夏場に向けて!水槽クーラーおすすめ15選紹介!

アクアリウムのピンセットおすすめ11選!ピンセットの種類と代用品を紹介

おすすめのアクアリウム用ピンセットまとめ

アクアリウムは魚や水草の飼育が主になってきますが、”レイアウト”造りは避けて通れないでしょう。そのレイアウト造りで必要になってくる(役立つ)のがピンセットです。一般的にピンセットというと毛抜きやトゲ抜き用の小さなものをイメージしますが、アクアリウムで使用するピンセットは箸のように長いタイプになります。本記事ではピンセットの活用場面、種類、代用品、おすすめのピンセットをまるっと紹介していきますので参考にご覧ください!

目次

アクアリウムでピンセットは必要?

アクアリウムにピンセットは必要?

ピンセットは様々なシーンで役立つ

アクアリウムでは水槽や生体の管理をする上でピンセットをよく利用します。ハサミも合わせて利用することが多いアイテムで水槽脇にメンテナンス品として立て掛けているユーザーも多いです。主な用途は以下の通り

  • 水草の植栽に利用
  • 魚の餌やりに使用
  • 生体の治療に使用
  • 水槽内のゴミやコケ取りに使用
  • 水槽内の死骸撤去に使用

簡単に上げただけでも利用用途が多いピンセット。ピンセットにも種類が豊富で使うシーンによって使い分けると水槽の管理や細かいレイアウト作成が捗り、よりアクアリウムが楽しくなります。

水草水槽では必須!

水草水槽では水草を植えるというのが必ず発生します。手や割り箸、医療用ピンセットなどで植えられるだろうと初心者の頃に挑戦しましたが全くダメ。(同じ経験をしたことがある人もいるのでは?)

ソイルがバラけたり、植えられず水草が浮いてしまうことも普通にあります。そこで専用のピンセットを使うだけで大きく改善し、小さな水草も抜けることなく簡単に植える事ができます。もはやピンセットなくして水草水槽は出来ないと言って良いでしょう。

専用ピンセット以外で代用はある?

ピンセットの代用品

まず認知して欲しいのですが、ピンセットは安いものだと300円程度でも購入が可能です。アクアショップでは中古として数本で500円で売られていることも珍しくありません。安物出なくても800円〜1000円で購入ができます。なので代用品より買ってしまった方が良いです!

100均にハーバリウム用ピンセットがある

さて、代用品のお話ですが、100円ショップにもハーバリウム用として少し太めのピンセットが販売されています。細かく小さな水草の植栽には向きませんが代用品としては十分でしょう。

割り箸という奥義もある

ピンセットを買い忘れた…もう買いに出かけたくない…でも水槽をいじりたい…。という横着で駆け出しアクアリストさんは割り箸という奥の手があります。

むしろ割り箸よりもちゃんとした箸の方が先端が細いため植栽に向いています。割り箸は先端が四角く、太いので植えるのはかなり技量が必要です。1度試しに頑張ってみては?

アクアリウムで使えるピンセットの種類

アクアリウムで使用するピンセットはざっくりと5種類に分けることができます。

  1. ストレートタイプ(大)
  2. ストレートタイプ(中)
  3. ストレートタイプの先端丸型
  4. ストレートタイプの先端針型
  5. カーブタイプ(角度付き)

おおよそ上記の5種類に分けられます。(他にも特殊なものを見つけたら追加更新しますね)ストレートピンセットと若干異なる形をしているものをクチバシタイプと呼ぶ場合があります。

ストレートタイプとは?

ストレートタイプはそのまんまの意味で長くまっすぐなピンセットを指します。先端が丸みを帯びているもの、針のように尖った物で分けられ、長さは好みと使っている水槽のサイズに合わせて選ぶのが良いでしょう。

アクアリウムピンセットの種類
針型は刺さるので取り扱いには注意
アクアリウム用ピンセット
先端は2倍ほど差がある用途で使いやすさが全く異なる

丸型と針型どちらがおすすめ?

結論はどちらも持っておきたい!

経験上、何かを掴みやすいのは丸型、水草を植え込んだ際に水草が抜けにくいのは針型です。先端が丸いピンセットは力を入れやすく素材の配置にも使えます。また、髭苔やサンゴ苔といったブラシや素手で取りづらいものを取るのに向いています。

ピンセットで苔とり
丸型ピンセットは髭苔など吸着性の苔を取り除きやすい

一方の針型は力を入れ辛く、素材の配置には不向きですが、水草を植えた際にスッとピンセットだけ抜けるため水草が一緒に抜けてしまうということがほとんどありません。

カーブタイプ(角度付き)とは?

