10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

ラミノーズテトラの飼育【混泳・寿命など】赤くなる方法も紹介

ラミノーズテトラの育て方

ラミノーズテトラは赤い頭が印象的な小型の熱帯魚です。名前の由来は頭の赤から来ており、「ラミーノーズ=酔っぱらいの鼻」という意味からだそう。

餌により好みしないので初心者でも育てやすいです。初めての観賞魚飼育としてもおすすめです。この記事ではラミノーズテトラの飼育方法(餌情報、混泳相性、繁殖方法、病気の対策、赤くならない原因と対策)をまとめていますので参考にご覧ください。

目次

ラミノーズテトラはどんな熱帯魚?

ラミノーズテトラの育て方
ラミノーズテトラの情報
分類カラシン科
ヘミグランムス属
学名Hemigrammus bleheri
別名ラミーノーズテトラ
大きさ3〜4cm
寿命2年〜4年
分布南米(コロンビア・ブラジル)
ネグロ川
育成難易度
温度20〜26度
水質5.5〜8.0
硬度2〜15
繁殖産卵床への産みつけ
参考価格250円〜

赤い頭が特徴的

ラミノーズテトラといえば目元から口先まで真っ赤な姿が特徴的な熱帯魚。色味が乗ったラミノーズテトラは飴色〜銀色の体色と赤い頭のバランスが美しいです。同種でも群生しますが、同じ大きさの魚同士でも群生しやすいです。

ラミノーズテトラの相場価格

ラミノーズテトラの相場は1匹あたり80円〜250円と価格幅はとても広いです。卸値で販売しているようなアクアショップでは10匹800円で売られていることも珍しくありません。ネットでは1匹あたり110円程で売られているようです。(送料別)近隣に価格が高いお店しかない場合はネット購入の方がお得かもしれません。

1匹あたりの相場
ネットショップ
Yahoo! 176円〜
Amazon 140円〜
楽天市場 121円〜

ラミノーズテトラを水槽に入れる目安

30cm水槽3〜10匹
45cm水槽10〜20匹程度
60cm水槽10〜30匹程度

ラミノーズテトラは群れを成して行動するので水槽に入れる際はできるだけ同種を多めに入れてあげるのがベストです。30cm水槽はサイズにもよりますが、5匹前後はセットで入れてあげたいところ。

ラミノーズテトラと混泳できる生体

ラミノーズテトラ自体は臆病性格なため、ヤマトヌマエビなど同サイズ帯のシュリンプ、熱帯魚と問題なく混泳が可能です。縄張り争いも特に自分から仕掛けません。逆に縄張り意識が強い魚が先にいるとラミノーズテトラの方が追いかけられる対象となってしまうので注意が必要です

攻撃性の高い魚(アピストやバジスバジスなどのシクリット系)との混泳はボコボコにされて弱って死んでしまうことがあるので混泳厳禁です。

ブリリアントラミノーズテトラとの違い

ラミノーズテトラとは別にブリリアントラミノーズテトラという個体が存在します。ラミノーズテトラの改良品種で体色は飴色ではなく銀色。さらに頭の赤みはラミノーズよりもハッキリと染まるため、見た目のインパクトが大きく異なります。ラミノーズテトラよりも単価は高めで3〜4倍ほどになります。

通常ラミノーズテトラ

ブリリアントラミノーズテトラ

ブリリアント
1匹あたりの相場
ネットショップ
Yahoo! 520円〜
Amazon 取扱なし
楽天市場 380円〜

ラミノーズテトラの飼育方法

ラミノーズテトラの餌と食性

  • フレーク
  • 顆粒
  • 冷凍アカムシ

ラミノーズテトラは食にこだわりなく何でも食べてくれます。食べる速度や食いつきは凄まじいので全体に餌が行き渡るフレーク系が無難でしょう。時々栄養価の高いアカムシなどをあげるのもアリ。

稚エビやチェリーシュリンプといった小型のエビは群れで突いた挙句、食べてしまうことがあるのでエビ系との混泳は同サイズ(せめて2cmほど)の個体とするようにしましょう。

