全国の水質を調査中!北海道・埼玉・群馬を公開

マツモを使った水槽レイアウトの作り方と気をつけるポイント

マツモを使った水草水槽レイアウト

この記事ではEAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)に出展し、7位となった作品の立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。この水草水槽はマツモ、ショートヘアグラス、アヌビアスナナで構成されているので初心者でも簡単に真似する事ができます。是非参考にご覧ください。


レルさんアイコン
作者
レル
ポリプ飼い。アロワナとスポガーがタンクメイト。水草、海水などなど幅広く楽しんでます。絡みがある方を中心にフォロー返してます。
ソーシャルアイコン
目次

30cm水槽レイアウトの概要

レルさんのレイアウト
作品タイトル費用と手間をかけない水槽
EAコンテスト順位7位

レイアウトスペック詳細

30cm水槽のレイアウト情報
水槽スペックコトブキレグラス30キューブ
30cm×30cm×30cm
低床素材リベラソイル
フィルター水作スペースパワーフィット
照明器具水作ライトアップ300ホワイト
光量588lm
LED点灯時間8時間
二酸化炭素なし
換水頻度足し水飲み

水作のスペースパワーフィットというフィルターは安価だが、水流がしっかりと作られるので、マツモをがっつり茂らせても全体に水を回すことができている。

レイアウトに使用した水草

前景ショートヘアーグラス
前景アヌビアスナナ
後景マツモ

使用した水草はどれもCO2なしで綺麗に育つものを使っています。マツモは浄化力が高いので、メインで使用することで価格を抑えることができる上に水換えの頻度も減らす事ができます。ただし、マツモは爆増するので、時々間引く必要があります。

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
エビ

水槽立ち上げの費用目安

水草約3,000円
流木・石など約4,000円
機材・備品約6,000円
総額費用約13,000円

マツモを使った水槽の立ち上げの様子

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次