ルドヴィジアレペンスルビンを赤く育てる方法|co2・トリミング・レイアウト

赤系の水草の中でも管理しやすいルドヴィジアレペンスルビン。初心者でも管理はしやすいですが、大きくなりがちなので水槽スペックと維持に課題が残る水草です。この記事はルドヴィジアレペンスルビンの赤くする育て方やトリミングの仕方、co2の有無などを紹介していきます。光量や増やし方を知りたい人は参考にご覧下さい。

目次

ルドヴィジアレペンスルビンの特徴

ルドヴィジアレペンス”ルビン”の情報
分類 アカバナ科
チョウジタデ属
学名 Ludwigia repens “Rubin”
別名
大きさ 葉の長さ3cm〜5cm
葉の幅3cm前後
育成難易度 ★★★・・
成長速度 普通
レイアウト配置 中景〜後景
水温 20〜26度
水質(pH) 5.5〜7.0
硬度(GH) 0〜3
二酸化炭素(CO2) あった方が良い
光量/照明 強い方が良い
増やし方 ピンチカット
差し戻し
参考価格 550円〜

管理しやすい赤水草

ルドヴィジアで赤といえばスーパーレッドが有名ですが、ルドヴィジアレペンスルビンもぜひおすすめしたい赤系水草です。葉の大きさは3cm以上になる場合があり、かなりボリューミーに感じます。大きい水槽で中景や後景に差し込むと良い差し色になりますが、小型水槽はバランスを取るのがちょっと難しいかもしれません。

赤みを出しやすい

赤系のルドヴィジアの中でも色を出しやすい品種です。しかし、暗いと感じるレベルだとやはり色乗りは悪くなりやすいですし、購入時より色が落ちてしまうこともあります。必要な光量については下記を参考にしてください。

ルドヴィジアレペンスルビンの育て方

ルドヴィジアレペンスルビンの必要光量

水槽規格 まぁまぁ育つ 十分育つ
30cm 300〜500lm 588〜1,176lm
45cm 750lm〜1000lm 1,500〜2,000lm
60cm 1000lm〜2,000lm 2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

赤系といえば十分育つレベルで高い光量が欲しいところですが、レペンスルビンはまぁまぁ育つレベル(そこそこなLEDライト1つ)でも綺麗に育てることは可能です。

pHは低めに設定しよう

植えたばかりのレペンスルビンの調子が悪い場合はpHを下げてみましょう。特に石組をガッツリしているレイアウトだとpHの高さが不調の原因である場合があります。その場合はpH下降剤やヤシャブシの実やフウの実を入れて下げてみるのが得策です。pHを0.1下げただけで成長し始めることもあります。

二酸化炭素(co2)は必要?

co2がある方が成長は促進されるため、水上葉なら比較的早く水中化が期待できます。ただ、添加しすぎると肥大化していく場合があります。

あわせて読みたい
発酵式co2を自作するには?必要な材料や二酸化炭素が出ない時の対処法を紹介 水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜3...
あわせて読みたい
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】 水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言...

レペンスルビンの床底、肥料

ルドヴィジアレペンスルビンは低pHを好むので、大磯砂よりもソイルで育てる方がおすすめです。肥料は固形肥料の方がコントロールはしやすいですが、色合いを見て液肥で鉄分やカリウムの追加を行うと良いでしょう。

レペンスルビンの増やし方

ルドヴィジアレペンスルビンはピンチカットと挿し戻しによって増やすことができます。今の水草配置を崩さずボリュームを出したい場合はピンチカット(根元を抜かずにトリミングするだけ)をしてボリュームを出しましょう。本数を増やす、ルドヴィジアレペンスルビンの植える領域を増やす目的がある場合は挿し戻しを行うようにしましょう。


ピンチカット

単純なトリミングを指します。ルドヴィジアレペンスルビンなどの有茎草は切った部分から枝分かれのように増えていきます。その性質を利用してカットして増やすことをピンチカットと呼びます。


挿し戻し

トリミングした部位(本来なら破棄する草)をそのままソイルに植えることを挿し戻しと言います。茎だけで枯れないの?と思うかもしれませんが、指した部分から根が出てくるので、ほとんどの有茎草は挿し戻しで増やすことができます。挿し戻しは水草のボリュームを増やすだけでなく、生えている領域を増やす目的で行われます。

レペンスルビンのトリミング

ルドヴィジアレペンスルビンのトリミングは古く痛んだ葉の切り落とし、または茎部分を切りましょう。色乗りが悪い時、苔がたくさん付いてしまった時なども気になる部位から切り落とすと綺麗な新芽を出すことがあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる