常備しておきたいクエン酸ウロコ取り。ただのダイヤモンドヤスリじゃダメなんですねぇ。(経験者語る)ダイソーであれば上記のバーコードを店員さんに見せるだけで在庫確認をしてくれますよ!(全く同じ商品じゃなくてもクエン酸配合のウロコ取りがあるかもしれません。)

精製水でも綺麗になる

こびりついてないウォータースポットなら精製水とタオルだけでも綺麗に落とすことができます。精製水もスーパーや薬局で100円程度で買えるのでおすすめ。水槽の側面を綺麗にしたい時にぜひやって見て下さいね!

あわせて読みたい
水槽のガラスのシミや水垢の取り方は?精製水で手入れしよう! 【水槽のガラスシミは純水で落とそう】 水換えなどで水槽のガラスが濡れることは多いと思います。その都度、ガラスを拭いていても気づいたらシミ(ウォータースポット)...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる