クリプトコリネ・バランサエの育て方と植え方|水流やトリミングについて

クリプトコリネバランサエの植え方と育て方生体・熱帯魚

この記事ではクリプトコリネ・バランサエの植え方や大きさの活着方法、バランサエを使ったレイアウト、トリミングの仕方などの育て方全般を紹介しています。

関連記事

クリプトコリネは活着する?クリプトコリネの種類ごとの大きさや育て方を紹介!
クリプトコリネは非常に多くの種類があり、前景から後景まで用いることができる水草です。ほとんどの種類がco2なしでも育つ水草としても有名で初心者でも育てやすい一面があります。この記事ではクリプトコリネの修理や特徴、増やし方や活着ができるのか?...
スポンサーリンク

クリプトコリネ・バランサエの特徴

クリプトコリネバランサエ

クリプトコリネ・バランサエの情報
分類サトイモ科
クリプトコリネ属
学名Cryptocoryne Crispatula var.balansae
別名
大きさ葉の大きさ15cm〜
60cm以上にも成長
育成難易度★★・・・
成長速度ゆっくり
レイアウト配置後景
水温20〜26度
水質(pH)5.5〜7.5
硬度(GH)1〜3
二酸化炭素(CO2)なくても育つ
光量/照明暗くても育つ
増やし方株分け
ランナー
参考価格350円〜

後景向きの陰性水草

クリプトコリネ・バランサエの葉幅は狭く長くなっていくタイプ。全長は60cm以上と大きく後景に向いています。価格は安め。レトロスピラリスに類似します。バランサエは成長していくとライトグリーンからダークグリーンへと変化していきます。

管理しやすいが大型水槽が欲しい

成長すると50、60cmと葉が長くなるため、60cm以上の水槽がおすすめ。ただ、成長が緩やかなので、小型なうちは30cmキューブなどの水域が広い水槽で育てるのもあり。

スポンサーリンク

クリプトコリネ・バランサエの育て方

クリプトコリネ・バランサエの植え方

クリプトコリネ・バランサエは大型になる水草なので、株同士の間隔は広めの方が良いでしょう。多少の感覚があっても成長するにつれて違和感がなくなってきます。大磯砂でも育ちますが、植える際は株を傷つけないように上から被せるようにするのが良いでしょう。ソイルといった柔らかい土壌であればピンセットで差し込んで問題ありません。

クリプトコリネ・バランサエの必要光量

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300〜500lm588〜1,176lm
45cm750lm〜1000lm1,500〜2,000lm
60cm1000lm〜2,000lm2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

クリプトコリネ・バランサエは陰性水草のため、あまり高い光量は必要ありません。

クリプトコリネ・バランサエに二酸化炭素(co2)は必要?

co2がある方が成長は促進されるため、比較的早くランナーを伸ばしてくれます。綺麗に見せる、増やす、どちらの側面で見てもco2はあった方が良いでしょう。

水草水槽に自作CO2(発酵式)添加装置を作ろう!必要な材料や出ない時の対処法を紹介!
水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜30円程度なので初めてCO2を水草水槽に添加したい人はぜひ参考にしてお試しくだ...
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】
水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言われるものが主流ですが、もっと簡単に手ごろにできるのが炭酸水を活用した方法です...

クリプトコリネ・バランサエの床底、肥料

クリプトコリネ・バランサエは成長が緩やかな品種がほとんどです。したがって大磯砂でも十分育ちます。肥料は液肥よりか固形肥料の方がコントロールはしやすいでしょう。

クリプトコリネ・バランサエの増やし方

クリプトコリネ・バランサエは株分け、ランナーで増えていく水草です。放っておいても増えていきますが、増殖を促進させたいなら葉2~3枚ほどある部分のランナーを切断しましょう。もっさりし過ぎたら一度抜いてから根の部分を切り離して植え直すのが良いでしょう。

クリプトコリネ・バランサエのトリミング

茂ってくるとどこから切ったら良いか分からなくなるものですが、優先すべきは古い痛んだ葉や糸状苔や髭苔といった厄介なものが着いている葉からから切り落としましょう。痛んで穴が空いていたり、かけてしまっている、溶け始めている葉も落としていきましょう。放っておくと全体が枯れてしまいます。

長さ調整をする場合は葉に対して平たく切るのではなく斜めに切ると違和感がありません。

クリプトコリネ・バランサエを使ったレイアウト

タイトルとURLをコピーしました