水草水槽を立ち上げる費用はいくら?

水草水槽の立ち上げに掛かる費用アクアリウムネタ
スポンサーリンク

水草水槽の立ち上げかかる費用

水槽規格初期費用概算
30cm7,3201万4,270
45cm1万2,3702万5,470
60cm1万4,4702万6,870

水草水槽を立ち上げる際に掛かる費用の概算を算出しました。
あくまで目安なため、最低額よりも低い場合もあります。
また、上限額も質を求めれば必然的に上昇します。

スポンサーリンク

水草水槽の立ち上げ費用の内訳

水槽のサイズ

水槽サイズ価格維持のしやすさ
30cm1300円~★・・
45cm2100円~★★・
60cm2500円~★★★

自分好みの水槽から始めましょう。

水槽初心者セット
管理のしやさから言えば大きい水槽ほど水質管理はしやすくなります。
水槽、LEDライト、外部フィルターがセットになって売っているものもあります。
水槽が実質タダという商品もありますので、ネットでも探してみましょう。
縁のない水槽を選びたい場合は、フレームレスと入れて検索しましょう。

ソイル(水槽内に敷く土)

水槽規格ソイルの量価格
30cm1L~3L350~1000円
45cm3L~8L1000~2900円
60cm8L1000~2900円

水草水槽にソイルは必須です。
ガーデニングでいえば腐葉土みたいなものです。
60cmスリム水槽の場合、8Lもあれば十分足りるでしょう。

ソイルの画像

ソイルを敷く厚さは4〜6cmあればしっかり根付きます。
2〜3cmほどの厚さだと、日々の水換えなどによってソイルがさらに薄くなり、水草も根付きにくくなってしまう可能性があります。
水をかける前と後では厚さが変動しますので、気持ち多めに入れるようにするとベスト。

ソイルは後から継ぎ足すこともあるので多少余っても問題ありません。
捨てずにとっておきましょう。

粒の大きさはパウダーがおすすめ

ソイルの粒の大きさにはノーマル、パウダー、スーパーパウダーが存在します。
(メーカーによってサイズ表現は多少異なる)
中でもパウダーは粒が大きすぎず、小さすぎず外見も植えやすさの面からもおすすめできます。

照明器具(LEDライト)

水槽規格照明器具
30cm2000~4000円
45cm3000~5000円
60cm4700~7000円

筆者が最もおすすめするLED照明はGEXのパワーⅢです。

GEXLEDパワーⅢ

光の強さ、波長、価格ともに無難と言える性能です。
人気も高く後からフリマアプリに出しても買い手が見つかるため、もし挫折してもゴミにはなりません。
念のため、購入時の箱は捨てずにとっておきましょう。

ちなみに、
性能判断基準ではルーメン(光の届く距離)、ケルビン(光の色温度)になります。

LED照明購入でのNG行為

安いLED照明は数え切れないほど存在しますが、安いものには安いなりの理由があります。
光が弱かったり、範囲が狭かったりなどなど。
吸盤で貼り付けるタイプ、水槽にかける小さいタイプでは水草は全然育ちませんので購入を控えるようにしましょう。

水槽フィルター

水槽規格推奨フィルター価格
30cmサイレントフロー
コーナーフィルター
メガパワー2045 など
500円~3000円
45~60cmサイレントフロー
メガパワー2045
エーハイム2213
パワーボックスSV
テトラバリューAXなど
3000~10000円

水中式フィルターを選ぼう

水中式フィルター

フィルターは絶対にケチってはいけないところです。
良いフィルターを購入するほど管理がとても楽になると思って良いです。
小さい水槽ではサイレントフローなど、コーナー設置型のフィルターでことたりますが、45cm
規格以上になると外部フィルターでないと環境維持が面倒になります。
費用削減のため、見た目は少し悪いですが、コーナー設置型フィルターと安い外部フィルターを併用するといったやり方もおすすめ。

外付けフィルターはおすすめしない

外付けフィルターの画像

特に30cmや60cm水槽でセット売りされている外付けフィルターは、水中内に酸素を取り込みやすくなってしまうため、水草育成には不向きです。

その他に必要な道具

★3つは必須
★2つはあれば良い
★余裕があれば用意
道具価格必要度
エアーレーション500円~★★★
長めのピンセット110円~★★★
トリミング用ハサミ900円~★★★
タイマー通電1000~2000円★★★
カルキぬき/水質調整剤100円~800円★★★
バケツ100円~★★★
水換えポンプ110円~★★★
コケ取り道具100円~★★★
バクテリア剤350円~★★★
クーラー/ヒーター1800円~★★・
エビ、コケ取り生体70円~★・・
CO2レギュレータ10000前後★・・
水温計150円~★・・

エアーとバクテリアはセットで必須

エアーレーションとバクテリア

エアーレーションとバクテリア剤は最も重要な道具です。
水草に酸素いるの?と思ってしまいますが、夜間は酸素を栄養の一つとして取り入れるため必須です。
また、バクテリアも住み着いてもらわなければ水質がいつまでたっても安定しません。
夜間のエアーレーション+バクテリア付与は必須です。

ピンセットは100均でも買える

ピンセット

最近ではハーバリウムブーム。
100円ショップでも水草を植える時に使えるピンセットが売られています。
もしかするとトリミングに使えるハサミも売っているかもしれません。

タイマーコンセントは2つ買おう

スイッチタイマー

2つ機能がついている場合は1つで問題ありません。

1つ目は照明点灯・CO2添加時用として機能させます。
2つ目はエアーレーション添加用として機能させます。

昼夜のを正確な時間で区切った方が水草は安定して成長します。
人の手で昼夜を演出するのは困難ですので、タイマーコンセントを購入しましょう。
タイマー通電と検索しても出てきます。

スポンサーリンク

まとめ 初期費用は2万円がオススメ

筆者が初めて水草水槽を始めた時は30cm水槽ではなく、ポットから始めました。

ポット水槽

ポットなので、エアーレーションもCO2も上手く添加できませんでした。
(方法はいくらでもあるが)

水草が育つライトを買い手動で点灯などをしていたのは良い思い出。
これでも育つことは育ちます。
ただ、バクテリアが安定しないこともあり、油膜が常に発生するなど管理は非常に難しいものでした。

当時の水槽立ち上げ時に掛かった費用は覚えていませんが、ちゃんとやる選択肢があるなら最初から水槽と良いフィルター、LED照明を買うべきだったと後悔しました。

今から水草水槽(ネイチャーアクアリウム)をやってみたい!
と考えている人は初期費用を約2万円(挫折時、LED照明や外部フィルターを売れば多少戻ってくる)として始めることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました