失敗たくない人向け30cm水槽おすすめ外部フィルターランキング【9月最新】

小型水槽向け外部フィルターアイキャッチアクアリウムネタ

30cm水槽は小型水槽だから外付けフィルターやロカボーイのみで運用されている方も珍しくありません。しかし、水草水槽を行う上ではやはり濾過能力が高いほど安定した管理を行うことができます。この記事では各種代表的な外部フィルターを使用面と費用面の2項目からおすすめな順番を紹介しています。

スポンサーリンク

30cm水槽に合う外部フィルターの選び方

水量にマッチしたものを選ぼう

中型水槽になるとリリィパイプなどを使って水流コントロールができますが、30cm以下の小型水槽になるとリリィパイプなどの水流コントロールできるパイプが付けられない、景観を邪魔するなどの理由で設置が困難の場合があります。水流が強い中型フィルターをつけると水草が抜けてしまう、魚やエビが休むことができないなどの要因になります。濾過能力が高いフィルターほど吸水量や排水量が多い点に気をつけましょう。

水中フィルターとの違い

外部フィルターの購入を検討している方は水中フィルターと比較検討している場合もあると思います。水草水槽を立ち上げる上で水中で濾過循環を完結させられる点はどちらも一緒です。しかし、濾過能力やレイアウトできる水域の確保を重視したいなら外部フィルターがおすすめです。一方で手入れを重視する場合、フィルター交換だけで良い水中フィルターの方がおすすめと言えます。下記に目的別に比較表を用意したので参考にご覧下さい。

外部フィルター水中フィルター
濾過能力
水域確保×
手入れ
スポンサーリンク

30cm水槽におすすめの外部フィルターランキング

第7位 エーハイム クラシックフィルター2211

エーハイムクラシックフィルター2211は濾過能力が非常に高い外部フィルターです。30cm水槽だけでなく45×27cm水槽や60×20cm水槽ぐらいまで対応出来るフィルターです。水流が強めなので排水口を壁に当てる、粗めスポンジを挟み込みなどの工夫をしましょう。

水中モーターがないので、水槽内を広々使うことが出来るメリットがある一方、サイフォンの原理を使ったフィルターのため、水槽横に設置できないのが難点。また、導入時には呼び水が必要になるので初心者には取っ付き難いフィルターです。

エーハイム2211はサブフィルターも存在します。サブフィルターにはモーターが付いていないので、1台で稼動できません。クラシックフィルターを購入しましょう。

第6位 パワーボックス SV240

水槽内に水中モーターを設置するタイプの外部フィルターになるため、呼び水を必要としません。

外部フィルターと言いながらも内部構造は水中フィルターと同様に活性炭マットと専用フィルターが主となっており、ろ材をふんだんに入れることができないのが難点。また、専用フィルターの交換期間を考慮すると手間が掛かるので、同価格帯ならスドー エデニックシェルトV3などを購入した方が良いです。

第4位 エーハイム アクアコンパクト 2004

吸水口と排水口が一緒になっている外部フィルター。一体型のため30cm水槽クラスなら水槽内の圧迫感はさほどありません。また、フレームレスにしっかり挟み込むデザインになっているので設置しづらいというのもありません。
エーハイム独特のろ材量の確保により濾過能力は小型フィルターの中でもずば抜けています。エーハイム2211と違って水中モーター採用なので呼び水は不要。また、水槽横に設置することもできます。空気が混入することで異音が発生する事もないので、稼働音はほとんど気になりません。

第3位 スドー エデニックシェルトV3

価格は安くて5000円台と小型水槽向けとしてはやや高めの外部フィルターです。水槽内に水中モーターを設置しなくて良いため、水槽内のスペースを確保できるのが良点。さらに水槽横に設置できることもあって、レイアウト然り、水槽周りも綺麗に整備したい人にはおすすめです。
フィルターに空気が混入すると異音します。フィルターを振って空気を出してあげると改善しますが、中には初期不良によって発生するクチコミも。フィルターを使い慣れてないと対処しづらい声もあります。

第2位 GEX メガパワー2045

アクアショップなどの専門店ではまだ2000円台で購入することもできる外部フィルターですが、最近ネットでは3000円近くで販売されることがザラになってきています。

少々値段が上がったこともあり、7月のランキングでは2位に転落。ただ、コスパ的には未だ上位ですし、フィルター置き場も場所を取らないのでおすすめなことには変わりありません。

底面フィルターとの併用もしやすい

▲底面フィルターと併用

GEXから出ている底面フィルターと併用することも出来るなど、用途の幅も利かすことができる優れものです。
外部に置くフィルターの設置方法も縦横を選ばないので水槽周りを綺麗に収めるのに向いています。

また、水中モーターの音はほとんどなく、水流もそこまで強くないため、20cmキューブ水槽であっても使用できます。(ベタ水槽の場合は、排水口を壁に当てる、粗めスポンジを入れるなどして水流軽減をした方が良いです。)

第1位 バリューAXパワーフィルター

テトラから出ているバリューAXパワーフィルターVAX-30は、どこのショップサイトでも3000円で買えるようになってきました。

本格フィルターなので、性能はろ材が小さい容器にこれでもかというほど入る優れもの。粗めスポンジ以外は基本的に代用が効くのでランニングコストもピカイチ。

水中モーターの音問題は?

ガラス面との接触をクリアすればほぼ無音で快適です。水中モーター採用のため呼び水は不要かつ、水槽横/下どちらにも置く事ができます。また、背丈の低い水槽にも付けることができるなど小型水槽向けに特化した商品です。

スポンサーリンク

アクアリスト向け関連記事

水槽レイアウト記事
小型レイアウトアイキャッチ中型1アイキャッチ中型レイアウトアイキャッチ
大型水槽レイアウトねすこんレイアウトアイキャッチ総合アイキャッチ
アクア用品の関連記事
小型水槽向け外部フィルターアイキャッチ小型LEDアイキャッチお勧めフィルターアイキャッチ
水槽ヒーター選びアイキャッチ最強コスパLEDライトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました