カボンバを使った水草水槽30cmキューブ水槽【ぼるびお作】

30cmlayout水槽レイアウト

EAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)に出展作品の立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。管理する上でポイントとなる部分も掲載しているのでこれから30cm水槽(キューブ水槽)を立ち上げたいと思っている方は是非参考にご覧ください。

ぼるびおさん

この作品を手がけた人:ぼるびお


スポンサーリンク

30cmキューブ水槽レイアウトの概要

ぼるびおさんのレイアウト

作品タイトル忘れられた庭園
EAコンテスト順位9位

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペックGEX aquarista 30cmキューブ
30cm×30cm×30cm
ソイルなど砂底プラチナソイル
GEX 水洗い不要 天然砂スノーホワイト
フィルターGEXスリムフィルターL
照明器具GEX クリアLED パワーⅢ
光量500lm以上
点灯時間10時間
CO2なし(テトラCO2使用)
換水頻度週2-3回 20−30%

レイアウトに使用した水草

使用した水草
前景ニューラージパールグラス
中景ウィローモス
中景ウィーピングモス
後景カボンバ
後景ルドウィジアスーパーレッド
後景アマゾンチドメグサ

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
ヤマトヌマエビスカーレットジェム
ミクロラスボラハナビ

水槽立ち上げの費用目安

水草約2,300円
低床約3,300円
流木・石など約4,000円
機材・備品約11,400円
総額費用約21,000円
スポンサーリンク

30cmキューブ水槽レイアウトのポイント

換水頻度を上げて苔を制御

立ち上げてからは翌日から毎日50%換水、ひたすら換水の繰り返し。コケの生える瞬間を作らないように心がけました。時々、換水を怠るので、換水忘れたら6-7割の換水を4日に1回行っていました。

水の透明度で生体導入

水がパキパキになってきたら換水を2割位に少なくしてヤマトヌマエビ投入。1週間水換え減らして様子見します。コケが生えてきたら3割程度の換水を行います。

流木は定期的に取り除いて洗浄

糞や苔で覆われた流木を取り出してゴシゴシ…。取り出し洗えるレイアウトだと、すぐにきれいにすることが出来ます。

ウィローモスは定期トリミングが必要

モスのトリミングはお早めに…。トリミングタイミング見誤ると浮いてきてしまうことに…。苔むした感じにするにはこまめなトリミングが必要かもしれません。

スポンサーリンク

30cm水槽の立ち上げの様子

この記事に携わった人
Ruby

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

Rubyをフォローする
水槽レイアウト
スポンサーリンク
Rubyをフォローする
アクアリウムを楽しもう
タイトルとURLをコピーしました