10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

20cm水槽ハイタイプのレイアウト立ち上げと管理を紹介【柚作】

柚さんの水槽作品

この記事ではEAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)に出展された20cm水槽(ハイタイプ)のレイアウト立ち上げの情報をまとめています。立ち上げにかかった費用や道具、機材、植えている水草などを紹介。

また、管理する上でポイントとなる部分も掲載しているので、これから20cm水槽(ハイタイプ水槽)を立ち上げたいと思っている方はレイアウト構図など参考にご覧ください。

柚さんのアイコン
協力アクアリスト

プロフィール
三浦涼介さんを追いかけるLv.1獣医師アクアリスト*小型水槽*ベタ*メダカ*カエル*
ソーシャルアイコン
目次

20cm水槽(ハイタイプ)レイアウトの概要

柚さんの水槽作品
30cmキューブ水槽のスペック
水槽コンセプトRED TANK
水槽スペックネオグラスエア
20cm×20cm×35cm
ソイルなど砂底プラチナソイル
トロピカルリバーサンド
フィルターGEX らくらくパワーフィルターS
照明器具ONF Flat Nano
光量1,300lm以上
点灯時間10時間
CO23秒 / 1滴(10時間)
換水頻度1回/1〜1.5週間 50~60%

水槽にスタイリッシュでお洒落なネオグラスエアを使用することでシンプルで簡単なレイアウトでも映えるようにしました。

CO2はアンビリーバブルを使用

co2拡散器のアンビリーバブルはとても安いのに泡がとても細かくかなり優秀です。お手入れ全くしなくても泡が大きくなったりしませんでした。いろいろなサイズがあるのでこれは本気でおすすめです!

20cm水槽(ハイタイプ)に使用した水草

使用した水草
ロタラ・ロトンディフォリア(レディッシュ)後景
レッドルブラ中景
ルドウィジア スーパーレッド中景
プレミアムモス前景(右)
ポイント
ブセファランドラ ミニキャサリン前景(左)
ポイント
ブセファランドラ ベルベット前景(左)
ポイント
ブセファランドラ ナンガタマン前景(左)
ポイント

水槽に入れている生体

レッドチェリーシュリンプチェリーバルブ
ファイアーテトラディープレッドホタルテトラ
ラムズホーン石巻貝
オトシンネグロ

作品タイトルの「REDTANK」に併せて水槽に導入される生体も”赤”がメインとなっている。高さがあるのでワイドタイプの30cm水槽よりも若干水量が少ない程度。生体数は多過ぎず少なすぎずのバランスが取れているのが分かる。

水槽立ち上げの費用目安

水草約4,690円
流木・石など約3,742円
機材・備品約31,159円
総額費用約39,591円
20cm水槽立ち上げ費用の内訳
水槽約5,400円
フィルター約1,009円
co2セット約14,950円
LEDライト約9,800円
流木・石など約2,480円
トロピカルリバーサンド約900円
プラチナソイル約362円
レディッシュ約960円
レッドルブラ約450円
ルドウィジアスーパーレッド約1,280円
ブセファランドラ約2,000円
総額費用約39,591円

20cm水槽レイアウトのポイント

流木を1つ置くだけで良い

個性的な流木をどーんと置いただけの簡単レイアウト!ショップで同じようなサイズの水槽に実際に入れさせてもらうor当てさせてもらうことで完成をイメージしやすく、入らなかった…などの失敗を防ぐことができます。

砂利を使って苔防止

メインの底床を砂利にすることでソイルを使用した時に比べて立ち上げ時のコケを減らす事ができます。有茎草は底床よりも液肥によって栄養を吸収するのでソイルでなくても簡単に育ちます。

流木のアク抜きはした方が良い…

流木のアク抜きをサボったせいでしばらくアクが出続けて頻回に換水しても1ヶ月ほど茶色いままでした。アクの出やすいホーンウッドだったので尚更です…。

最初の立ち上げはサボらず丁寧に行うことで後の管理が楽になるのでしっかりアク抜きした方が良いです。

流木にはタンニンが含まれており、そのまま水に入れるとタンニンが流木から徐々に出てきます。ほとんどの生体には影響はない(むしろ魚によっては調子が上がる)ものの、水が茶色になってしまうので事前のアク抜きはおすすめ。

20cm水槽(ハイタイプ)の立ち上げの様子

ネットでまとめたソイルを敷いて傾斜をつけている。
写真2:植栽
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
写真9
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次