30cm水槽を立ち上げてみた!初心者おすすめレイアウト

30cm水槽立ち上げてみたアイキャッチアクアリウムネタ
スポンサーリンク

30cm水槽を立ち上げる前に

事前に準備する物

30cm水槽立ち上げ用意する物

ニューラージパールグラスプラチナソイル4L
※実際使ったのは3L
ネブラサンド
黄孔石(Sサイズ)9個アヌビアスナナ2株使い古した流木
30×20×27 水槽

水槽のスペックについて

水槽サイズ60cm×20cm×25cm
フィルターGEX メガパワー2045
ライトJOOCII
CO22秒1滴
底床ソイル:プラチナソイル
化粧砂:ネブラサンド
換水立ち上げ時:2日に1回25%
1か月~  :1週/2回20%

GEXの30cm水槽です。(奥行20cm)
価格はアクアショップで税込約2600円ほど。
今回、プラチナソイルは3L使いました。
粒の大きさはスーパーパウダーです。

フィルターについて

今回採用したフィルターはGEXのメガパワー2045です。
奥行17cm水槽だと狭さを感じるかもしれませんが20cmなら違和感なく設置できます。

LEDライトについて

LEDライトはJOOCIIというメーカーの物を使用しています。
2000円で購入できる上に、しっかり3色灯を採用とかなりクオリティが高いです。
※30cmのLEDライトで最も安い商品です。
光量はGEXパワーⅢと比べれば落ちますが、アヌビスナナが十分育った経験があるので今回も採用しました。

水換えについて

立ち上げから2週間の間は、2日に1回の頻度で25%程の水換えを行います。
この時、ガラスも軽く拭き取ります。
2週間目にもなると肉眼では確認できない苔もメラニンスポンジにはついている事があります。

大きい水槽であれば水草が成長し始めた時期で水換え頻度を落としますが、今回は規模が小さいので水換え頻度はあまり落としません。
ガラスについた苔、水の色を伺いながら1週間に2回を目安に20%程度の水換えを行っていきます

スポンサーリンク

絨毯をメインにした水槽に

水槽はそこまで大きくないので、あまり色々な物を入れると維持が厳しくなります。

レイアウト構造

▲雑なラフ画…

今回は凹レイアウトを考慮しつつ、水草絨毯が映えるレイアウトにしていきます。

ソイルを濡らしながら敷いていく

本来仕切り板があれば良いですが、今回は面倒なので、濡らしながら敷き詰めて行きます。
都度、敷くことによってソイルによる崩れを防ぐことができます。

まずは以前に使用していた砂利を敷き詰めて底上げを行います。
その後、ソイルを入れていきます。

下に砂利

▲使い回した砂利はバクテリアの定着として使える

化粧砂も手前につめる

化粧砂を手前に詰めている画像

化粧砂はあくまで見た目として使用するので、ソイルの崩れ防止として少しだけ注入します。
その後は、再び使い回した砂利を敷き詰め、底上げを行います。

敷いたソイルが5cm以上になったところで、最後に化粧砂を上からもう一度敷き詰め、土台は完了です。

石組みを配置してから水草を植える

石組写真を撮り忘れました。
事前に石や大きい水草、流木を配置してからでないと、前景水草の光がどのように当たるか想像しづらいです。

ソイル▶︎石組み▶︎流木▶︎大きい水草▶︎前景水草
の順に配置していくのが理想です。

今回植える前景水草はニューラージパールグラスです。
培養カップのものを植えるので、寒天を取り除いて植える準備をします。

ニューラージパールグラスの植え方とトリミングの仕方
ニューラージパールグラスの植え方やトリミングの仕方を紹介しています。また、ニューラージパールグラスが絨毯になるまでの時間や育てるコツをまとめています。

水草は全体の9割を埋め込む

前景水草の共通点とも言えますが、思い切って全体の9割を埋め込みます。

想像以上に埋め込むのがポイントで、葉が少し見える程度でOK。

ニューラージパールグラス

▲割と大きい塊を埋め込みます。

埋め込んだニューラージパールグラス

▲先ほどの画像の量を埋め込んだ様子。
エビやプレコがいじってもなかなか抜けることはなく、2週間ほどで全体に伸びわたっていきます。
逆に根っこの部分だけ植えた形だと、抜かれやすく、根付きも良くありません。

注水後のエアレは必須

エアーレーションとバクテリア

エアーレーションは立ち上げ初日には大事です。
初日から二酸化炭素を付与を行うとバクテリアが死滅し油膜発生などの水質悪化を生みます。

2日くらいはやっても問題ないかと思います。
人によって差はありますが、私は2日目あたりから昼夜のスイッチに切り替え、二酸化炭素添加を行います。

スポンサーリンク

生体を入れるタイミングについて

立ち上げから1週間は入れない

私の場合、立ち上げから1週間の間はエビだろうが、貝だろうが入れません。
水草のみにし、しっかり育つ環境を整えてあげます。
生体が入ることで水草が摘まれてしまったりダメージを受ける事が発生しがちです。
そういったことの回避もそうですが、エビや貝などの生き物が過ごしやすい環境下に整えてあげる意味も含まれています。

立ち上げ2〜3週間目に観賞魚を入れる

立ち上げから2週間もすれば水草は光合成を始めるくらいになっていることと思います。

また、水質が非常に良ければ水が輝いてるように見えるはずです。

質状態の目安

非常に良い水が輝いてる
良い透明感がある
普通濁りもなく普通
あまり良くない少し黄色味がかかる
悪い苔だらけ、油膜が発生

1ヶ月は入れないという方もいますが、2週間目から観賞魚を入れても問題はないと感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました