ミリオフィラム sp. ガイアナドワーフの溶ける原因と対策・水槽レイアウトも紹介

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの溶ける原因と対策生体・熱帯魚

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフはドワーフと名がつくようにミリオフィラムの中でも葉が小さく輪郭は2cm前後しかありません。成長はそこそこ早くボリュームはもっさりするのでトリミングによる管理がしやすい水草です。葉の色は透明感のある明るい緑で中景寄りに植栽してレイアウトに用いられることが多いです。この記事ではミリオフィラムガイアナドワーフの育て方や溶ける原因と解決策などをまとめています。

スポンサーリンク

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの特徴

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの情報
分類アリノトウグサ科
ミリオフィラム属
学名Myriophyllum sp.Guyana
別名ガイアナドワーフ
大きさ葉の輪郭2cm前後
育成難易度★★★・・
成長速度早い
レイアウト配置中景
水温20〜26度
水質(pH)5.5〜7.5
硬度(GH)1〜15
二酸化炭素(CO2)あった方が良い
光量/照明強い方が良い
増やし方差し戻し
トリミング
参考価格600円〜

細かい葉状だが透明感がある

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフは小型のミリオフィラムできめ細かい葉状になるのが特徴で横に広がっていく性質があります。密集する水草としてパールグラスなどをイメージしますが、葉が細いため透明感のあるライトグリーンのような色合いになります。

ガイアナドワーフは中景に人気

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフは横にボリュームが増えていき、縦に斜め上に伸びていくので後景よりも中景で使われるのがポピュラーです。

スポンサーリンク

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの溶ける原因

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフにco2は必要?

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの繊細な葉をキープしたい、根付かせたい場合はco2(二酸化炭素)が無いと厳しいでしょう。また、水流が滞留して汚れが溜まりやすい状態だと葉が溶けたり、苔に覆われてしまう場合があります。

発酵式co2を自作するには?必要な材料や二酸化炭素が出ない時の対処法を紹介
水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜30円程度なので初めてCO2を水草水槽に添加したい人はぜひ参考にしてお試しくだ...
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】
水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言われるものが主流ですが、もっと簡単に手ごろにできるのが炭酸水を活用した方法です...
クエン酸と重曹でCO2を!クリスタルアクアSSB-RG223の使い方と立ち上げ方法
ネイチャーアクアリウム(水草水槽)のco2添加は割とコストがかかる難題です。ボンベ式のレギュレーターは安いのは1万2000円程で買えますが高いものは2万円越え。ボンベの維持コストも1本700円前後/2週間程度と考えると結構高い。実際、綺麗か...

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの必要光量について

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300〜500lm588〜1,176lm
45cm750lm〜1000lm1,500〜2,000lm
60cm1000lm〜2,000lm2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

ガイアナドワーフを綺麗に育てる場合、低めよりも強めの光量が必要です。奥行きのある水槽ではLEDライトを2つ設置するなどして光が満遍なく届けるような環境整備をしたいものです。

水槽LEDライトは2つ必要か?1つで良いか?問題
久々のコラムは水槽に設置するLEDライトは1つで十分なのか、2つあった方が良いのか問題について語っていきます。 この話題は結論から言うと「好きにすれば良い」であり、100%の答えがありません。 持っている物やりたい事で変わる 奥行20...

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの床底

大磯砂といった床材は栄養不足になりやすく、白化したり溶け始めたりする場合があります。レイアウト的に他の水草と組み合わせて植えることが多い事に加え、PHも低い方がすくすくと成長するのでソイルで育てるのが良いでしょう。

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフの増やし方

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフはピンチカットと差し戻しによって増やすことができます。今の水草配置を崩さずボリュームを出したい場合はピンチカット(根元を抜かずにトリミングするだけ)をしてボリュームを出しましょう。本数を増やす、ガイアナドワーフの植える領域を増やす目的がある場合は差し戻しを行うようにしましょう。


ピンチカット

単純なトリミングを指します。ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフといった有茎草は切った部分から枝分かれのように増えていきます。その性質を利用してカットして増やすことをピンチカットと呼びます。


差し戻し

トリミングした部位(本来なら破棄する草)をそのままソイルに植えることを差し戻しと言います。茎だけで枯れないの?と思うかもしれませんが、指した部分から根が出てくるので、ほとんどの有茎草は差し戻しで増やすことができます。差し戻しは水草のボリュームを増やすだけでなく、生えている領域を増やす目的で行われます。

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフのトリミング

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフは長さの調節や溶け始めた葉、白化した葉の剪定をする際にトリミングが必要になります。気になる部分をハサミで切るだけで大丈夫です。あまりモサモサしているとコケの原因にもなるので、時々根元から数本切ってあげるとスッキリします。

スポンサーリンク

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフを使ったレイアウト

30cm水槽レイアウト

アピストグラマ水槽

アピストグラマ飼育&繁殖成功事例を紹介!30cm水槽レイアウト【チュリト作】
チュリトさんが手掛ける「アピストグラマを飼育することを前提とした30cm水草水槽」に使っている水槽や器具、水草の手入れ方法などを紹介しています。また、アピストグラマが繁殖するまでの失敗や成功事例もまとめているので参考にご覧ください。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました