ボトル水槽(ボトリウム)の作り方|赤い水草を入れたワンポイント水景【ルイ作】

ボトル水槽の作り方水槽レイアウト

この記事ではEAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)に出展している作品の立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。管理する上でポイントとなる部分も掲載しているのでこれからボトル水槽(ボトリウム)を立ち上げたいと思っている方はレイアウト構図など是非参考にご覧ください。

 

Ruiさんアイコン

この作品を手がけた人:ルイ


スポンサーリンク

ボトリウム(GEXキャンドル)レイアウトの概要

Ruiさんのレイアウト

作品タイトル無題
EAコンテスト順位6位

ボトル水槽レイアウトスペック詳細

ボトル水槽スペック詳細
水槽スペックGEXグラスアクアリウム キャンドル
幅19.5cm×奥19.5cm×高25.5cm
ソイルなど砂底水草一番サンド 2Kg [水草育成用土]
フィルターGEXピコロカ
照明器具GEXクリアLED リーフグロー
光量300lm
点灯時間6~8時間
CO2なし
換水頻度3日/1回 1/3の量

レイアウトに使用した水草

使用した水草
アルテラナンテラレインキーミニ
ウォーターバコパ
オーストラリアンハイドロコタイル

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
特になし

水槽立ち上げの費用目安

水草約3,600円
流木S約400円
機材・備品約10,478円
総額費用約14,078円

※流木はあった物を使用。上記の金額は相場を表示しています。

スポンサーリンク

ボトリウム(ボトル水槽)の立ち上げポイント

備品はGEXで固める

GEXの新型ボトル水槽として発売されたキャンドルを取り入れ、同時に発売されたピコロカはなんと言っても限られたボトルの空間で景観を損なわないことがメリットにて導入しました。

ボトル水槽の性質から流木は細身に

途中流木が変わっておりますが、ボトル水槽は流木や石を入れるとガラスの湾曲によって膨張して見える性質があるため、流木を細身のものに変更しバランスを取りました。

縦に伸びる水草を選定

水草に関しては縦にも伸びるものを選び、 アクセントに赤い葉を持つアルテラナンテラレインキーを導入することで 鮮やかなレイアウトの実現が叶いました。

水草育成メインならソイルが良い

底床は当初硅砂を予定しておりましたが、水草育成もありソイルにする事で安定した育成ができました。

約1ヶ月弱で完成の秘訣はライトにあり

リーフグローは水草育成にもってこいのライトです。 本来光量の必要な水草もグングン育ちボリュームが増しました!完成写真は水草導入から37日後の様子です。

GEXリーフグローの評価|電気代や使用感のレビュー
水草水槽にはLEDライトが欠かせません。ボトル水槽向けのLEDライトは数が少なく使用感のレビューは四角い水槽向けのLEDと比べると情報が少ない印象が否めません。水草はちゃんと育つのか、他のLEDとの違いは何なのか、など本記事ではGEXリーフ...
スポンサーリンク

GEXボトルキャンドル水槽の立ち上げの様子

立ち上げ直後

立ち上げ直後は水の濁りが目立つ。

濁りが落ち着くと徐々に気泡がガラス面に付着するのが分かる。気になる人はメラニンスポンジや素手で一周撫でると綺麗になくなる。

完成

スポンサーリンク

EAコンテスト作品の関連記事

EAコンテスト最終結果|水草水槽レイアウトコンテスト
はじめに 投票期間(8月15日〜20日)のレイアウト作品一覧へのページビュー数は1,269PVでした。Twitterを通して見てくださった方、拡散してくださった方々誠に感謝いたします。また、長い期間コンテストに携わって頂きました最終1...
タイトルとURLをコピーしました