60cm水槽石組レイアウト立ち上げにかかった費用など【つーこ作】

EAコンテスト(水草水槽レイアウトコンテスト)でも出展されている60cm水槽の立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。管理する上でポイントとなる部分も掲載しているのでこれから60cm水槽を立ち上げたいと思っている方はレイアウト構図など是非参考にご覧ください。

つーこさん(おしらじめだか)のアイコン

この作品を手がけた人:つーこ


目次

60cm水槽レイアウトの概要

作品タイトル とくになし
EAコンテスト作品 No.16

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペック コトブキフラット600
60cm×30cm×23cm
ソイルなど砂底 無印ソイル
フィルター エーハイム2213
照明器具 メーカー不明中古品2灯
光量  ???
点灯時間 8時間
CO2 発酵式∞
換水頻度 1週/1回 50%

レイアウトに使用した水草

使用した水草
前景 アルテラナンテラレインキーミニ
中景 パールグラス
後景 グリーンロタラ
後景 ロタラsp.Hra
後景 ロタラインディカ

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
ヤマトヌマエビ

水槽立ち上げの費用目安

水草 約2,400円
気孔石 約4,000円
機材・備品 約14,300円
総額費用 約20,770円

60cm水槽の立ち上げの様子

この水槽レイアウト作品のポイント

前景のニューラージパールグラスが全てはえ揃ってから、カッターで化粧砂を引く場所をつくる事でソイルとの分け目を綺麗にしました。

使用している石は気孔石。ADAでは黄虎石とも言われているし、アクアショップ界隈では陽炎石(ようえんせき)や蜂炎石(ほうえんせき)といった呼び方をされる。

あわせて読みたい
水槽レイアウトにおすすめの「石」17種類を紹介!類似する石の名前や水質についても掲載 この記事では水槽レイアウトに使われる石の種類や特徴について紹介しています。現状は17種類まで消化していますが、今後も増やしていく予定です。また、見た目は一緒だ...

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる