夏場に向けて!水槽クーラーおすすめ15選紹介!

ラージパールグラスの育て方|必要光量とCO2・レイアウト

水草の育て方

ラージパールグラスはパールグラスよりも少し葉が大きく、丸みを帯びたライトグリーンの発色が特徴の中景向けの水草です。この記事ではラージパールグラスの育てる上で必要な光量や条件、使用レイアウトを紹介しています。参考にご覧ください。

目次

ラージパールグラスはどんな水草?

ラージパールグラスの情報
分類ゴマノハグサ科
ミクランテムム属
学名Micanthemum umbrosum
類似水草パールグラス
別名
葉の大きさ丈10~15cm
育成難易度
成長速度早い
レイアウト配置中景
温度22〜26度
水質5.8〜7.0
硬度1〜4
二酸化炭素(CO2)あった方が良い
光量/照明LEDライト一灯相当
増やし方枝分かれ
ピンチカット
差し戻し
参考価格Yahoo! 1パック850円〜
Amazon 1パック1,000円〜
楽天市場 1パック800円〜

中景として背丈のある水草

ラージパールグラスと聞くとニューラージパールグラスやパールグラスを思い浮かべるかもしれません。ニューラージパーグラスとは違って上へ伸びていくタイプで、パールグラスよりも葉が丸みを帯びてやや大きめです。

かなり丈夫な種類でCO2の添加及び高い光量を与えることでぐんぐん成長し、トリミングしてもへこたれない生命力を見せてくれます。成長速度が速く、栄養分を多く使うので栄養が切れてくると色がライトグリーンからさらに薄い緑になってしまいがち。あらかじめ土壌に肥料を敷くなどの工夫が必要です。

販売はポットやパック売り

ラージパールグラスは1本〜5本といった夕茎草ならではの販売方法でありません。一回に1パックもしくは1ポットで購入することになるのでなかなかのボリュームを入手することになります。成長速度は早いので差し戻しも短期間で行えます。したがって、ラージパールグラスをふんだんに使いたい場合でも、買いすぎないように注意が必要です。

ラージパールグラスの育て方

ラージパールグラスに必要な光量

水草に必要な光量
水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300~500lm588~1,176lm
45cm750~1,000lm1,500~2,000lm
60cm1,000~2,000lm2,550~3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

ラージパールグラスは割と丈夫で生命力の高い水草なので光量はまぁまぁ育つレベルからでも育てることができます。(低スペックのLED一個分)LEDを2つ、もしくは高品質LEDライトで高い光量を維持することでより発色の良い綺麗な姿にすることができます。

おすすめのLEDライト

品質ライト名規格別 詳細
ライトランク水作ライトアップライトのサイズライトのサイズ
ルーメン588〜936lm
ライトランクGEXクリアLEDパワーⅢライトのサイズライトのサイズ
ルーメン500~1000lm
ライトランクアクロ TRIANGLE LED GROWライトのサイズライトのサイズ
ルーメン1000~3000lm
ライトランクChihiros wrgb2ライトのサイズライトのサイズ
ルーメン2300~4500lm

ラージパールグラスにCO2は必要?

CO2を添加することで光合成が活発化し、綺麗な新芽をどんどん展開してくれるようになります。また、背丈の伸長もCO2ありの方が早いのでレイアウト完成までに時間をかけずに済みます。綺麗な色味、形状をキープしたい。増やしたい場合も含めてCO2は添加した方が良いでしょう。

発酵式やり方
ボンベ式のやり方
炭酸水のやり方
化学式のやり方

ラージパールグラスの増やし方

ピンチカット

単純なトリミングを指します。ラージパールグラスを含む有茎草は切った部分から枝分かれのように増えていきます。その性質を利用してカットして増やすことをピンチカットと呼びます。

差し戻し

トリミングした部位(本来なら破棄する草)をそのままソイルに植えることを差し戻しと言います。茎だけで枯れないの?と思うかもしれませんが、指した部分から根が出てくるので、ほとんどの有茎草は差し戻しで増やすことができます。差し戻しは水草のボリュームを増やすだけでなく、生えている領域を増やす目的で行われます。

水草水槽レイアウト関連記事はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる