ハイグロフィラsp.ラトナギリの育成や活着方法・ピンナティフィダの違いは?

ハイグロフィラナトナギリ生体・熱帯魚

この記事ではハイグロフィラsp.ラトナギリの育成方法や活着方法などを紹介しています。また、ピンナティフィダとの違いも紹介しています。参考にご覧ください。

スポンサーリンク

ハイグロフィラsp.ラトナギリの基本情報

ハイグロフィラsp.ラトナギリの基本情報
分類キツネノマゴ科
オギノツメ属
学名
別名
育成難易度★★・・・
成長速度普通
レイアウト配置中景
水温20〜28度
水質(pH)6〜7.5
硬度(GH)3〜6
二酸化炭素(CO2)ほぼ必須
光量/照明強い方が好ましい
増やし方脇芽による増殖
トリミングと差し戻し
参考価格1株300円〜

ピンナティフィダとの違いは?

ハイグロフィラピナティフィダとハイグロフィラsp.ラトナギリは同種扱いとされることが多いですが、ラトナギの葉方が切れ込みが浅くギザギザ見える等、違いを見つけることができます。

ハイグロフィラsp.ラトナギリの必要光量

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300〜500lm588〜1,176lm
45cm750lm〜1000lm1,500〜2,000lm
60cm1000lm〜2,000lm2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

ラトナギリは光量が低すぎると葉が細すぎたり見窄らしい姿になりやすいです。水槽サイズに合わせた高い光量は確保したいものです。

タイトルとURLをコピーしました