ロタラインディカを赤くするコツを紹介!初心者でも成功する育て方とは

ロタラインディカを綺麗に育てるコツ生体・熱帯魚
スポンサーリンク

ロタラインディカの特徴

ロタラインディカ

基本情報
育成難易度★★・・・
水質弱酸性〜中性
水温22度〜26度
成長速度速い

後景水草の代表格

ロタラインディカは後景水草として使われる人気のある水草です。そして初心者が初めに導入することが多い水草でもあります。かなりの量を必要とするため、基本的に小さい苗で大量売りされているカップシリーズを買うのがコスパ的にベストです。

始めのうちは緑色

ロタラインディカ

ロタラインディカやロタラHraは最初のうちは緑色です。直接育った苗を購入する場合は赤色ですが、カップ売りされている水上葉は緑色です。

飼育下で葉の色が変わる

購入時は赤みを帯びていたのに、自分の水槽に入れたら色が抜けていった。となるケースが多いですが、飼育環境でロタラインディカの色は変わっていきます。

スポンサーリンク

ロタラインディカを赤くするコツ

二酸化炭素は必須

ロタラインディカは光合成をしっかり行えてこそ、色味が増していく水草です。二酸化炭素が添加されていない水槽だと光合成が促進されず色が黄色っぽくなったり、そもそも葉が開かずに小さくなってしまう場合も。

ロタラインディカは光量が全て

ロタラインディカ

ロタラインディカに限らず、全ての赤系水草は光の強さで色味が変わってきます。というのも赤系水草は光合成が活発になると、アントシアニンという赤色素の元が生成されるからです。

逆に弱い光だと、アントシアニンよりクロロフィルを生成するようになり、緑色になってしまうという訳です。

アントシアニン=これ以上光化学反応を起こしたくない!という場合に発生する。
クロロフィル=光合成させて!光が足りない!という場合に発生する。

ロタラインディカに必要な光量は?

ロタラインディカが群生するエリア直下に1000lm以上、7000K以上の光が当たっていれば間違いなく赤くなります。水槽照明がロタラインディカよりも離れていて、薄暗い状況であれば暗い方にかけて色味が悪くなるのが実感出来ると思います。

色味が良くない=光量不足

と思うのが単純明快です。

水槽サイズ育成難易度(低)育成難易度(高)
30cm350lm700lm
45cm1,000lm2,000lm
60cm1,500lm3,000lm
90cm3,000lm6,000lm

ロタラインディカに必要な点灯時間は?

ロタラインディカを綺麗に赤く染めるなら10時間以上の点灯時間は必要です。インディカの発色が悪い場合は、光量(ルーメン数)と点灯時間に焦点を当てて見ましょう。栄養不足による発色不良は立ち上げから半年以上でない限りは発生しづらいです。

鉄分(アイアン)もあると良い

赤系の水草には鉄分という説が回っていますが、実際は全ての水草に鉄分は必要です。葉緑素を窒素栄養から作る際に、鉄が必要となるからです。もしロタラインディカと共に入れている他の緑水草が白みを帯びていたら、カリウムなどの王道とされる栄養素だけでなく、鉄分不足を疑うのが良いでしょう。

ソイルには高い栄養が既に含まれているため、水槽内の栄養過多を回避するためにも鉄分(アイアン)のみ入れるという方法をとったほうが良いという事です。

スポンサーリンク

ロタラインディカの水上葉について

ロタラインディカの水上葉は緑色です。また、葉も丸みがあり別物と認識する人もいるほど。水上葉を水中に入れても育ちますが、馴染むまでに時間がやや掛かります。水上葉がそのまま馴染む事もありますが、基本的には枯れてから生え変わります。

緑色だし、枯れてしまった!
騙された!

と勘違いする人が居ますが水上葉と水中葉が違うだけですので注意しましょう。

スポンサーリンク

ロタラインディカの値段

ネット価格は1本100円+送料

ロタラインディカ/Hraの単価は1本100円相当10本売りが基本です。1つのレイアウトに少なくとも30本は欲しいので、1800円(税別)+送料といったところ。

フリマアプリの価格は1本30円(送料込)

メルカリなどのフリマアプリでは1本あたり30円の相場となっています。基本的に送料込で売られています。また、本数も1000円前後の価格に設定されており、30〜50本まとめ売りが基本。

お得に揃える場合はオススメと言えます。

しかし、プロが育てたものでない場合が殆どですので、コケや病気の原因が混入してる可能性があるのも事実です。

培養カップシリーズがおすすめ

1カップ800〜1000円程度でアクアショップで売られていることが多いです。(地域によって価格が変動する)

本数を正確には数えていませんがレイアウトの半分を覆うのに適した量があります。コケや病片、スネールの混入がないので、1から安全に立ち上げたい方などにはコスト的にもオススメです。

また、ADAやGROWといったメーカーが売り出しているカップに入ったロタラインディカ/Hraは水上葉ではありますが、馴染むのが早いです。

スポンサーリンク

まとめ

 

・ロタラインディカ/Hraは光量を気にする
・鉄分を追加する
・安く揃えるならフリマアプリ
・綺麗に立ち上げるならバイオシリーズ

アクアリストにおすすめの記事

水槽レイアウト記事
小型レイアウトアイキャッチ中型1アイキャッチ中型レイアウトアイキャッチ
大型水槽レイアウトねすこんレイアウト総合アイキャッチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました