夏場に向けて!水槽クーラーおすすめ15選紹介!

アクアリウム(趣味)にかかる費用は?少ないお金で水槽を立ち上げよう!

アクアリウム趣味にかかるお金

アクアリウムにかかる費用ってどれくらい?趣味として始めたいけど相場がわからない人が多いのではないでしょうか?特に魚を買うだけで済まない水草水槽(ネイチャーアクアリウム)は尚のこと情報量が少なく未知だと思います。この記事では水草水槽を始めるのに掛かる費用(お金)を紹介しています。始めるために必要な道具の価格内訳やオススメの商品、購入に注意すべき商品についても言及しています。参考にご覧ください。

あわせて読みたい
30cm水槽立ち上げ費用シミュレーター|水槽立ち上げ費用を算出してみよう! 30cm水槽で水草水槽を立ち上げる時を想定して実際の立ち上げ費用がいくらになるのか想定するのに使う自動計算機になります。これから水槽を立ち上げたいけどいくらにな...
目次

水草水槽の立ち上げかかる費用

意外にお金がかからない

水槽規格 初期費用概算
30cm 7,3201万4,270
45cm 1万2,3702万5,470
60cm 1万4,4702万6,870

水草水槽を立ち上げる際に掛かる費用の概算を算出しました。あくまで目安なため、最低額よりも低い場合もあります。また、上限額も質を求めれば必然的に上昇します。熱帯魚の飼育だけするのであれば、もっと費用は抑えられるので、アクアリウムを趣味で始めること自体はかなりハードルが低いのです。

あわせて読みたい
初心者でも簡単にできる水草絨毯おすすめ5選! 水槽レイアウトおすすめ記事 【水槽の中に絨毯を作れるおすすめ水草】 5位 ショートヘアグラス ショートヘアグラスの基本情報 育成難易度 ★★★・・ 絨毯になる目安 2〜4...

水草水槽のサイズごとにかかる費用

水槽サイズごとの価格平均

水槽サイズ 水槽の価格 維持のしやすさ
30cm 1300円~ ★・・
45cm 2100円~ ★★・
60cm 2500円~ ★★★

小さい水槽=維持がしやすいと思いがちですが、水量が少ないほど水質管理は難しくなります。ただし、大きい水槽ほど設備にお金がかかってくるので、お金とスペースをとるか、手間をとるかになってきます。

個人的には小さい水槽から初めて、いろんな手間やトラブルを実際に経験する方がアクアリウムがより楽しくなると経験から思います。

水槽は単体orセット購入をしよう

もし、アクア用品を既に持っている場合は、水槽単体で購入した方がお得ですが、水槽の規格ごとに見合った道具がない場合は、セット売りしているものを選んだ方がお得の場合があります。中には価格的に水槽代やフィルター代が実質タダで売られている商品もあります。

水草を使ったレイアウトはこちら

水槽レイアウト記事
小型レイアウトアイキャッチ 中型1アイキャッチ 中型レイアウトアイキャッチ
大型水槽レイアウト ねすこんレイアウト 総合アイキャッチ

ソイル(水槽内に敷く土)に掛かる費用

水槽サイズごとの必要量と平均価格

水槽規格 ソイルの量 価格
30cm 1L~3L 350~1000円
45cm 3L~8L 1000~2900円
60cm 8L 1000~2900円

水草水槽にソイルは必須です。ガーデニングでいえば腐葉土みたいなものです。60cmスリム水槽の場合、8Lもあれば十分足りるでしょう。

ソイルを敷く厚さは4〜6cmあればしっかり根付きます。2〜3cmほどの厚さだと、日々の水換えなどによってソイルがさらに薄くなり、水草も根付きにくくなってしまう可能性があります。水をかける前と後では厚さが変動しますので、気持ち多めに入れるようにするとベスト。

ソイルは後から継ぎ足すこともあるので多少余っても問題ありません。捨てずにとっておきましょう。

粒の大きさはパウダーがおすすめ

ソイルの粒の大きさにはノーマル、パウダー、スーパーパウダーが存在します。(メーカーによってサイズ表現は多少異なる)中でもパウダーは粒が大きすぎず、小さすぎず外見も植えやすさの面からもおすすめできます。

あわせて読みたい
ソイルに寿命はある?ない?ソイルのメリットとデメリットも紹介 水草を育てる時に必要になるアクアリウム用の土「ソイル」。巷ではそのソイルに寿命があるとかないとか言われていますが、実際のところ寿命はあるのか?をこの記事では...

LEDライトに掛かる費用

水槽サイズごとの平均価格

水槽規格 照明器具
30cm 2000~4000円
45cm 3000~5000円
60cm 4700~7000円

LEDライトは水槽ごとに規格が違うので、見合ったものを買いましょう。30cm水槽なら商品名+300、60cm水槽なら商品名+600といったように、ほとんどのLEDライトには商品名の後ろにサイズ数字が買いてあります。

上記の平均価格は1つあたりの価格です。
光量によっては2つ必要になる場合があるので、最大でも2倍の額が掛かることを想定しておきましょう。

あわせて読みたい
60cm水槽LEDライトのおすすめ最強コスパ10選を紹介【2022年6月最新】 アクアリウム初心者にオススメするコスパが良い水槽LED照明を紹介しています。GEX、コトブキ、アクロ(aqullo)で迷っている方は必見です。

水槽サイズごとの必要光量

水槽規格 まぁまぁ育つ 十分育つ
30cm 300〜500lm 588〜1,176lm
45cm 750lm〜1000lm 1,500〜2,000lm
60cm 1000lm〜2,000lm 2,550〜3,000lm
※上記の表はGEX、suisaku、KOTOBUKI、アクロから出る商品を参考に作成しています。
主な基準参考商品:リーフグロー、suisaku300~、KOTOBUKIツイン、GEXパワーⅢ、アクロtriangle

水槽サイズごとに必要な光量になります。ライトを一つ買った場合は「まぁまぁ育つ」レベルの光量になります。水草の育ちがよくないなどの弊害が起きた時にLEDライトを買い足すなどの対処がベスト。

あわせて読みたい
水槽LEDライトは2つ必要か?1つで良いか?問題 久々のコラムは水槽に設置するLEDライトは1つで十分なのか、2つあった方が良いのか問題について語っていきます。 この話題は結論から言うと「好きにすれば良い」であり、1...
あわせて読みたい
60cm水槽LEDライトのおすすめ最強コスパ10選を紹介【2022年6月最新】 アクアリウム初心者にオススメするコスパが良い水槽LED照明を紹介しています。GEX、コトブキ、アクロ(aqullo)で迷っている方は必見です。
あわせて読みたい
30cm水槽におすすめのLEDライト16選!最強コスパはどれ?【6月最新版】 水草水槽には高い光量を発揮できるLEDライトが欠かせません。ただ、水槽のLEDライトの種類は多く、値段の差もかなりあります。この記事では30cm水槽におすすめできるLED...
ちなみに、
性能判断基準ではルーメン(光の届く距離)、ケルビン(光の色温度)になります。

水槽フィルターに掛かる費用

水槽サイズごとの平均価格

水槽規格 推奨フィルター 価格
30cm サイレントフロー
コーナーフィルター
メガパワー2045 など
500円~3000円
45~60cm サイレントフロー
メガパワー2045
エーハイム2213
パワーボックスSV
テトラバリューAXなど
3000~10000円

外部フィルターか水中フィルターを選ぼう

フィルターは絶対にケチってはいけないところです。良いフィルターを購入するほど管理がとても楽になると思って良いです。水草水槽をするなら外部フィルターを購入するのが最もおすすめです。

外部フィルターをおすすめする理由

外部フィルターは濾過能力が高く、手入れの数も少なくて済むので初心者には逆におすすめしたいフィルターです。外掛けフィルターや水中フィルターは濾過能力がそこまで高くなく、濾過パッドを1〜2ヶ月の頻度で交換しなければならないため、初期費用が安いものの手間とランニングコストがかかってきます。

外付けフィルターはおすすめしない

特に30cmや60cm水槽でセット売りされている外付けフィルターは、水中内に酸素を取り込みやすくなってしまうため、水草育成には不向きです。

水槽に必要な道具の価格一覧

★3つは必須
★2つはあれば良い
★余裕があれば用意
道具価格必要度
エアーレーション500円〜★★★
長めのピンセット100円〜★★★
トリミング用ハサミ900円〜★★★
タイマーコンセント1000円〜★★★
カルキ抜き
水質調整剤
100円〜★★★
バケツ100円〜★★★
水換えポンプ100円〜★★★
コケ取り道具
メラニンスポンジ
100円〜★★★
バクテリア材350円〜★★★
クーラーもしくは扇風機ファン500円〜★★★
ヒーター1500円〜★★★
エビ・コケ取り生体70円〜★★・
CO2レギュレーター10000円前後★・・
水温計150円〜★★・

エアーとバクテリアはセットで必須

エアーレーションとバクテリア剤は最も重要な道具です。水草に酸素いるの?と思ってしまいますが、夜間は酸素を栄養の一つとして取り入れるため必須です。また、バクテリアも住み着いてもらわなければ水質がいつまでたっても安定しません。夜間のエアーレーション+バクテリア付与は必須です。

ピンセットは100均でも買える

最近ではハーバリウムブーム。100円ショップでも水草を植える時に使えるピンセットが売られています。もしかするとトリミングに使えるハサミも売っているかもしれません。

タイマーコンセントは2つ買おう

2つ機能がついている場合は1つで問題ありません。

1つ目は照明点灯・CO2添加時用として機能させます。
2つ目はエアーレーション添加用として機能させます。

昼夜のを正確な時間で区切った方が水草は安定して成長します。人の手で昼夜を演出するのは困難ですので、タイマーコンセントを購入しましょう。

まとめ 初期費用は2万円がオススメ

筆者が初めて水草水槽を始めた時は30cm水槽ではなく、ポットから始めました。

ポット水槽

ポットなので、エアーレーションもCO2も上手く添加できませんでした。

あわせて読みたい
二酸化炭素がアクアリウム(水草水槽)に必要な理由と簡単な添加方法 水草水槽を始める上で二酸化炭素が必要か必要でないかは悩みどころです。この記事では二酸化炭素を添加することで得られる効果や必要な理由、必要でない場面を紹介して...

水草が育つライトを買い手動で点灯などをしていたのは良い思い出。これでも育つことは育ちます。ただ、バクテリアが安定しないこともあり、油膜が常に発生するなど管理は非常に難しいものでした。

あわせて読みたい
30cm水槽におすすめのLEDライト16選!最強コスパはどれ?【6月最新版】 水草水槽には高い光量を発揮できるLEDライトが欠かせません。ただ、水槽のLEDライトの種類は多く、値段の差もかなりあります。この記事では30cm水槽におすすめできるLED...

当時の水槽立ち上げ時に掛かった費用は覚えていませんが、ちゃんとやる選択肢があるなら最初から水槽と良いフィルター、LED照明を買うべきだったと後悔しました。

今から水草水槽(ネイチャーアクアリウム)をやってみたい!と考えている人は初期費用を約2万円(挫折時、LED照明や外部フィルターを売れば多少戻ってくる)として始めることをオススメします。

あわせて読みたい
初心者でもできる20cmキューブ水槽レイアウトの立ち上げ方法 初めて水草を使った水槽レイアウトを作ってみたい。水槽に入れやすい水草を基準に初心者でもできる水草水槽レイアウト方法を紹介しています。水草水槽を立ち上げるため...
あわせて読みたい
30cm水槽を立ち上げてみた!初心者おすすめレイアウト 水草水槽を30cm水槽で立ち上げた時の必要な道具や水草、初心者でも簡単にできるレイアウトについてまとめています。この記事の手順通りに必要な材料や水草を揃えて配置...
あわせて読みたい
世界水草レイアウトコンテスト60cm水槽初心者レイアウト 初心者でも真似して作れるお手軽60cm水草水槽レイアウトの立ち上げや管理方法をご紹介!このレイアウトは世界水草レイアウトコンテストにエントリーもしています。立ち...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる