当サイト開催!水草水槽レイコン投票受付中

フィギュアを水槽に入れるレイアウト作品の作り方【rabbit bear作】

フィギュアを入れた水槽レイアウト

フィギュアを水槽内に持ち込むことで、独自の世界観を作る楽しみ方もあるのはご存じでしょうか?今回はモンスターハンターのフィギュアを水槽に入れたレイアウト作品の立ち上げ手順や使った設備道具などを紹介。また、水槽の手入れ・維持・使用した水草などもまとめているので参考にご覧ください。


協力アクアリスト

rabbitbear
プロフィール
Twitter初心者です! 色々な方の書込み見たいので無言でのフォローをお許しください ブラックファンシータイガーシュリンプの飼育を楽しんでいます! メダカが段々増えてきてます♫ラグビーが大好きです!
ソーシャルアイコン

本記事は2020年にTwitterレイアウトコンテスト「ねすこん」で出典・レイアウト紹介企画に参加頂いた内容をリライトしたものになります。

目次

フィギュアを入れた30cm水槽レイアウトの概要

フィギュアを入れた水槽レイアウト
30cmキューブ水槽のスペック
水槽コンセプト赤龍と青龍の縄張り争い
水槽スペック30cm×30m×30cm
アクアデザインアマノ
ソイルなど砂底アマゾニアパウダー・魔の土
フィルターエーハイム2213
照明器具アクロトライアングルブライト
光量1,950lm
点灯時間6時間
CO2あり
換水頻度30% / 週に2回

ンテが出来るだけ少なくなる様にしたいとは考えています 後、パイプ類や配管等クリアな物を使って目立たない様には心がけています。

使用した水草の種類と選定ポイント

フィギュアを入れた水槽レイアウト
タップで拡大できます

モンスターハンターの世界観(恐竜がいそうな)を意識してできるだけシダ系が目立つような配置を心がけたそう。また、水草育成自体は”初心者”だったこともあり育てやすそうな品種を選んだとか。

使用した水草
グロッソスティグマ前景
ブリクサショートリーフ中景
ハイグロフィラピンナティフィダ中景
ブセファランドラ中景
プレミアムモスポイント
ルドヴィジアspレッド後継
パールグラス後継

導入生体

ベタ
ベタ

フィギュアを入れた30cm水槽【立ち上げ】

ソイルは後継に傾斜を

石は気孔石を使って凸凹した地形を表現。ソイルは奥行きを出すため後ろに行くに連れて量も増えているのが分かる。ADAアマゾニアパウダーの代用はJUNプラチナソイルなどでも代用ができる。(ADA製品は特約店でのみ購入ができるため)

JUNプラチナソイルパウダー3L
Yahoo!
731円〜
Amazon
975円〜
楽天市場
731円〜

フィギュアの位置取りを調整

開いたスペースに流木を配置。流木の自然の形から立体感がより出ているのが分かる。最後はリオレウスのフィギュアを置いて調整。調整が済んだ段階で植栽に移るが、植栽する際は少し水を注水し水草を植えやすいようにする。

気孔石と流木は相性が良いですよねぇ

注水後の様子

注水後はどうしても白濁りしがち。1日もすれば大体は水が澄んでいることだろう。濁りが取れない人は濾過能力に問題があるか、濾過バクテリアが馴染んでいないかなど課題はいろいろ。スーパーバイコムなどを使うと立ち上げが安定するのでおすすめ。

フィギュアを入れた30cm水槽【メンテナンス】

水換え頻度

週に2〜3回、30%ほどの水換えです。

コケの処理

ミナミヌマエビが3匹入っています。

水槽立ち上げから出来上がりまでの経過

STEP
立ち上げ初期
STEP
植栽・注水
STEP
成長中
パールグラスなどが成長

徐々に成長していく姿が分かる。完成時の写真と比べるとパールグラスが育ちが追いついていない。道となる化粧砂部分もソイルが散らばっている。これは完成までの経過としてはごく自然なこと。

STEP
完成まで
フィギュアを入れた水槽レイアウト

撮影時には水草をトリミングしつつ、化粧砂にまで伸びたグロッソも剪定。化粧砂も必要に応じて追加すると良い。(時間経過で化粧砂に苔がついてしまう事があるため)後ろからライトを当てることでフィギュアとベタが強調され良い出来栄えに。

作品で使われた備品まとめ

ADA製品は実店舗での購入になります!

JUNプラチナソイルパウダー3L
Yahoo!
731円〜
Amazon
975円〜
楽天市場
731円〜
エーハイム2213
Yahoo!
10,400円〜
Amazon
10,800円〜
楽天市場
10,400円〜
アクロトライアングルブライト
Yahoo!
4,780円〜
Amazon
13,500円〜
楽天市場
4780円〜
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムはまだまだニッチなジャンルで、情報が綺麗にまとまっていないのが現状です。アクアリウムに関する様々なログや情報をお届けしていきます。定期的にコンテストも開催し、アクアリストを繋ぐメディアの運営に努めています。

目次