マツモを使った水草水槽レイアウトの作り方を紹介【レル作】

この記事ではEAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)に出展し、7位となった作品の立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。この水草水槽はマツモ、ショートヘアグラス、アヌビアスナナで構成されているので初心者でも簡単に真似する事ができます。是非参考にご覧ください。

レルさんアイコン

この作品を手がけた人:レル

目次

30cm水槽レイアウトの概要

レルさんのレイアウト

作品タイトル 費用と手間をかけない水槽
EAコンテスト順位 7位

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペック コトブキレグラス30キューブ
30cm×30cm×30cm
ソイルなど砂底 リベラソイル
フィルター 水作スペースパワーフィット
照明器具 水作ライトアップ300ホワイト
光量 588lm
点灯時間 適当
CO2 なし
換水頻度 足し水のみ

水作のスペースパワーフィットというフィルターは安価だが、水流がしっかりと作られるので、マツモをがっつり茂らせても全体に水を回すことができている。

レイアウトに使用した水草

使用した水草
前景 ショートヘアーグラス
前景 アヌビアスナナ
後景 マツモ

使用した水草はどれもCO2なしで綺麗に育つものを使っています。マツモは浄化力が高いので、メインで使用することで価格を抑えることができる上に水換えの頻度も減らす事ができます。ただし、マツモは爆増するので、時々間引く必要があります。

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
エビ

水槽立ち上げの費用目安

水草 約3,000円
流木・石など 約4,000円
機材・備品 約6,000円
総額費用 約13,000円

水槽の立ち上げの様子

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる