夏場に向けて!水槽クーラーおすすめ15選紹介!

小型水槽(20cm水槽)の立ち上げ手順|簡単レイアウト方法

20cmキューブ水槽レイアウト

小型水槽(20cmキューブ水槽)を使った水草水槽の立ち上げから完成までを記録した記事になります。どんな道具を使っているのか、CO2添加量はどれくらいなのかなども紹介しているのでこれから20cm水槽を立ち上げようと思っている人は一つの事例として参考にご覧ください。

目次

小型水槽(20cm水槽)レイアウトの概要

20cmキューブ水槽レイアウト
20cmキューブ水槽のスペック
水槽スペック20cm×20m×20cm
ソイルなど砂底プラチナソイル
フィルターコトブキ工芸
ミニフィットフィルターMF
照明器具水作ライトアップ300
光量588lm
点灯時間6時間
CO23秒1滴
換水頻度30% / 1週

レイアウトに使用した水草

小型水槽で育てやすい水草
ニューラージパールグラスニューラージパールグラス
育成難度
小さな丸い葉が特徴的な代表的な下草。初心者でも育てやすく、水草の絨毯を作りたい人は手堅く育てられるのでおすすめ。しだれ状態にできるなどレイアウト幅が広い。
キューバパールグラスキューバパールグラス
育成難度
ニューラージパールグラスに酷似しているが、キューバの方がとても小さい。絨毯化するときめ細かい葉が魅力的に見える。成長速度は遅め。

初心者から上級者まで愛される前景草のニューラージパールグラス、キューバパールグラスの2種類だけ使用しています。どちらも前景草ですが、葉の大きさが異なるため、下段と上段で雰囲気がかわればと思ってのチョイスです。同水質でも色合いが異なるのも特徴の一つと言えますね。

どちらもタフネスがありガサツな環境でもしっかり育ってくれます。ただ、キューバパールグラスはCO2がないと育てるのが難儀なのでCO2は添加しています。

小型水槽の立ち上げにかかった費用

小型水槽の立ち上げと完成
20cmキューブ水槽レイアウト
145日後
水草組織培養×21800円
流木気孔石600円
ソイルプラチナソイル1L470円
フィルターコトブキ工芸
ミニフィットフィルターMF
870円
ヒータープリセット オートヒーター 201500円
CO2クリスタルアクア
CO2レギュレーター
8190円
CO2ボンベ64g600円
総額費用14,030円

CO2はレギュレーターを使用していますが、ペットボトルとイースト菌、砂糖、水の組み合わせでも発酵式CO2添加が行えます。ランニングコストが激安なので試してみても良いかもしれません。作り方は以下で紹介しています。

小型水槽(20cmキューブ)に使用したもの

小型水槽レイアウトに使用したもの

本記事の水槽は20cmキューブ水槽ですよ!

気孔石

気孔石

気孔石が余っていたのでチョイス。これくらいの量であればカミハタの気孔石BOXで揃えることが可能です。500円前後で買えるので素材としてリーズナブル。ニューラージパールグラスはモコモコしやすく素材を消してしまうのでできるだけ大きい石を使った方が良いです

コトブキ工芸ミニフィットフィルターMF

コトブキミニフィットフィルターMF

フィルターはコトブキ工芸のミニフィットフィルターMF。おそらく小型水槽向けで最小かもしれません。モーターが水槽外なので小型水槽の中を圧迫しない特徴を持ちます。濾過能力と水流の強さはベスト。20cm以下水槽なら間違いなくコレを選ぶべき。

キューバパールグラス

キューバパールグラス

ショップで買ったキューバパールグラスを放置しすぎた結果がこちら。かなり枯れており、根のほとんどがぐちょぐちょ状態。植える量が減ってしまうことに加え、成長までのハンディが大きかったです。スイッチが入るまで時間を有しました。

ニューラージパーグラス

ニューラージパールグラス

実は今回使用したニューラージパールグラスは他の水槽からトリミングで出た廃棄物。育つかどうかは試してみないと分からんということで根っこがない状態ですが植えてみました。結果的にはなんら問題なく成長しました。

小型水槽の立ち上げ手順

ソイルと石を組み合わせて傾斜を作る

コトブキミニフィットフィルターMF
石を置く前にフィルターの位置を把握しておく
小型水槽立ち上げ
石を組んだらソイルを流し入れて調整

低床は平坦に、右奥は傾斜をつけるようにしてみました。手前部分に石をもっと置かないと徐々にソイルが雪崩れてしまい傾斜そのものがなくなってしまいます。上は理想型ですが、実際に注水をして管理するとこのような傾斜はほぼほぼ無くなりますね。自身で思う以上に堰き止めする意識のもと石を配置する必要があります。

低床のソイルは2〜3cmほどを目安としています。

ヒーターは埋めちゃう

本来ヒーターはソイルに埋めるのは良くありませんが、レイアウトの自由度が下がることもあり、今回は埋めてしまいました。割と使われる手法ですが、製品の使い方としては推奨していません。ちなみにちゃんと作動して水温が維持することができます。

ソイル全体を湿らせてから植栽

カラッカラの状態で水草を植えることはできません。また、ある程度ソイルを湿らすことでソイル同士の隙間を埋めることができ、分量の調整がしやすくなります。この時点でソイルが思ったより少ないなとなることもあるので足していきます。

低床をキューバパールグラス、上段をニューラージパールグラスとしています。

植え終わったら注水

今回はミスト管理などはしないのでゆっくり注水していきます。20cm以下の水槽は注水する際にソイルを巻き上げてしまうなどの不都合が生じがち。そんな時は石に水を当てるもしくは、水槽の蓋を注水受け皿として注水するとソイルや水草を巻き上げずに済みます。是非お試しあれ。

CO2添加・バクテリア剤を導入

生体を諸段階で入れる想定ではないですが、バイコム(バクテリア剤)を添加。CO2は3秒に1滴程度の添加としています。立ち上げからしばらくは油膜が発生しやすいので適度に水換えをしながら除去していきます。特別騒ぐ必要はないので、落ち着くまで長い目で見て管理していきます。

小型水槽の立ち上げから完成までのログ

17日経過でだいぶ成長

17日目には上段のニューラージパールグラスがかなり成長し、垂れ下がるほどに。ただ、山のようになっていたソイルは徐々に埋もれていき、平坦な形になってしまいました。油膜が出なくなったことも踏まえ、チェリーシュリンプを導入。実は茶ゴケなどがポツポツ出ていたのですが、チェリーシュリンプで対応できてしまいました。

水草が成長し、酸素を発生させていることから酸素濃度などのバランスが取れて水質が落ち着いたのかな?とも考えています。(この水槽は夜間エアーレーションをしていないので)

22日経過で絨毯化に迫る

22日経過した水草水槽

さらに5日後の姿。「たった5日でここまで水草は広がるのか」と思うかもしれませんが、スイッチが入った状態の彼らは凄まじい成長速度を見せてくれます。キューバパールグラスは横に広がりつつも、一部で山盛りになってしまうのでこの段階でも形を整えるためにトリミングを行います。

トリミングバサミ
こんな感じで横からハサミを入れる

30日~49日は大きな変化がない

30日経過した水草水槽
49日経過した水草水槽

30日後と49日の比較画像です。トリミングも加わっているため、キューバパールグラスの背丈は若干低いですが、よく見るとソイルの見える量が違うのがわかると思います。ニューラージパールグラスに関しては手をつけていないのでさらに山盛りに。完全な絨毯化するにはまだ時間掛そうです。

65日経過で水草絨毯が完成

65日経過した水草水槽

65日目で低床を全てキューバパールグラスが覆いかぶさってくれました。若干怪しいところがありつつ、凸凹になっていますが、トリミングで調整すれば完成といったところ。

初日と絨毯化の比較

小型水槽の立ち上げと完成

この状態を完成と呼ぶべきかというところはありますが、一旦成長しきった姿の比較になります。水草をびっしり埋めるのにはおおよそ60日〜70日で済むということが分かりました。ちなみに液肥などの添加は行っていないため、ちょっと緑が薄いですね。

145日後の様子

20cmキューブ水槽レイアウト
単純に放置してました

さらに78日後の様子。ニューラージパールグラスの生命力は強く、ソイルがない場所でもぐんぐん伸びていく。もはや絨毯ではなくカーテン化する始末。フィルターが見えないが、もちろんフィルターも稼働しており、まさに緑の世界。

小型水槽(20cm水槽)立ち上げ手順まとめ

小型水槽のレイアウト作る際や管理で気をつけたのは以下の点

  1. 素材を大きすぎず、小さすぎない物を選ぶ
  2. ソイルを敷きすぎない
  3. CO2添加量は少なめにする
  4. ライト点灯時間を長すぎず

上記の点を考慮していけば今回紹介した小型水槽は誰でも作って管理できちゃいます。以下の記事では様々な水景作品の立ち上げや管理方法などを紹介しているので参考にご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる