黄虎石(気孔石)を使った60cm水槽レイアウト【Haqua room作】

この記事ではEAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)に出展した60cm水槽レイアウトの立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。気孔石を使った水槽で管理するポイントなども掲載しているのでこれから60cm水槽を立ち上げたいと思っている方はレイアウト構図など是非参考にご覧ください。

Haqua room

この作品を手がけた人:Haqua room


目次

60cm水槽レイアウトの概要

作品タイトル  濁流
EAコンテスト No.9

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペック ADAアクアスカイ602
60cm×30cm×36cm
ソイルなど砂底 ADAアクアソイルアマゾニア9L×2
フィルター ADAスーパージェットフィルターES300
照明器具 ADAアクアスカイ602
光量 3600~4200lm
点灯時間 12時間
CO2 1秒1滴 8時間
換水頻度 1週/1回30~40%

レイアウトに使用した水草

使用した水草
リシア ウォーターフェザー
アヌビアスナナプチ アルテルナンテラレインキーミニ
ロタラsp.Hra

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
ラスボラエスペイ ヤマトヌマエビ

水槽立ち上げの費用目安

水草 約10,000円
流木・石など 約8,535円
機材・備品 約103,600円
総額費用 約119,135円

60cm水槽レイアウト立ち上げ管理

川の激流が土砂を運んで地形が作られた…という設定を元に遠近感を重視してレイアウトしました。

60cm水槽を立ち上げた理由

多くの参加者が小型水槽を選ぶ中で60cm水槽を使うことにこだわりました。

こだわりポイント
  1. 管理をしやすい
  2. 流通している機材が豊富(融通が効く)
  3. ほとんどの水草、小型魚が飼える

実際使った機材を揃えるのは大変ですが、代案の方なら水草水槽を本格的に始めたいという方におすすめできるものになっています。

水槽立ち上げ機材の代案

エーハイム60cm水槽EJ-60
+外部式フィルター2213 セット
約12,476円
アクロ TRIANGLE LED GROW 600 約8,980円
チャームCO2フルセット 約6,980円
リーフプロソイル ノーマル 8L ×2 約2,836円
水草 レイアウトによって変わる
素材(木、石) レイアウトによって変わる
総額費用 約31,272円

ミスト式で水草を育成

ミスト式で水草を育ててから注水する方法を選びました。

  • レイアウトが崩れにくくなる
  • ソイルの栄養が抑えられる
  • 簡単に絨毯ができる
  • エビに引っこ抜かれない

以上のメリットがあるので初めて水草水槽を立ち上げ初心者に特におすすめです。何より成長が速くて観察が楽しいというのもポイントの一つです。

気孔石はかっこいいレイアウトを作りやすい

気功石(黄虎石)はかっこいいレイアウトを作りやすいので初心者にもお勧めする事ができます。目が細かく、脆いので加工(削ったり、割ったり)してさまざまなレイアウトにすることもできます。

60cm水槽の立ち上げの様子

立ち上げ時のレイアウト

石と流木を組み込み、リシアを植え込んだ時点でミスト式育成が始まっている。ソイルを湿らせ放置させることになる。水槽全体にラップを巻いて放置するのが一般的。

ミストで育成した後の様子

後景草植栽・注水後

注水した2週間後の様子

完成時の様子

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる