ミリオフィラム・マトグロッセンセの白化や枯れる原因は?気泡がつくほどに綺麗に育てる方法

ミリオフィラム・マトグロッセンセ生体・熱帯魚

ミリオフィラム・マトグロッセンセは中景に用いられることが多い水草です。初心者から上級者まで好まれる水草ですが、栄養不足や水質が悪くなると白化してしまったり、枯れる場合があります。この記事ではミリオフィラム・マトグロッセンセの増やし方や活着の仕方などの育て方やレイアウト活用例を紹介しています。

スポンサーリンク

ミリオフォラム・マトグロッセンセの基本情報

ミリオフィラム・マトグロッセンセ

ミリオフィラム・マトグロッセンセの基本情報
分類アリノトウグサ科
フサモ属
学名Myriophyllum mattogrossense
別名ミリオフィラム マトグロッセンセ”グリーン
育成難易度★★★・・
成長速度ゆっくり
レイアウト配置中景〜後景
水温20〜26度
水質(pH)5.5〜7
硬度(GH)0〜6
二酸化炭素(CO2)あった方が良い
光量/照明強い方が良い
増やし方トリミングによる枝分かれ
差し戻し
参考価格300円〜

繊細な葉状態が特徴的

ミリオフィラムマトグロッセンセは通称ミリオフィラムと呼ばれ初心者から上級者まで好まれる水草です。姿は知識の浅い方だとマツモやカボンバを連想するかもしれません。しかし、点灯時の姿は明らかに形状が違い、ミリオフィラムの方がボテっとした印象を与えません。

赤いミリオフィラムもある

ミリオフィラムの姿のままオレンジ〜赤色に染まる種類も存在します。レッドミリオフィラムやオレンジミリオフォラムと呼ばれ、レイアウト赤みを取り入れたい場合に人気のある水草です。

レッドミリオフィラムの育て方(トリミングの仕方やレイアウト術)を紹介!
レッドミリオフィラムはオレンジ色から赤色にかけて発色する細かな葉を持った水草です。ぱっと見はロタラワリッキー(リスのしっぽ)や赤色のガボンバのように見える水草です。育成はやや難しく、強い光と多めのCO2が必要です。この記事ではレッドミリオフィラムの育て方やトリミングの仕方などをまとめています。

水槽サイズは選ばない

ミリオフィラムは束買いするとかなりのボリュームで小型水槽には余ってしまいますが、トリミングして小分けにすればレイアウトに使えます。成長してもトリミングでコントロールできるので水槽サイズは選びません。

スポンサーリンク

ミリオフィラム・マトグロッセンセの育て方

ミリオフィラム・マトグロッセンセの必要光量

水槽サイズ育成難易度(低)育成難易度(高)
30cm350lm700lm
45cm1,000lm2,000lm
60cm1,500lm3,000lm
90cm3,000lm6,000lm

光量が低いと成長速度が落ち、葉が溶け始めたり、ポロポロと抜けやすくなります。綺麗な状態でキープするなら高めの光量が必要不可欠です。

ミリオフィラム・マトグロッセンセに二酸化炭素(CO2)は必要?

ミリオフィラムマトグロッセンセの魅力は気泡をつけた姿では無いでしょうか?だとすると二酸化炭素(co2)は添加した方が良いです。また、成長速度はゆっくりなので、二酸化炭素(CO2)なしだとコケに侵食されやすくなります。

水草水槽に自作CO2(発酵式)添加装置を作ろう!必要な材料や出ない時の対処法を紹介!
水草水槽節約術として有名なイースト菌(ドライイースト)と砂糖(グラニュー糖)を使った発酵式CO2(二酸化炭素)添加装置の作り方をご紹介!維持コストは3週間で20〜30円程度なので初めてCO2を水草水槽に添加したい人はぜひ参考にしてお試しください。
超簡単!ペットボトル(炭酸水)でCO2を添加しよう【水草水槽節約術】
水草水槽節約術として有名な炭酸水(ペットボトル)を活用したCO2(二酸化炭素)添加方法をご紹介!ペットボトルのCO2添加はイースト菌などを使った発酵式や化学式と言われるものが主流ですが、もっと簡単に手ごろにできるのが炭酸水を活用した方法です。やり方は非常に簡単なので節約したいアクアリストは参考にしてください。

ミリオフィラム・マトグロッセンセの増やし方

ミリオフィラム・マトグロッセンセはトリミングによる枝分かれや、差し戻しで増やしていく方法となります。葉が3枚〜5枚ほど地表から出る状態で植えれば問題なく育つでしょう。

ミリオフィラム・マトグロッセンセが白化/枯れる場合

ミリオフィラム・マトグロッセンセが黄色もしくは白くなっていく状態を白化と呼ぶことがありますが、この状態時は栄養不足または光量不足の場合があります。液肥や固形肥料を足して要素を見てみましょう。

スポンサーリンク

ミリオフィラム・マトグロッセンセのコケ対策

ミリオフィラム・マトグロッセンセは細かい葉状のため、苔が付くと除去が非常に厄介です。管理にミスるとミリオフィラム自体がダメになったりすることがあります。苔の対策方法を紹介していきます。

ミナミまたはヤマトヌマエビを入れる

ヤマトヌマエビの群れ

ミリオフィラム・マトグロッセンセは食べられやすそうな見た目をしていますが、食害はあまりありません。事前の予防としてはほぼ必須です。

トリミングしてしまう

エビやサイアミーズなどのコケ取り生体でも対応出来ない場合は早々に切り落としてしまうのが良いでしょう。

オキシドールの添加もあり

精細な葉の隙間に糸状苔などのもふもふした苔がつきやすく、また取りづらいのが厄介。生体での対応が難しく、トリミングも避けたい場合はオキシドールに頼るのも良いでしょう。

オキシドールでのコケ除去は最強!?失敗しないやり方
藍藻やアオミドロ、髭苔などをオキシドールで生体に害なく除去する方法をご紹介します。また、それぞれ苔の効果についても画像付きで解説していますのでご参考にご覧ください。
スポンサーリンク

ミリオフィラム・マトグロッセンセを使ったレイアウト

30cm水槽レイアウト

タイガーロータスを使ったレイアウト出典:タイガーロータスを使った30cm水槽レイアウト【ゲバロング作】

タイガーロータスを使った30cm水槽レイアウト【ゲバロング作】
ゲバロングさんが手掛けるタイガーロータスを使った30cm水槽の管理の仕方や手入れ方法を紹介しています。水草配置や入れている生体についても紹介しているので参考にご覧下さい。

 

ミクロソリウムを使ったレイアウト出典:初心者でも参考になる30cm水槽レイアウト140選【ねすこん】とらたろう

 

つきじリウム出典:初心者でも参考になる30cm水槽レイアウト140選【ねすこん】つきじリウム

スポンサーリンク

ミリオフィラム・マトグロッセンセの価格

割と安価に売られている

アクアショップでは1束300〜500円程度で売られています。ショップによっては丈も本数も多く、解体して2束になる量の場合もあります。解体して植え直す事も考えて購入しないと廃棄を産むことになるので気をつけましょう。

培養カップはおすすめしない

ミリオフィラム・マトグロッセンセは安価で束売りされているため、培養カップをわざわざ選ぶ必要はないと思います。スネールや害虫の混入がどうしても嫌だという場合は例外ですが、「水草その前に」を使えば解決なのでは…。

タイトルとURLをコピーしました