10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

コンゴテトラの飼育|寿命や混泳・オスメスの違いを紹介

コンゴテトラの飼育方法

コンゴテトラはヒラヒラとしたヒレを持ち大きさもあるカラシン目の熱帯魚。水質にうるさくなく、丈夫なため初心者でも飼いやすい熱帯魚です。45cm水槽のサイズから導入を検討される人も多いようです。この記事ではコンゴテトラの適した水槽や育て方、寿命や餌、繁殖の仕方などを紹介しています。

目次

コンゴテトラはどんな熱帯魚?

コンゴテトラの飼育方法
コンゴテトラの情報
分類カラシン目
アレステス科
学名Phenacogrammus interruptus
別名コンゴーテトラ
生息地アフリカ・コンゴ
大きさ6〜10cm
寿命4年〜6年
育成難易度
温度22〜28度
水質6.0〜8.0
硬度3〜18
繁殖産卵型
参考価格250円〜

中央アフリカやコンゴが原産のカラシンの仲間。カラシンといえば3cm程度の大きさ(主にネオンテトラなど)を想像しますが、コンゴテトラはその倍以上の大きさに成長します。まるでレインボーフィッシュやグッピーの掛け合わせのようなヒレを背鰭、尾鰭、腹鰭に持っているのが最大の特徴です。

オスとメスの見分け方

オスはメスよりも大きくヒレの発色も良いのが特徴。大きいと10cm以上になる場合があるので小さい水槽では管理が難しかったり、ヒレが萎縮や破れてしまう要因になったりもします。繁殖は卵を撒き散らす散乱タイプになります。

混泳:エビは要注意

コンゴテトラは雑食性のため、チェリーシュリンプや稚魚といった小さい生体は食べる事があります。一度食べてしまうと味を覚えてしまうので隠れ家が豊富にあったとしても混泳は厳しいです。また、成熟し群生したコンゴテトラはヤマトヌマエビなど大きなエビも襲う場合があります。

コンゴテトラの飼育方法

水槽サイズは45cmからが理想

コンゴテトラの体長は6〜10cmと30cm未満の水槽ではかなり大きく感じるサイズです。45cm水槽でもレイアウトによっては圧迫感が強く、ヒレを美しく伸長させることが困難になる場合があります。

餌は何でも食べる

  • フレーク
  • 顆粒
  • ブラインシュリンプ
  • イトメ
  • 冷凍アカムシ

コンゴテトラは食にうるさくなく基本的に何でも食べてくれます。発色をあげるには冷凍アカムシなどの栄養価が高いものをあげると良いでしょう。

コンゴテトラの水合わせ

コンゴテトラを購入した場合、ショップからの持ち帰りでも通販でも、まずは水合わせが必要です。水合わせとは飼育環境とショップなどでの管理環境における水質をできるだけ合わせることを指します。

水合わせの一例
  1. 購入してきた袋を水槽に浮かべる。もしくは同じ温度の水が入ったバケツに袋ごと入れて30分放置。
  2. 袋に2〜3ヶ所穴を開けて導入する水槽に浮かべてさらに30分。(穴の空いた面を水中に)
  3. 袋にハサミを入れて先程よりも水が混ざるようにする。さらに30分放置。
  4. 最後に個体を水槽にうつし、袋の水は袋ごと取り除く。(気にならなければ水も入れて良い)

上記は水合わせの簡易的な一例になります。PHをより正確に慎重に合わせストレスを軽減させたい場合は点滴法とってエアチューブを使って飼育水槽から購入した袋へ一滴ずつ水を送り込んで調和せる方法がおすすめです。

コンゴテトラを美しく魅せる

遊泳スペースをしっかり確保し、水質は弱酸性に傾け、水草など柔らかい隠れ家を用意してあげると徐々に発色が良くなっていきます。コンゴテトラよりも大きい魚や縄張り意識が強く攻撃性のある魚がいるとヒレが萎縮して伸長しない場合があります。

コンゴテトラまとめ

コンゴテトラはスタイリッシュな体型にヒレをまとった熱帯魚。近年では水族館でも見られることが多くなりました。丈夫さでいえば飼いやすく観賞魚を楽しみたい方にはおすすめです。

しかしながら、寿命はカラシンの中でも長い方で、かつ大きくなるため水草水槽ではストック水槽がないと管理のバランスが取りづらくなるのも事実。(常にレイアウトのスタメンとして登場するならストック水槽の必要はないが)

水草水槽を作る方は自身のレイアウト変更の頻度とコンゴテトラが長く生きること、大きくなることの視点を持ち、生涯きちんと飼えるかを判断してから購入するようにしましょう。

池袋サンシャイン水族館ではコンゴテトラ大水槽が見れる

コンゴテトラの水槽

東京都内にある池袋サンシャイン水族館ではコンゴテトラの群生を見れる大水槽が展示されています。この規模でコンゴテトラの群生を見ることはなかなかできないので是非一度見てみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次