水合わせやトリートメントをしよう

ラミノーズテトラを購入した場合、ショップからの持ち帰りでも通販でも、まずは水合わせが必要です。水合わせとは飼育環境とショップなどでの管理環境における水質をできるだけ合わせることを指します。

水合わせの一例
  1. 購入してきた袋を水槽に浮かべる。もしくは同じ温度の水が入ったバケツに袋ごと入れて30分放置。
  2. 袋に2〜3ヶ所穴を開けて導入する水槽に浮かべてさらに30分。(穴の空いた面を水中に)
  3. 袋にハサミを入れて先程よりも水が混ざるようにする。さらに30分放置。
  4. 最後に個体を水槽にうつし、袋の水は袋ごと取り除く。(気にならなければ水も入れて良い)

上記は水合わせの簡易的な一例になります。PHをより正確に慎重に合わせストレスを軽減させたい場合は点滴法とってエアチューブを使って飼育水槽から購入した袋へ一滴ずつ水を送り込んで調和せる方法がおすすめです。

購入したラミノーズは病気の場合も

売られているラミノーズテトラはブリード個体であることが多く、管理下において白点病や尾ぐされ病になっているケースも珍しくありません。そのため、購入した時は水合わせしつつ、アグテンなどでトリートメントしておくのが良いでしょう。

アグテンなら水草水槽にも使えるし、薬効がすぐ切れるので管理がしやすいですよ!

隙間はとにかく埋めること

導入時は特に注意!

水槽の隙間1
水槽の隙間2

ネオンテトラなどの小型魚と比べて若干大きいラミノーズテトラ。泳力が高く、導入時は落ち着かないこともあり、ミサイルのように泳ぎ回ります。そのため、フィルター設置箇所の隙間に挟まって動けなくなったり、水槽からとび出たりします。水槽から飛び出ないよう蓋は必須。補えない場所は新たに板などで塞ぐようにしましょう。

ラミノーズテトラに合うレイアウト

世界水草レイアウトコンテスト2021作品

ラミーノーズテトラは基本的に群れで行動します。遊泳スペースを確保しないと急な外への飛び出しや物に挟まって死んでしまう事故に繋がることも。臆病な性格なので隠れ家となる場所は作ってあげましょう。流木や石を使って影を演出することで、集団で休んでいる姿も見れるレイアウトも構築できます。

カラシン科はとにかく泳ぐ事がすきなので、水流を確保して適度な運動ができるようにしてあげるのも大切です。

また、ラミーノーズテトラは赤と白を基調としているので、床底の素材は白よりも茶色〜黒といったような色味があるものを選ぶ方が映えて見えます。(化粧砂の環境でも色ノリが良いと美しいです)黒曜石や溶岩石を使えばより身体の色をくっきりと表現できる水槽に仕上げられます。

ラミノーズテトラが死ぬ原因と病気の対策

白点病に注意

ラミノーズテトラはストレスがかかりやすいのか導入時は白点病になる可能性が高いです。各ヒレ、背中部分などよく注意してみましょう。頭の先や背鰭にちょこっとついている場合があるので、早期治療を心がけましょう。

白点病

見た目は身体に白い点が増えていく病気です。寄生虫が原因で水槽内の魚への繁殖力は強いです。導入時に合わせて水槽内に唐辛子を入れておくと初期治療や予防ができ、水草にも影響がないためおすすめ。気になる場合はヒコサンZやアグテン、メチレンブルーで1週間別水槽で薬浴してから水槽に加えるのが最も安全。

尾ぐされ病にもなりやすい

尾ぐされ病初期症状
尾ぐされ病初期症状

ラミノーズテトラは水質が荒れると尾ぐされ病になりやすく、背びれや胸びれ、尾ヒレがバサバサ状態になる事もよくあります。こまめな換水を行う事で症状は改善していきますが、悪化して泳ぎがおかしくなっている場合は薬浴を行うようにしましょう。