角度付きピンセット

カーブタイプはピンセットの先端に掛けて屈折している形を指します。ストレートタイプでは植えずらいポジションも届くため、素材のくぼみやガラス面付近など手の角度的に厳しい所へアプローチが可能です。ピンセットの先端が水草の根っこに巻き込まれる面積も少ないので、植えた際に一緒に引き抜いてしまう事故も減らせます。

おすすめのストレートピンセット

おすすめのピンセット

GEX 水草ピンセット ストレート

長さ25cm
値段Yahoo! 920円〜
Amazon 973円〜
楽天市場 920円〜

ピンセットにお金をかけたくない、でも使いやすいものを選びたいとう人にはおすすめの1本。相場は1000円を切っており、入手しやすいです。長さも25cmと十分で先端が1mmなので水草も植えやすく小さな水槽にも難なく使用できます。

水作 ピンセットバサミ 草作 400N

値段2600円〜長さ40cm

こちらも初心者向けピンセット。付属するパーツをつけることでハサミにもなるという商品。ハサミはお試し用として捉えるのが良いでしょう。切れ味や使いやすさを求める人には推奨できません。何本も揃えたくないよ〜という方におすすめ。ホームセンターでもよく見かけるピンセットです。

トロピカ社 ピンセット

値段3,580円〜長さ25cm

持ち手以外は細く尖っているので植え込む場所がよく見えやすく植えやすい特徴を持つピンセットです。先端にギザギザがあり、しっかりとホールドすることが出来ます。トロピカ社のネームバリューもあって少しお高めです。

ステンレスピンセット 逆作動

値段770円〜長さ17cm

ステンレスピンセットの中ではかなり安い部類に入るピンセットです。逆作動とはピンセットを押すとピンセットが開くという仕組みを意味します。

レイアウトに夢中になりすぎて力が入ってしまい、水草の根や株を潰してしまったり傷つけてしまうような人は超おすすめです。普通のピンセットと異なる形状をしているのもかっこいいですね。

アズー ウォータープラント クリップ

値段1,223円〜長さ27cm

GEXよりは若干お高いですが、こちらも掴みやすく、先端が針型なので植栽が非常にしやすいピンセットです。尖っているので「ソイルの袋に穴を開けちゃった」といった事故などに気をつけましょう。

ステンレスピンセット (ストレート)

値段300円〜長さ27cm

ピンセットの中でもおそらく最安値に位置する安価な商品。アクアショップでは投げ売りで販売されていることもあります。長さも十分。先端は丸型なため、繊細な作業は難しいですが、水草を植える、苔を取る、ゴミや死骸を取るといった基本的な作業はできます。とりあえず1本にピッタリなピンセット。

おすすめのカーブピンセット(角度付き)

おすすめのカーブピンセット

ステンレスピンセット (角度付き)

値段310円〜長さ27cm

非常に安価なカーブ型ステンレスピンセットです。メーカー品ならこのサイズでは1000円を超えるのでかなりお得なピンセットと言えます。このタイプ誰しもが持っていると言っても過言ではなく、筆者の家にも何故か数本あります。水草を植えるに十分なピンセットです。

GEX 水草ピンセット カーブ

値段933円〜長さ24cm

先述した安価なピンセットと比べると高いと感じる人もいるかもしれません。しかし、こちらのピンセットは先端が細い仕上がりになっているので植えた際に水草も一緒に抜けてしまうといったことが起きづらいです。数百円で使いやすさが向上するのでこちらの方がおすすめの場合もあります。

REON AQUA 角度つきピンセット

値段933円〜長さ25cm

こちらも先端が細くなっていくタイプのカーブ型ピンセットです。持ち手が厚みがあり持ちやすく、植えやすいので初めの1本としておすすめです。33cmのロングタイプも販売されています。

安く揃えたい!ピンセットセットを紹介

水槽用ピンセットロング 27cm2本セット

値段589円〜

27cmのストレートピンセットとカーブピンセットが2本セットになった商品。メーカーは謎ですが植えるだけには十分です。Amazonプライム会員なら送料なしで買えるので非常にお得です。

ライブタンク 全2種類3サイズ 

値段1220円〜

ストレートとカーブの2種類かつ27〜48cmの3種を揃えた計6本セットのピンセット。はっきりいってこんなに要らないですが、ピンセットって気づいたらどっかいってるので値段的にも意外とアリな商品。先端はどれも丸型なので水草を植える際にストレスに感じる人も。ストレスを感じたら1本針型のピンセットを購入しましょう。

おすすめのピンセットまとめ

格安ピンセットはあって損はない!

冒頭でも紹介したようにピンセットの用途は非常に多いです。人によってはレイアウト用、餌用と分けている人もいます。あるのとないのとでは楽しみの幅が広がるので是非ピンセット一家に3本くらいは用意しておきましょう。(ピンセットは割と紛失しやすく気づいたら3本以上あったみたいなこともある代物です)

ピンセットホルダーなどがあると便利

筆者は大きめの瓶にピンセットとハサミを一色単位入れて収納してしまいますが、水槽脇にスペースがある人はピンセットホルダーを用意している人も珍しくありません。用品も整うと水槽周りがより一層おしゃれになるのでホルダーも合わせて用意してみるのも良いかもしれませんね。

手入れもちゃんとしよう

ピンセットの手入れは水を拭き取るだけ。ステンレス製であってもずっと濡れたままにしておけばピンセットの先端の細かい部分が錆びてしまうことがあります。特にレイアウトをいじる際に石で傷がついたピンセットは錆びやすいので注意。

その他アクア用品に関する記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる