Majoreal外部フィルターを購入してみた(Amazon)

フィルターアイキャッチアクアリウムネタ

Amazonに存在するコピー商品たち。
今回はエーハイム(EHEIM)外部式フィルターによく似た商品「Majoreal水族館外部フィルター」について書いていきたいと思います。
商品詳細やレビューでは分からない裏側を記載しています。
購入の参考にご活用ください。

スポンサーリンク

Majoreal外部フィルターのスペック

フィルターHW-603

適用水量(推定)100L
吸排水口内径14mm
吸排水口直径16mm
ろ材の有無無し
モーター有無無し

Amazonの商品詳細と実際の大きさが異なる

商品詳細では吸排水口の直径は12mmと表記されていたが、実際は16mm。

なんと4mmもの誤差があった。

内径は14mmと流通している物と比べても2mm大きい。

スポンサーリンク

別品モーターが必要

購入するまで分からなかった情報です。

商品詳細、写真を見ても、どこにも別モーターの必要性が明記されていなかった。

そのため、筆者はエーハイム2213といった商品のように、モーター一体型の外部式フィルターと考えた。

また、商品詳細には定格電圧が記載されていたため、普通ならばフィルターそのものに吸水モーターが付いていると考えるだろう。

▲実際中身を見るとモーターは付いておらず、電源コードさえない。

説明書

中国語で書かれた説明書を見てみると、なんと水槽の中にある別モーターの姿が!

もちろん吸水モーターは付属していない。

スポンサーリンク

付属スポンジの形状が雑

あらかじめ商品詳細にてボックスの中身はスポンジのみで構成されていることは了承済み。

購入後全てのスポンジを出し、ろ材を自分で入れて調整しようと思っていました。

そして実際スポンジを全て出してみると驚きの姿が・・・。

 

なんとほぼ全てのスポンジの形状がおかしいことに。

もちろん持ち手で潰している訳ではありません。

粗悪としか思えない代物で思わず笑ってしまいました。

また、少し油が付着していたようで滑り気も。

もし使う場合は、スポンジは全て破棄し、市販で売っているろ材やスポンジを購入して入れましょう。

スポンサーリンク

内径16mmホースが必要

給排水口の直径が16mmのため、内径16mmのホースでないと繋ぐ事が出来ません。

参考までにフィルターの大きさごとの適正ホースをご覧ください。

内径外径
小型フィルター8〜9mm10〜12mm
中型フィルター12mm16mm
大型フィルター16mm22mm

フィルターの大きさに対して極太のホースが必要となるため、水槽の大きさによっては景観を損ねる場合も。

また、ホースに合わせた吸水モーターと併用となるため、必然的に水流も強くなります。

フィルター自体が耐えられるかといった課題も出てきます。

スポンサーリンク

結論:フィルター使用できず

・大型フィルター用(16mm/22mm)ホース

・内径16mmの吸水モーター

上記の2つが必要とわかりました。

わざわざこの商品のために2つを購入するには割が合いませんので、筆者は今回使用せず破棄することに決めました。

それに合わせたろ材やスポンジ、さらには加工と色々な手間を考えると2500円は勉強代してAmazonに寄付したと思えば良いかなといったところ。

新しい外部フィルターが欲しい!

外部フィルターを導入したい!

という方は間違いなく買わない方が良い商品です。

ちゃんとした外部フィルターを選びたい方は以下を参考に!

 

タイトルとURLをコピーしました