尾ぐされ病

ヒレがバサバサとボロボロになっていく病気。魚の風邪とも言われるくらい発症しやすい病気でもあります。塩浴をすると悪化するので注意。適度な水換えをしつつ放置しておいても治りますが、気になるようなら隔離水槽でヒコサンZなどを使って薬浴しましょう。

寿命で死ぬ場合

数年飼っているラミノーズテトラが外傷や泳ぎ方の不調など異変なく、ご飯を食べくなったり痩せ始めた場合は死期が近いかもしれません。餌を全く食べれず、泳ぐ気力も減っている場合は数日〜1週間ほどで度立つでしょう。

ラミノーズテトラが餌を食べない時の対処方法

導入したばかりの時の対処方法です

様子をあまりうかがわない

石組み
導入直後は影から出てこない。

ラミノーズテトラはとにかく警戒心が強い熱帯魚です。導入してから1週間姿を見せてくれないなんてこともザラです。餌をあげて毎回様子を伺っているようだと警戒してご飯を食べるタイミングを失ってしまいます。

ですので、餌をあげたらすぐに退避するようにしましょう。警戒心が取れていくと餌をくれる人という認識に変わっていき、姿を見せてくれるようになります。

環境に慣れると大食漢になる

ラミノーズテトラは最初こそあまり餌を食べないですが、環境に慣れるとネオンテトラのように大食漢に豹変します。なんでも食べ、稚魚や稚エビも捕食するようになります。マナーの悪いラミノーズは他魚の尾鰭をかじることも。

思い切ってレイアウトを変えてみる

泳げる範囲が狭かったり、隠れる場所がなかったりする場合は慣れるまでに相当な時間を有したり、最悪ずっと環境に馴染めず、泳いでる姿をあまり見られない場合もあります。その場合は思い切ってレイアウトを変えてみるのも良いでしょう。

アカムシを与えてみる

嗜好性の高いアカムシは人気があり、積極的に食べてくれる場合があります。導入2週間の間にフレークを与えて慣れさせる方が水質悪化を招かないのでおすすめですが、どうしても食べない場合はアカムシを与えてみるのも良いでしょう。

ラミノーズテトラが赤くならない原因と対策

ストレスや弱っている場合

1つ目の要因はストレスが掛かっている場合です。これはラミノーズテトラに限らず全ての熱帯魚で同じことが言えます。食欲が減退していたり、木陰から出てこないなどの様子が見受けられたらストレスや弱っている可能性が高いです。
水質を見直したりなどの対策をしましょう。ただし、導入から1ヶ月以内は馴染んでいないだけの可能性もあるため、様子見するのがベストと言えます。

レイアウトや照明がマッチしてない場合

ソイルや砂利を敷いていない殺風景な水槽ならラミノーズテトラに限らず全ての熱帯魚の色は薄くなります。また、照明が白チップのみで明るすぎる場合も発色が悪くなりやすいです。化粧砂を用いたい場合は、ネブラサンドのような自然な砂色が出るものが望ましいでしょう。

色味を強調させたい場合はRGBライトを導入するのも一つの手段です。

PHが高すぎる

水槽内のPH(水素イオン濃度)が高すぎると色ノリが悪い場合があります。経験上、PH8台からPH6.7〜7.3に落としたら赤の発色が著しく向上しました。(砂利をソイルに変えるなどすると自然とPHを下げることができます。)

ラミノーズテトラの繁殖について

環境を変えて刺激してみる

ラミノーズテトラは水温や水質(PHやGK/硬度)、餌の量、酸素量などを変化させることで、ホルモン分泌を狙うことができ、繁殖につなげることができます。といってもレイアウトや中身の物を変えて急変させるのは難しいので、「PH調整剤」や「ピートモス」を使って変化を加えてみましょう。ただし、環境を一気に変えすぎると調子を崩したり病気になる場合があるので、変化の要素は1つずつ絞って行うようにしましょう。

ペアの確率を上げるために複数飼いする

ラミノーズテトラのオスメスを判断するのは非常に困難。一度の飼育に20匹程入れると確率も上がります。10匹以下はかなりレアケースです。繁殖を狙う場合は大型水槽で複数飼いが理想です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次