レモンテトラの飼育|色揚げ・繁殖・寿命・混浴相性について

レモンテトラ生体・熱帯魚

レモンテトラは背鰭、腹鰭が黄色く染まり、退職全体も黄色くなるカラシン科の熱帯魚です。水質管理が不慣れな初心者でも飼育しやすいことでも有名です。この記事ではレモンテトラの適した水質や育て方、寿命や餌、繁殖の仕方などを紹介しています。

スポンサーリンク

レモンテトラの特徴

レモンテトラの基本情報
大きさ3〜4cm
水質pH5.0〜7.5
硬度1〜12
水温20度〜28度
寿命4年〜5年
学名Hyphessobrycon pulchripinnis
分類カラシン目
カラシン科
分布ブラジル
別名とくになし
繁殖ばら撒き
参考価格150円〜

レモンテトラの概要

レモンテトラはレモンのように腹ビレや背ビレが黄色く染るカラシンの仲間です。体色も黄色寄りのシルバーになるのが魅力の1つ。ネオンテトラなどメジャーカラシンと大差ないサイズ感で混浴もできるので人気があります。

プリステラとの違い

プリステラ(熱帯魚)の飼育方法

レモンテトラと類似したカラシンにプリステラという熱帯魚がいます。プリステラも背鰭、腹鰭に黄色いスポットが入りますが、よく見るとラインの向きが違うのが分かります。また、プリステラは尾ひれが赤く染まる特徴もあります。

熱帯魚プリステラの好む水流や寿命は?プリステラの繁殖や適した水温など飼育方法を紹介
黄色と黒の背ビレ/腹ビレと赤く染まる尾ビレ特徴的なカラシン科の熱帯魚プリステラ。水質にうるさくなく、丈夫で温厚なため、初心者でも混浴して飼いやすい熱帯魚です。成熟するまでは尾ヒレが赤く染まらないため、好みが別れる魚でもあります。この記事では...

初心者も飼いやすい

レモンテトラはネオンテトラと同様に水質悪化や温度など環境の変化に耐えられる種です。さすがに汚い、温度差が激しいといった劣悪な環境であれば1年も経たずにしんでしまいますが…。ちゃんと育てれば5年以上生きることも容易です。

餌はなんでも食べる雑食性

  • フレーク
  • 顆粒
  • 冷凍アカムシ
  • 乾燥アカムシ

レモンテトラはなんでも食べるため、餌には苦労しません。餌を与えないと水草を齧ってしまう場合があります。

迎えたのに餌を食べない

全ての熱帯魚に言えることですが、新しい環境に引っ越した魚は一時的に餌を食べなくなる事があります。対処方法としてはアカムシなら切ってあげる、フレークなら沈下させてあげるなどして興味を持ってもらうようにしましょう。

ただし、魚は断食しても2週間は平気で生きていますので、餓死する前に環境に慣れて餌を食べる方が早いかと思います。

アクアリウムを楽しもう公式キャラ

水槽内に同じくらいの大きさの魚がいる場合は真似をして直ぐに食べてくれることもあるよ!

タイトルとURLをコピーしました