ミクロソリウムナローリーフのトリミングの仕方や植え方・流木の活着方法など

ミクロソリウムナローリーフは初心者でも育てやすい水草です。この記事ではミクロソリウムナローリーフの育て方やレイアウト、トリミングの仕方、co2の必要性や必要光量などを紹介していきます。

目次

ミクロソリウムナローリーフの特徴

ミクロソリウムナローリーフ

ミクロソリウムナローリーフの情報
分類 ウラボシ科
ヌカボシクリハラン属
学名 Microsorum pteropus Narrow
別名 ミクロソリウムプテロプス・ナロー
ミクロソラム
ミクロソリム
育成難易度 ★★・・・
成長速度 ゆっくり
レイアウト配置 中景
水温 20〜26度
水質(pH) 6.5〜7.5
硬度(GH) 0〜3
二酸化炭素(CO2) なくても育つ
光量/照明 あった方が良い
増やし方 株分け
参考価格 1500円〜

ミクロソリウムの中でも細い葉

ミクロソリウムナローリーフはいくつか種類のあるミクロソリウムの中でも葉全体が細長いのが特徴。群生する姿はとても綺麗なので、メインとして起用することも不自然ではありません。レイアウトのワンポイントとして中景に差し込むような形で起用される事も多いです。

丈夫でco2なしでも育つ

ミクロソリウムナローリーフは陰性水草の代表格。高い光量もいらず、co2もなくたって比較的キレイに維持することができます。水槽に水草を入れてみたいと思う方に導入としてもおすすめできます。

ミクロソリウムナローリーフの育て方

ミクロソリウムナローリーフの必要光量

水槽規格 まぁまぁ育つ 十分育つ
30cm 300〜500lm 588〜1,176lm
45cm 750lm〜1000lm 1,500〜2,000lm
60cm 1000lm〜2,000lm 2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

ナローリーフは成長が遅いため、できるだけ高い光量を用意しておいた方が健康的に育ちます。

ナローリーフに二酸化炭素(co2)は必要?

レイアウト維持をする意味ではco2が無くても運用することは可能です。しかし、成長速度が遅いため、co2があった方が増殖、綺麗な維持がしやすいでしょう。

あわせて読みたい
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】 水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言...
あわせて読みたい
発酵式co2を自作するには?必要な材料や二酸化炭素が出ない時の対処法を紹介 水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜3...

ナローリーフの増やし方

葉の裏から子株が出る

ミクロソリウムナローリーフはウラボシ科の水草でシダの系統である植物です。ウラボシというのは葉の裏に胞子のう郡ができる姿を星に見立ててウラボシ科と呼ばれるそうです。ナローリーフは葉の裏に「胞子のう」をつけ子株を増やしていくスタイルになります。

ナローリーフのトリミング

ミクロソリウム・ナローリーフ葉を途中から切ると平らな状態(切り口)が目立ってしまいます。葉っぱは斜めに切ることで違和感をなくすことができます。切ったところが傷んでいるようなら思い切って根本から切ってしまいましょう。

接着剤で活着させる

ミクロソリウムは活着しやすい水草ですが、緩やかに成長するタイプなので接着剤を使ってしまった方が立ち上げ時や後のメンテは楽だったりします。アクアメーカーから出している接着剤を使用することをおすすめします。

テグスで活着させても良い

立ち上げに面倒なだけであってテグスで活着を狙ったって問題ありません。しっかり巻き付けないとミクロソリウムのコケを取っている時や活着物ごと水槽から取り出してメンテナンスする時等に解けてバラバラになる事があるので注意。モスコットンはちぎれやすくエビにも食べられやすいのでおすすめしません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる