ポゴステモンダッセンの育て方や増やし方/トリミング方法を紹介

ポゴステモンダッセンの育て方生体・熱帯魚

ポゴステモンダッセンは水草レイアウトで中景〜後景で使われる赤系よりの水草です。この記事ではポゴステモンダッセンの育て方や増やし方についてまとめています。

スポンサーリンク

ポゴステモンダッセンの基本情報

ポゴステモンダッセンの基本情報
分類シソ科
ミズトラノオ属
学名Pogostemon sp. ‘dassen’
別名エウストラリス・ダッセン
オランダプラント・ダッセン
育成難易度★★★・・
成長速度遅い
レイアウト配置中景〜後景
水温20〜26度
水質(pH)5〜7
硬度(GH)0〜6
二酸化炭素(CO2)あった方が良い
光量/照明強い方が望ましい
増やし方枝分かれ
差し戻し
参考価格700円/3本〜

エウストラリス・ダッセンとしても流通

ポゴステモンダッセンは現在、ネット通販においてエウストラリス・ダッセンとして流通していることがほとんどです。メルカリ直営ショップではポゴステモンダッセンとして販売されていることが多く、ポゴステモンダッセンとして認知している人は多いです。

黄色から赤色に変わる姿が華のよう

ポゴステモンダッセンは針のように鋭く細かい葉先が特徴的な水草です。環境に馴染み色が上がっていくと黄色から赤色にかけて染め上がっていきます。見頃となったポゴステモンダッセンは花のように魅力的な姿になります。

スポンサーリンク

ポゴステモンダッセンの育て方

ポゴステモンダッセンの必要光量

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300〜500lm588〜1,176lm
45cm750lm〜1000lm1,500〜2,000lm
60cm1000lm〜2,000lm2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

赤みを出すなら高い光量が必要です。光量が足りないとちょっと暗い緑っぽい色になってしまいます。

二酸化炭素(CO2)は必須

ポゴステモンダッセンをレイアウトに使うということは鮮やかさを出したいということだと思います。その場合、CO2添加は必須でしょう。生存維持だけを目的とするならなくても良いです。

ポゴステモンダッセンを赤くするには

ポゴステモンダッセンは先述した高い光量、二酸化炭素(CO2)に合わせて、pHを低めに設定してあげるのがおすすめ。pH6〜7の間が理想です。それでも赤くならない場合は、硬度もチェックしましょう。

スポンサーリンク

ポゴステモンダッセンを使ったレイアウト

60cm水槽

nakの60cm水槽引用:凸構図ロタラ系含む10種以上の水草を使った60cm水槽レイアウト【nak作】

凸構図ロタラ系含む10種以上の水草を使った60cm水槽レイアウト【nak作】
グリーンロタラ、ロタラsp.hra、ロタラspバングラディッシュ、ロタラナンセアンなどロタラをメインとして10種以上の水草を使った60cm水槽のレイアウト立ち上げ紹介になります。凸構図を意識したレイアウトになるので、これから60cm水槽を立...
この記事に携わった人
Ruby

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

Rubyをフォローする
生体・熱帯魚
スポンサーリンク
Rubyをフォローする
アクアリウムを楽しもう
タイトルとURLをコピーしました