ゴイアスドワーフロタラレッドの育て方|光量・水質・co2の有無について

ゴイアスドワーフロタラレッド生体・熱帯魚

ゴイアスドワーフロタラレッドはソイルに這うように伸長していく水草です。したがって同じミソハギ科ロタラ属とは景観が全く変わってくるのが特徴です。赤い前景草(絨毯)として親しまれています。この記事ではそんなゴイアスドワーフロタラレッドの育て方(光量や水質、co2)についてまとめています。

スポンサーリンク

ゴイアスドワーフロタラレッドの特徴

ゴイアスドワーフロタラレッド

ゴイアスドワーフロタラレッドの情報
分類ミソハギ科
ロタラ属
学名Rotala mexicana Goiás
別名ゴイアスミズマツバ
大きさ高さ2〜3cm
育成難易度★★★・・
成長速度早い
レイアウト配置前景〜中景
水温20〜26度
水質(pH)4.0〜7.0
硬度(GH)0〜30
二酸化炭素(CO2)必要
光量/照明強い方が良い
増やし方ピンチカット
差し戻し
参考価格700円〜800円

低床を這うロタラ

ゴイアスドワーフロタラレッドはロタラ属でも珍しい低床を這って成長するロタラになります。中景〜後景ではなく、前景として用いるのが一般的。

前景の赤色水草として

ゴイアスドワーフロタラレッド

グロッソスティグマやニューラージパールグラスといったメジャーな前景草で絨毯を作るのに飽きた場合はゴイアスドワーフロタラレッドのような赤系の水草で絨毯を作るのも面白いかもしれません。

値段がやや高い水草

ゴイアスドワーフロタラレッドはネット購入(プロショップ)でも1本あたり700円〜800円になります。ショップでは3〜5本にまとめて販売される事が普通なので、かなりの値段になっていきます。増えやすくフリマアプリで5本あたり700円程度で販売されているので安く購入したい方はそちらから入手するのもあり。

スポンサーリンク

ゴイアスドワーフロタラレッドの育て方

ゴイアスドワーフロタラレッドの必要光量

水槽規格まぁまぁ育つ十分育つ
30cm300〜500lm588〜1,176lm
45cm750lm〜1000lm1,500〜2,000lm
60cm1000lm〜2,000lm2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

光量が少ないと綺麗な発色をしないので高めの光量が必要です。そこまでしっかり照らせる高品質ライトを設置するか、ライトを2つ設置するなどしましょう。

pHは低めに設定しよう

植えたばかりのゴイアスドワーフロタラレッドの調子が悪い場合はpHを下げてみましょう。特に石組をガッツリしているレイアウトだとpHの高さが不調の原因である場合があります。その場合はpH下降剤やヤシャブシの実やフウの実を入れて下げてみるのが得策です。pHを0.1下げただけで成長し始めることもあります。

二酸化炭素(co2)は必要?

綺麗に育てるためにはco2は必須。co2なしだと成長が進まず葉が黄ばんでしまったり、どんどん小さくなって茎だけになってしまうこともあります。

ゴイアスドワーフロタラレッドの床底、肥料

ゴイアスドワーフロタラレッドは低pHを好むので、大磯砂よりもソイルで育てる方がおすすめです。肥料は固形肥料の方がコントロールはしやすいですが、色合いを見て液肥で鉄分やカリウムの追加を行うと良いでしょう。

ゴイアスドワーフロタラレッドの増やし方

ゴイアスドワーフロタラレッドはピンチカットと差し戻しによって増やすことができます。今の水草配置を崩さずボリュームを出したい場合はピンチカット(根元を抜かずにトリミングするだけ)をしてボリュームを出しましょう。本数を増やす、ゴイアスドワーフロタラレッドの植える領域を増やす目的がある場合は差し戻しを行うようにしましょう。


ピンチカット

単純なトリミングを指します。ゴイアスドワーフロタラレッドを含むロタラなどの有茎草は切った部分から枝分かれのように増えていきます。その性質を利用してカットして増やすことをピンチカットと呼びます。


差し戻し

トリミングした部位(本来なら破棄する草)をそのままソイルに植えることを差し戻しと言います。茎だけで枯れないの?と思うかもしれませんが、指した部分から根が出てくるので、ほとんどの有茎草は差し戻しで増やすことができます。差し戻しは水草のボリュームを増やすだけでなく、生えている領域を増やす目的で行われます。

ゴイアスドワーフロタラレッドのトリミング

ゴイアスドワーフロタラレッドのトリミングは古く痛んだ葉の切り落とし、または茎部分を切りましょう。色乗りが悪い時、苔がたくさん付いてしまった時なども気になる部位から切り落とすと綺麗な新芽を出すことがあります。這うように根付いていくので古い部分は水槽が汚れない程度に細かく振るいながら取り除きましょう。

タイトルとURLをコピーしました