10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

水槽レイアウト構図の王道3パターンを紹介!初心者の為の基礎知識

水槽レイアウト構図の3つのポイント

水草水槽にはレイアウト構図の王道パターンが3つあるのはご存知でしょうか?この水槽レイアウト構図を覚えておけば、とりあえず無難で、サマになる水草水槽レイアウトを立ち上げることができます。王道パターンは全部で3つ。

この基礎を守りながらレイアウトを組んでいくことで水草水槽のセンスを徐々に上げることができます。本記事では構図の取り方について紹介していくので水草水槽初心者の方は是非参考にご覧下さい。

目次

水草水槽のレイアウト構図とは?

凹構図レイアウト・谷構図レイアウト

王道の3構図がある

恐らく水草水槽を立ち上げる際にそれなりにやったことある人からのアドバイスや初心者向け教本にも書かれている構図として「三角構図」「凸構図」「凹構図」が代表的に挙げられます。これらの基本を抑えることで初心者でもソレっぽい水槽レイアウトを作ることが出来るのです。

読み方

凸…トツ構図、デコ構図
凹…オウ構図、ボコ構図

水槽レイアウト構図に合わせて機材を隠す

それぞれのレイアウト構図によって機材を隠す場所も変わってきます。基本的には大きい流木や石、水草の茂みにヒーターや水中フィルターを隠せるようにするのが理想です。(中には機材の配線で隠せない場合もありますが)

水槽立ち上げの流れ

  1. 低床を敷く
  2. 構図を決めて組んでいく
  3. 水草を配植・植栽していく
  4. 活着する水草を流木や石に巻き付ける
  5. 注水する

三角構図レイアウト

三角構図レイアウトの説明図

三角構図とは水槽のどちらかに流木や石を起くパターンの事を指します。図で説明すると背丈のある水草は左側(流木の周り)に植えるのが一般的です。

この時点で右側の遊泳スペースに中景や後景の水草を植えるとバランスがとても悪くなります。できれば右の空間はお魚の遊泳スペースのみして、前景草や化粧砂のみという状態が綺麗に見えるでしょう。

三角構図は反転させた状態も同等の意味になります。そのため、流木や石の形に合わせて左右どちらかで構成することになるでしょう。水槽サイズと持ち合わせている機材によっては左右のレイアウト素材置き場が限定的になる場合もあります。

小型水槽レイアウトでの注意点

小型水槽でレイアウトを組む際は流木や石のサイズに気をつけましょう。形にもよりますが、大きめな素材を入れていくと奥行を出すことが難しくなる場合があります。特に強調させたい部分だけ大きい素材を用いるなどするのが無難。

中型水槽以上のレイアウト注意点

45cm以上の大きさになるとそこそこの大きさの流木なども難なく配置できるようになってきます。大きい素材を使って頂いて問題はありませんが、逆に小さい素材をメインに用いると水草が成長した際に流木などが隠れてしまい、ただ水草がこんもりとした水槽レイアウトになってしまいます。中型以上の水槽レイアウトの際は大きめの素材を使っていくように心がけましょう。

三角構図のレイアウト例

三角構図レイアウト
25cm水槽レイアウト

上記のレイアウト構図はどちらも三角構図になります。片側にレイアウト素材と水草を配置するので初心者でも体現しやすいです。

30cmキューブ水槽になると三角構図をする難易度が上がるように感じます。ただ、構図を意識することで空間が生まれやすくまとまりのあるレイアウトに仕上げることができます。

凸型構図レイアウト

凸構図レイアウトの説明図


凸構図とは中央に流木や石を配置するレイアウト構図を指します。配置素材が小さすぎると水草で隠れてしまい、なんのレイアウトなのか分からない状態に陥ってしまいます。また、単純に中心線に揃えて配置するよりも若干左右どちらかにズラして配置するのが理想の型とされます。

水草は中央の流木や石が良い感じに強調できる植栽を心がけましょう。中心部だけ背丈の高い水草を植え、流木などと同調させるのるも良し、中心部の素材を強調させるためにサイドに植え込むも良し。

ソイルは後ろ部分を集めに敷いておく

ソイルの再利用
傾斜をつけることで改善

ソイルを平坦に敷いてしまうと水草が育った時に素材が埋もれてしまい、流木をただ真ん中に置いただけのレイアウト?という風になってしまいます。

それを避けるためにもソイルは後ろ部分を厚めに敷き、前景草などで埋もれないようにする工夫が必要です。前景を3cm〜5cmほどにした場合後景はその倍で敷くのが理想。

小型水槽レイアウトでの注意点

小型水槽で凸構図のレイアウトを組む際は水槽の高さと幅に注意を向ける必要があります。高さに対して横幅の方がある、高さ26cm×横幅30cmなどであれば横幅のゆとりを認識しながら組み立てることが出来ますが、高さと横幅が一緒のキューブ水槽だと素材大きさ次第ではバランスが悪いレイアウトになってしまいます。

