小型水槽におすすめのヒーター12選【2020年5月最新】

水槽ヒーター選びアイキャッチ水槽管理
スポンサーリンク

水槽ヒーターを導入する前に

必要なワット(W)数を把握する

水槽ヒーターにはそれぞれワット数が明記されています。水槽のサイズ(水量)によって求められるワット(W)数が異なります。水量に対してヒーターのW数が低いとずっと荷電することになり、電気代が掛かるだけでなく、ヒーターも壊れやすくなります。

逆に水槽に対してヒーターのW数が高ければ水温の維持がしやすく、電気代も抑えられる可能性があります。ただし、W数が大きいものほどスペースを取るので小型水槽には合わない問題が出てきます。

水槽の適温度を知る

水草水槽であれば20〜26度の間をキープするのが望ましいです。またこれに付随して熱帯魚の適温もほとんどが20〜26度になります。外的要因によって適温から外れない23〜25あたりをキープするのが良いでしょう。

電気代はいくら?

ワット数30日24時間稼働時
10W200円
30W582円
40W777円
50W971円
60W1165円
70W1359円
80W1554円
90W1748円
100W1942円

全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている 1kWh単価 27.0円を元に算出しています。

スポンサーリンク

小型ヒーターの選び方

ヒーターのタイプを知ろう

水槽を温めるヒーターはいくつか種類があります。ざっくり分けると3種類。

  • オートヒーター(定められた温度にする)になっているもの
  • サーモスタッドとヒーターが別々になっているもの
  • 水槽の外に設置するパネルヒーター

小型水槽に適してるのはオートヒーターかパネルヒーターになります。水槽の中を広く見せたい場合は、設置を外にできるパネルヒーターが良いでしょう。

ただ、温度調節が必要なので、導入の際は気をつけて観察する必要があります。一方でオートヒーターは場所を少し取られるものの、温度調節は自動でやってくれるので設置するだけで扱いは楽です。

水量に合わせてヒーターを選ぼう

小型水槽にも0.7L〜24Lまでと幅が広いです。内容量24Lの水槽に7L向けのヒーターを入れても温まらず、24時間ヒーターのスイッチが稼働してしまうのでお金だけかかってしまいます。ヒーターの水量を確認した上で、水槽の景観とW数の兼ね合いからヒーターを選ぶのがベストです。

ボトリウムや金魚鉢はパネルヒーター

ボトルアクアリウムなどの水槽はヒーターが入らないことがほとんどなのでパネルヒーターで容器を温めるのがベスト。ただし、パネルヒーターは表面温度によって温度コントロールする商品なので、室内温度にかなり左右されます。
水槽内が冷えきってしまうことは防げるとしても、水槽温度が逆に高すぎてしまう場合もあるので扱いは特に注意が必要です。

景観も良く温度設定も楽な商品

夏も冬も温度管理してくれ、さらに水槽内もスッキリにしてくれる商品はあります。

ゼンスイから出ているTEGARU テガルです。
こちらはデジタルで温度を設定でき、夏場はクーラーとして作動、冬はクーラーとして作動する優れもの。費用はヒーター単体と比べると6〜12倍ほどする18500円なのでかなり高く感じます。ただし、クーラーとしての機能もついているので夏場のクーラーや扇風機設置費を削減できます。

スポンサーリンク

7L水槽におすすめのヒーター

ベタ水槽15cmキューブ水槽20cmスリム水槽

10〜20Wのものを選ぼう

7L水槽はスペースが狭いため、レイアウトや泳域の確保のためにもヒーターはできるだけ小さいものを選ぶ必要があります。最もおすすめなのは、水槽内に設置する必要がないパネルヒーター型。

ただし、外的温度で調整するものなので、部屋があまりに寒いといった場合は、期待温度以上で設定しないといけないため、調節が難しいです。初心者の方は自動で温度管理ができる水槽内設置型のヒーターを選びましょう。

ビバリア マルチパネルヒーター

 ニッソー マイクロディスクヒーター

コトブキ工芸 コンパクトオート 21W

スポンサーリンク

12L水槽におすすめのヒーター

20cmキューブ水槽25cm水槽30cm長方形水槽

40〜50Wを目安に選ぼう

ワット数の高いものを選び、温度の振り幅を小さくするやり方もアリ。ただ、ワット数が大きくなるほどヒーターの大きさが大きくなるので、無難なのは40〜50Wの水中ヒーターです。

ビバリア マルチパネルヒーター 14W

エヴァリス プリセットオートヒーター 40 ST

コトブキ工芸 kotobuki コンパクトオート 42W

コトブキ工芸 kotobuki カバーオートSH 50W

GEX スタンディSH55水槽用ヒーター

スポンサーリンク

24L水槽におすすめのヒーター

30cm長方形水槽30cmキューブ水槽45cmスリム水槽

80W前後が良い

24L以上の水槽になると低いワット数では補いきれず、絶えずヒーターが稼働する状態になります。レイアウトにもよりますが、ワット数はできるだけ80W前後のものを選びましょう。

30cmキューブ水槽ともなってくると外部フィルターもそれなりの機能が必要になってくるので、TEGARUとの併用を視野に入れるのが理想です。

ビバリア マルチパネルヒーター 16W

GEX 熱帯魚元気AUTO HEATER SH80 ヒーター

GEX スタンディSH80 熱帯魚 水槽用 ヒーター SHマーク対応 統一基準適合

ゼンスイ TEGARU テガル

スポンサーリンク
水槽レイアウト記事
小型レイアウトアイキャッチ中型1アイキャッチ中型レイアウトアイキャッチ
大型水槽レイアウトねすこんレイアウト総合アイキャッチ
アクア用品の関連記事
小型水槽向け外部フィルターアイキャッチ小型LEDアイキャッチコスパ重視! おすすめ外部フィルター3選!
水槽ヒーター選びアイキャッチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました