髭ゴケに悩んだらサイアミーズフライングフォックス!失敗しない育て方と混浴相性も紹介!

生体・熱帯魚

髭ゴケに悩んだら候補に上がる生物兵器サイアミーズフライングフォックス。多くのアクアリストがメンテナンスフィッシュとして起用する人気のある熱帯魚です。草食性が強く髭コケ以外にも多くのコケを食べてくれる優れた魚です。

スポンサーリンク

サイアミーズフライングフォックスの基本情報

サイアミーズフライングフォックス

基本情報
大きさ4〜15cm
水質 弱酸性~中性
水温22度〜28度
寿命約3〜5年
コケ取りとして水槽に入れる目安
30cm水槽1匹
45cm水槽2匹程度
60cm水槽2〜4匹程度

サイアミーズのコケ取り対応早見表

サイアミーズの食べる種類
茶ゴケ餌がなければ食べる
黒髭苔 餌がなければ優先的に食べる
糸状苔/アオミドロあんまり食べない
珊瑚苔まれに食べるがほぼ食べない
藍藻食べることはない
水槽のコケを食べる生物兵器の早見表を公開!厄介な珊瑚苔や藍藻の除去に向いているのは?
水槽に発生する茶ゴケやアオミドロ、藍藻、サンゴ(珊瑚)苔の処理に向いている生体を紹介しています。コケ(苔)の種類に応じておすすめの生体(サイアミーズやモーリー、プレコ、エビ類など)を解説しているので水槽管理の参考にしてください。
スポンサーリンク

サイアミーズフライングフォックスの特徴

サイアミーズフライングフォックスの価格

サイアミーズフライングフォックスはアクアショップなら1匹90円〜280円とかなり価格帯に幅があります。平均価格として150円程度を見ておくのが良いでしょう。オンラインショップでは1匹あたり180円+送料になります。まとめ売りが多く単価間で言うと1匹あたりにかかる費用は200円程度になります。

ヒゲ苔/黒髭ゴケを食べる魚

ヒゲ苔

黒髭苔と言えば、サイアミーズフライングフォックスと言われるくらい黒髭苔対策に使われる魚。その他にも糸状コケや茶ゴケも食べ尽くしてくれ、コケ取り生体の代表格になります。

類似する魚「モツゴ」も食べる

河川で捕まえることができる、サイアミーズフライングフォックスに姿を似たモツゴも黒髭ゴケを食べることがあります。ただ、ヌマエビや小さいメダカなども食べてしまうので、コケ取り生体としては向いていません。

サイアミーズフライングフォックスは巨大化しやすい

巨大化したサイアミーズ

サイアミーズフライングフォックスはコイ科のため、水槽の大きさに合わせてどんどん大きくなります。最大で15cmほど。7cm台になると胴体も太くなるので迫力は凄いです。

混浴には注意が必要

先述したようにサイアミーズフライングフォックスは大きくなっていく魚です。大きくなるほど縄張り意識も強くなり、ほかの魚を追い掛け回したりします。さらに雑食性が高いため、ヒレをかじってしまうことも。水槽に入れるタイミングはできるだけ後の方が良いでしょう。

サイアミーズフライングフォックスが動かない時

サイアミーズが寝てる時▲水草に身体をつっこんで休んでいる様子

サイアミーズフライングフォックスが動かないでじっとしている時は寝ている場合が多いです。点灯時間中は泳ぎ回っていますが、消灯時間間近や点灯時間直後は寝ている場合が多く、流木の上や砂の上でじっと休めている姿を確認することが出来ます。

スポンサーリンク

サイアミーズフライングフォックスの導入の注意点

水槽立ち上げから入れない

サイアミーズフライングフォックスは大きくなるほど縄張り意識が強くなるため、立ち上げ直後にメンテナンスフィッシュとして導入することは控えた方が良いです。後から入れた魚が追いかけられる可能性が高くなります。

サイアミーズフライングフォックスの性格は様々

縄張り優先度を無視して場を荒らす図々しい個体もいます。逆に最初から水槽にいるのにも関わらず隠れたり、たどたどしい行動する控えめな個体も存在します。

餌付けをすると苔を食べなくなる

個体によると言ってしまえば全てに当てはまりますが、餌付けをすると黒髭苔を食べなくなる可能性があります。そもそも苔の好みにも優先度があるため、餌の方が良いと思ってしまえば食べなくなるのは当然です。ちなみに個体によっては最初から黒髭苔を食べないものも存在します。

蓋は絶対にすること

自作した蓋

サイアミーズフライングフォックスは俊敏性が非常に高く、周囲への反応も過敏な生体です。なにかにびっくりした拍子に水槽から飛び出すことは日常茶飯事なので隙間が一切生まれないように蓋をする必要があります。

飛び出し事故
▲飛び出して干からびてしまった事案

サイアミーズフライングフォックスがコケを食べない時

餌付けの頻度を減らしてみると良いでしょう。人工餌がなければ餓死してしまうなんてことは滅多になく、必ずコケなどを食べるようになります。また、ヒゲ苔が硬くて食べられない場合もあるので、オキシドールで苔を弱体化させることで食べることを促すことも狙えます。

 

タイトルとURLをコピーしました