中型水槽以上のレイアウト注意点

45cm以上の大きさになるとそこそこの大きさの流木なども難なく配置できるようになってきます。大きい素材を使って頂いて問題はありませんが、逆に小さい素材をメインに用いると水草が成長した際に流木などが隠れてしまい、ただ水草がこんもりとした水槽レイアウトになってしまいます。中型以上の水槽レイアウトの際は大きめの素材を使っていくように心がけましょう。

凸構図のレイアウト例

凸構図のレイアウト
45cm水槽立ち上げてみた!ロタラを使ったレイアウト

基本的にレイアウト素材を中央に配置することで凸構図レイアウトが完成します。水草の配色やボリュームによっては構図が破綻する場合もあるので注意が必要です。

凹型構図レイアウト

凹構図レイアウトの説明図

凹型構図とはサイドに素材を配置するレイアウト構図を指します。奥行きを出しやすく簡単に上級者っぽい雰囲気を出すことができます。左右対称よりもどちらかにボリュームを持たせたり、違う素材を配置してみたりするとバランスの良い水槽レイアウトを組むことができます。

初心者の方は素材云々の前に中央にスペースを開けて水草を植栽するということをして見るとそれっぽいレイアウトになるので試してみましょう。世界水草水槽レイアウトコンテストでもとりあえず凹型構図で出しておけば順位は付きます。

傾斜を付けて奥行きを

高さを出す

凹型構図は後ろの低床を厚めにすることで奥行きを表現することができます。ソイルが足りない場合や節約したい場合は、ろ材や使用済ソイルを三角コーナーネットなどにまとめて置くと簡単に厚みを確保することができます。実際には水槽の半分をソイルで満たして傾斜をつける場合もあります。

小型水槽だと難易度高め

小型水槽だと横幅が限られてくるため素材が少し大きめだと中央部にスペースを作れず、意味の分からないレイアウトになりがちです。30cm水槽以下は三角構図レイアウトの方が組みやすいと思う人も多いかもしれません。

中型水槽以上のレイアウト注意点

45cm以上の大きさになるとそこそこの大きさの流木なども難なく配置できるようになってきます。大きい素材を使って頂いて問題はありませんが、逆に小さい素材をメインに用いると水草が成長した際に流木などが隠れてしまい、ただ水草がこんもりとした凹型構図?といった微妙なレイアウトになってしまいます。中型以上の水槽レイアウトの際は大きめの素材を使ってしっかり中央部に空間できるように心がけましょう。

凹構図のレイアウト例

谷構図レイアウト
60cm水槽レイアウト
素材が埋もれた例

凹構図は奥と手前の段差だけつければレイアウトがサマに見える。夕茎草を使用する際は素材が埋もれないように大きなものを使うように心がけましょう。(上記のレイアウトは素材が埋もれてしまっている)

素材を強調した凹構図レイアウト例

上記のレイアウトはそれぞれ素材である石が凹構図を分かりやすく体現されているのが分かる。石+低床草で構成すると割と形作りやすいのでおすすめです。

水草水槽レイアウト構図まとめ

水槽レイアウト3構図は一度は作ってみよう

水槽レイアウトは基本の三角構図、凸構図、凹構図を実際に意識して作ってみると素材配置や傾斜の付け方、奥行きの出し方などが徐々にですが身について行きます。基礎型を学んでいった上で独創的な型を作り込む(または型を破る)というのはスポーツや芸術の世界でもある話なのでイメージが湧く方も多いのではないでしょうか。

アクアリウムを楽しむ一つはレイアウトを作って壊すを繰り返すことでもあると筆者は思いますので色々な作品作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?当サイトでは定期的にコンテストも開催しているのでシーン毎に仲間と共に楽しむこともできますよ。ぜひ以下の記事も参考にご覧ください。

各レイアウトは以下の記事を参照

それぞれボトリウム、20cm以下、30cm以下など多彩な水槽サイズに合わせたレイアウトを以下の記事で紹介している。(一部レイアウト写真だけでなく、立ち上げから管理までの一連の流れをまとめている記事もある。)自分の好みに合う参考レイアウトも見つかるかもしれないので是非覗いて見て欲しい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次